診断サービス・メンテナンス機器

ホーム > 診断サービス・メンテナンス機器 > 工場診断(CES Survey)

我々の使命は、スチーム&エア・システムにおいて環境対策を推進しつつ、プロセスのパフォーマンスや品質、そしてエネルギーの有効活用を継続的に改善・向上することです。

SSOP - それはMISSIONを実現するためのプログラム

SSOPとは「蒸気システムの最適運転状態を長期に渡り維持・管理するプログラム」です。このプログラムの実行にあたっては、目的毎にBPSTMとCES Surveyの2つのシステムが設けられています。
BPSTMの目的は、ドレン排出箇所管理におけるトータルコスト(固定費及び操業コスト)の最小化であり、CES Surveyでは蒸気発生から輸送、装置使用、廃熱回収まで含めた蒸気プロセス全体の最適状態を作り出すことを目的としています。

SSOP - それはMISSIONを実現するためのプログラム

PAGE TOP

プラントにおける蒸気システムの実態

産業のエネルギー媒体として最も多く利用されているもの、それは蒸気です。
ボイラーで作り出された蒸気は、蒸気配管を通して輸送され、それぞれの蒸気使用装置で利用された後、廃熱や熱水として回収されます。この蒸気システムは、長年に渡る歴史の中で開発・改善が繰り返され、既に完成された技術のように考えられがちですが、現場に目を向けてみると、従来から言われている省エネだけでなく、安全や環境面においても多くの課題が残されているのが現状です。

ドレン・廃熱回収での問題・課題
  • ドレン回収率の低下
  • 廃蒸気の増加
  • 背圧上昇
  • 高温エネルギーの河川漏洩
  • 水処理設備への悪影響
  • ハンマーによる配管破損
  • 湯気発生による地域住民からの苦情
  • 異臭発生
  • 水資源の損失
  • 熱資源の損失
蒸気発生源での問題・課題
  • ボイラー効率の低下
  • ボイラー能力不足
  • 負荷変動時の圧力低下
  • 乾き度の低下
  • 大気汚染
  • 缶水流出
  • 燃料流出
  • 燃料漏洩・火災
  • 燃料転換
  • 燃料単価の上昇

チャート

装置・プロセスでの問題・課題
  • 加熱効率の低下
  • バッチ時間の増加
  • 立上げ時間の増加
  • 装置放熱ロス
  • トラップ・バルブの蒸気漏洩
  • エネルギー使用実績管理
  • 製品原料流出防止
  • 装置の破損(爆発等)
  • 収率の低下
  • 製品不良の発生
  • 高付加価値の製品
蒸気輸送での問題・課題
  • 圧力損失によるエネルギーロス
  • ウォーターハンマーによる配管破損
  • 保温欠落による火傷
  • 放熱ロス
  • トラップ・バルブの蒸気漏洩

PAGE TOP

重要なのは、本質を見極めること

工場

蒸気使用装置の加熱効率だけを追求した場合、「100%乾き蒸気の供給」「エアおよびドレンの完全排除」が挙げられます。しかし、ドレンが滞留する構造のプレス機やロール乾燥機では、滞留ドレンを完全排除するためには合せて蒸気もブローすることになり、エネルギーロスになります。

また装置からのドレン回収効率を追求した場合はどうでしょうか。通常、ボイラーへ直接回収する方法が最も効果的です。しかしこの方法はドレン回収管内に圧力を持たせ、装置(トラップ)に背圧をかけることから、負荷変動が大きなバッチプロセスにおいては、最大負荷のときドレンが完全には排出されず、生産に悪影響を与えることもあります。

即ち、求められるのは「一つの視点にとらわれず、全体のバランスを見ながら、システムとしての最適化を実現できるソリューション」です。

PAGE TOP

CES Surveyから始まる蒸気システム最適化への道

お客様の問題・課題

蒸気システム最適化のプロセスは、CES Surveyを通じて実行されます。まず、プラント全体を広く見渡したうえで、「効率」「安全・環境」「経済」「メンテナンス」、これら時として相反する評価項目を総合的に調査し、各項目の最適バランスを追求しながら、Solution  Matrix※とのマッチングにより、お客様にとって真のベスト・ソリューションを選択し、時には開発してご提供します。

※Solution Matrix (ソリューション・マトリックス)
我々がこれまでに集積した改善実績を、お客様の生産物・生産プロセスとTLVの製品・サービス毎に分類し、Solution Matrixとして充実させてきました。このデータベースを利用し、課題に対する最適なソリューションを即座に提案できます。日々の活動を通じ常に内容は見直し・追加され、常にベストな提案内容を維持しています。

PAGE TOP

蒸気システム最適化の実践フロー

真の蒸気プラント改善のためには、まずその実態を正確に把握し、多面的に評価しなければなりません。CES Surveyでは、10年以上の診断経験を持つコンサルティング・エンジニア(エネルギー管理士の有資格者)が実際に現場を歩き、お客様の声に耳を傾けます。そして全体のプロセスバランスを主眼に置いたうえで、様々な観点から改善テーマを発掘していきます。また診断結果は即日で報告書を提出しますので、すぐに改善に向けた討議を始めることができます。

キックオフ
  1. 診断目的の共有化(工場トップのご同席をお願いいたします)
  2. プラント内ウォークスルー
  3. 診断工数の積算
  4. 事前資料準備
  5. コンサルテーションミーティング(生産部門、工務部門における責任者の方のご同席をお願いいたします)
プラント全体の分析

ユーティリティーバランス分析

各エリア毎にSurvey

  • 蒸気発生源

  • 蒸気輸送

  • 装置・プロセス

  • ドレン・廃熱回収

発掘した改善テーマの対策立案

  • ボイラー・周辺機器の適切な配置と能力・形式構成

  • 最適トラッピング・最適配管設計 ・ ウォーターハンマー対策

  • 供給蒸気の最適化・ドレン滞留対策
     

  • 各種ドレン回収・廃熱回収手法 ・ 二相流配管設計・水質監視

報告・討議

診断最終日に報告書提出 ・ 改善内容の検討

改善実行

設計・施工・試運転

診断に関するご相談はこちら

PAGE TOP