製品情報

ホーム > 製品情報 > 高品質蒸気でトラブル解消 > トラブルの原因は蒸気の質

高品質蒸気でトラブル解消

蒸気の質は意外に低い?

蒸気をお仕事に使われている皆さんは、「乾き蒸気・湿り蒸気」と言う言葉を耳にされたことがあると思います。実際に蒸気プロセスで使用されている蒸気の乾き度はどのようになっているのでしょうか?常時使用している配管であっても水滴が混じっているような湿り蒸気になっていることも少なくありません。

また、蒸気が湿っていると、異物やスケールの問題も起こりやすくなります。ドレン中にはゴミなどの固形の異物が混じっていたり、ボイラー給水処理に用いられる薬剤が高濃度で溶解していたりするからです。

蒸気配管の中にはたくさんのドレンやスケールが流れています
蒸気配管の中にはたくさんのドレンやスケールが流れています
ドレンポットだけでは完全に分離できません

蒸気が配管の中を高速で流れると、巻き上げられたドレン水滴はドレンポットに落ちずに後方へ流れていきます。

蒸気が配管の中を高速で流れると、巻き上げられたドレン水滴はドレンポットに落ちずに後方へ流れていきます。


蒸気が配管の中を高速で流れると、巻き上げられたドレン水滴はドレンポットに落ちずに後方へ流れていきます。


蒸気が配管の中を高速で流れると、巻き上げられたドレン水滴はドレンポットに落ちずに後方へ流れていきます。

PAGE TOP

なぜ乾き度が低下するか?

そもそもなぜ蒸気の乾き度が低いのか、という点ですが、蒸気の乾き度低下の要因は大きく2つあります。

1つは、ボイラーで作られた蒸気自体の乾き度が低いケース、主に急激な負荷変動等によってボイラー内の缶水が蒸気とともに運び出されることよって起こります。

2つめは、蒸気輸送配管内のドレンが適確に排除されてない事による乾き度の低下です。蒸気配管からの放熱によって発生したドレンがスチームトラップから確実に排除されていないことが原因です。

PAGE TOP

乾き度の低下による影響

蒸気の乾き度が低下すると、食品、ゴム、繊維工場などの直接蒸気使用プロセスでは特に影響が大きく、蒸気中のドレンが製品表面に付着して製品不具合が生じることが知られています。
間接的に蒸気を使用する一般的な熱交換器の場合であっても乾き度の低下によって伝熱効率を低下し、生産性が阻害されます。

また、あまり知られていないことですが、蒸気中のドレンやそれによって発生した錆は、減圧弁や制御弁、流量計などの故障の原因になるほか、ドレンによる侵食等で寿命を短縮させる潜在的な原因になっているのです。

PAGE TOP

蒸気の質を改善するには

このような蒸気の乾き度低下に伴うさまざまな課題の改善に有効なのがセパレーター・トラップ内蔵減圧弁「COSPECTシリーズ」やセパレーターフィルター「SF1」、セパレーター「DCシリーズ」です。

セパレーター・トラップ内蔵型減圧弁 COSPECTシリーズ

COSPECTは、高性能旋回式セパレーターおよびフリーフロート・スチームトラップを内蔵しており、減圧弁自体がドレンを強制的に分離排除するため、乾き度100%の蒸気をプロセスに供給します。

さらに、セパレーター・トラップを内蔵することにより、減圧弁自体の高性能化・長寿命化も果たしています。

フリーフロート・スチームトラップを内蔵(流入するドレンを連続排出)
フリーフロート・スチームトラップ(流入するドレンを連続排出)
高性能サイクロンセパレーターを内蔵(ドレンを分離し質の高い蒸気を供給)
高性能サイクロンセパレーター(ドレンを分離し質の高い蒸気を供給)
衝撃吸収式球状ピストンを内蔵(安定した二次側圧力を維持)
衝撃吸収式球状ピストン(安定した二次側圧力を維持)

PAGE TOP

セパレーターフィルター SF1

SF1はサイクロンセパレーターがドレンやゴミを分離するため、フィルターが目詰まりしにくく、クリーニングや交換のサイクルを長くできます。

また、サイクロンセパレーターがドレンを分離排除するため、乾き蒸気が供給でき、ウエットスポットを発生させません。

セパレーターフィルターの構造図

セパレーター DCシリーズ

サイクロンセパレーターが分離排除したドレンをフリーフロート・スチームトラップが連続排出するため、高品質な乾き蒸気を供給できます。

セパレーターの構造図

技術的なご質問・ご相談はこちら

関連リンク

PAGE TOP