蒸気の知恵袋

ホーム > 蒸気の知恵袋 > 省エネルギー・地球環境保全

省エネルギーの意義

第一次オイルショック以降から使われている省エネルギーという言葉。この省エネルギーの意義とは何なのか、日本の省エネルギーの歴史を紐解きながら探ってみます。

詳しくはこちら

原単位による管理

原単位とは、一定量の生産をするのに必要な各種の生産要素の量のことを言い、一般的なものとしては労働力原単位や原料原単位、エネルギー原単位などがあります。原単位は各種の生産要素がどれだけ効率良く生産に使われているかを見る有効な指標です。

詳しくはこちら

国内のエネルギー事情

日本のエネルギー消費量は全体として増加を続けています。その一方で、GDP当りの一次エネルギーの消費量を見ると、他の先進国と比較して日本が非常に高いエネルギー利用効率であることが判ります。

詳しくはこちら

新・国家エネルギー戦略

全世界的にエネルギー資源の安定的な確保と環境問題への対応に迫られています。
そんな中、政府は2007年5月、長期的視野に立った『新・国家エネルギー戦略』を発表しました。

詳しくはこちら

今後の世界のエネルギー情勢

国際エネルギー機関(IEA)によると、 現在の世界の一次エネルギー量=約92億TOEですが、同機関による見通しでは今後の経済成長の拡大により、一次エネルギーの需要=年平均1.6%増加、2030年における世界の一次エネルギーの需要=約153億TOEにまで達すると予測されているようです。

詳しくはこちら

地球温暖化現象と将来予想

地球の温暖化現象と将来予測に関しては、『気候変動に関する政府間パネル(IPCC)』によって、3年間の歳月を掛け、130ケ国、2,500名の専門家による最新の調査・分析データーが、2007年2月に全世界に向けて発表されました。

詳しくはこちら

改正省エネ法の公布と一部施行

今回の改正では、エネルギー消費量が大幅に増加している業務・家庭部門における省エネ対策を強化することが必要との判断から、オフィス・コンビニ等や住宅・建築物に係る省エネ対策を強化することを目的としています。

詳しくはこちら

改正省エネ法の全面施行

省エネ法の改正は、平成21年3月18日の政令、同3月31日の省令・告示によって公布されていますが、いよいよ平成22年4月1日から全面施行となります。

詳しくはこちら

改正温対法の公布と施行

省エネ法の改正と同様、特に業務部門における省エネ対策を強化することが必要と判断され、オフィス・コンビニ等に対する温室効果ガスの排出抑制を強化することを目的としています。

詳しくはこちら

国内クレジット制度

『国内クレジット制度』とは、一言でいうとCO2排出量取引制度のことです。排出枠が余っている企業と、排出枠を超えて排出させた企業とが取引(トレード)を行ないます。

詳しくはこちら

自治体による温室効果ガス総量削減に対する取り組み

東京都をはじめ、地方自治体が独自に温室効果ガスの削減に取り組んでいます。行政が業務上発生する温室効果ガスの削減はもちろんのこと、地域内に立地する事業者にも削減や削減への努力を義務付ける動きです。

詳しくはこちら

PAGE TOP