2005/05/31 Vol.21 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2005年のTLV蒸気と省エネメールマガジン
  4. 2005/05/31 Vol.21

TLV蒸気と省エネメールマガジン

2005/05/31 Vol.21

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■    TLVメールマガジン  Vol.21
■          ~蒸気を通して省エネ・環境を考える~
■          2005年05月31日  株式会社テイエルブイ  http://www.tlv.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先月ご案内したポケット型チェッカーPT1に対し、予想を上回る反響を頂き
ありがとうございました。【トラップ簡易診断器の決定版】PT1を6月1日より
発売開始致します!詳細・お申込みについては編集後記をご参照下さい。
今月も引き続き、新製品情報【小冊子プレゼント付き】をお届けします。

 … I N D E X ………………………………………………………………
【新製品】アライメント作業の強い味方・レーザー式軸心出し器
       ~回転機の寿命延長、コスト削減に役立つ小冊子無料進呈!
セミナーキャンペーン ~満席続出!お申込みはお早めに~
【連 載】もっと知りたい蒸気のお話~(続)蒸気の分圧・空気の排除~
 ……………………………………………………………………………………

このメールは、<送信者>(株)テイエルブイが過去に御名前をいただいた方、
メール配信をご希望いただいた方に送らせていただいております。(05/05/31)

※配信停止の方はお手数ですがこちらよりお願いいたします。
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=S002

_________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◇◆  短時間で正確な測定&アライメント!新型レーザー式軸心出し器
 ◆◆  ~ロータライン・ウルトラ、オプタライン・プラス新発売!~
_________________________________

1986年に国内でいち早く、レーザー光技術を用いた回転機の軸心出し技術を
導入したTLVから新製品のご案内です。アライメント作業のノウハウを
詰め込んだレーザー式軸心出し器の最新機種、ロータライン・ウルトラと
オプタライン・プラスが6月より発売開始となります。

【新製品】ロータライン・ウルトラ/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
シンプルなインターフェースで判り易く作業をリードする横型・縦型両タイ
プのあらゆる回転機に対応したレーザー式軸心出し器です。特許技術である
シングルレーザー方式と内蔵角度計、組立てたまま収納できるブラケットで
誰でも素早く正確な軸心出しが可能です。他にも以下の特長があります。

◆ 5.4インチバックライト付TFTカラー液晶画面を採用
◆ 漢字、ひらがな、カタカナを含む完全日本語表示
◆ 測定中の機械イメージに合わせて操作でき、アライメント状態と必要な
  修正の方向と量が一目で分かる画面デザイン
◆ 修正時の機械の動きをリアルタイムにモニターできるムーブ機能で
  素早い修正が可能
◆ 脚のガタの検出、ホットアライメント(目標値芯出し)、修正結果の
  シミュレーションなどの強力なサポート機能
◆ どの位置からどの方向へでも、軸を最低65度以上回転して測定可能
◆ 環境に配慮した大容量の充電式バッテリーを採用

※こちらより、ロータライン・ウルトラの軸心出しを体験できます↓
http://www.tlv.com/ja/catalog/news23j.html


【新製品】オプタライン・プラス/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
一般的な横型回転機用のレーザー式軸心出し器です。アライメントの測定
結果、必要な修正を数字とアイコン、矢印等で判り易く示してくれます。
オプタライン・プラスには、以下の特長があります。

◆ アライメント状態と必要な修正の方向と量が一目で分かる画面デザイン
◆ 水平修正時に機械の動きをリアルタイムにモニターできるムーブ機能で
  素早い修正が可能
◆ どの位置からどの方向へでも、軸を最低65度以上回転して測定可能
◆ 用途に応じてシステム構成・機能を選択でき、最低限の予算で必要な
  機能を利用
◆ 導入後、縦軸測定、多点測定、水平垂直ムーブ機能などの拡張が可能


回転機設備アライメントの小冊子『Laser story』【無料進呈】/
==================================================================
「回転機故障の○割にミスアライメントが影響?」等、具体的データ満載!
ロータライン適用事例、ユーザー評価も掲載しています。お申込みはこちら
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=M019
==================================================================

※詳細説明、ロータライン・ウルトラの軸心出し体験画面はこちら↓
http://www.tlv.com/ja/catalog/news23j.html

_________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◇◆ ~ お申込みはお早めに! ~
 ◆◆   【期間限定】スチームアカデミーセミナー割引キャンペーン?
_________________________________

今月も引き続き、7月31日までのキャンペーン期間中に、ホームページ上から
下記コースにお申込みいただくと通常価格の500円割引で受講して頂ける
【スチームアカデミーセミナー】割引キャンペーンをご案内します。

お陰さまで定員に達し、受付を終了するコースが続出しております。
お申込みはお早めにお願い致します。

▼対象コース-------------------------------------------------------
◇ A-1 蒸気の入門コース (9:30-17:30)    キャンペーン価格4,750円
◇ A-2 蒸気の利用実践コース (9:30-17:00)          4,750円
◇ A-3 蒸気配管・ドレン回収システム設計コース (9:30-17:30) 11,050円
◇ A-4 蒸気の自動供給システム設計コース (9:30-17:00)    11,050円

 * 価格は税込み・昼食付きです。
 * A-3、A-4の価格にはエンジニアリングソフトも含まれます。
-----------------------------------------------------------------

今月は「蒸気の利用実践コース」をご紹介します。

(2)A-2 蒸気の利用実践コースのご紹介
|                        
| スチームアカデミーセミナーの中でも、蒸気の入門コースと並んで
| 最も人気の高い、実務者向けのコースです。
| 省エネ・品質向上・生産性向上で実績をあげた事例紹介を中心に解説し、
| 蒸気プラント改善のための技術が学べます。
|
|◆ 省エネ法を解説します。
|◆ 蒸気の発生・輸送・使用の分野ごとに、改善ポイントを解説します。
|◆ 業種ごとの改善成功事例を紹介し、ポイントになる技術を解説します。
|◆ ドレン回収機器や真空蒸気加熱気化冷却システムなどの分野で、
|  蒸気の最新技術を紹介します。
|◆ スチームトラップマネジメントを使った省エネ効果事例を紹介します。
|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

※日程・詳細はこちらをご覧下さい。【受講者の声】をアップしました↓
(8月以降のセミナー日程も「詳しい情報はこちら」から確認できます)
http://www.tlv.com/news/newsj/news22j.html

_________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(彡(彡)彡) 【連載】もっと知りたい蒸気のお話 
(彡(彡)      ~ (続)蒸気の分圧…空気の排除方法 ~
__(彡)_________________________第9話__

前回の「蒸気のお話」では蒸気室内の分圧について触れました。
http://www.tlv.com/ja/steam_story/0504bunatu_1st.html

蒸気室内が空気と蒸気の混合気体になると、蒸気室内の温度は圧力計が示す
値に対応した蒸気の飽和温度にまで上がらないという内容でしたが、今月は
この続編として、蒸気を効率的に使用するために、蒸気室内の空気を適切に
排除する方法についてお話しします。


蒸気の通気によって、蒸気室内を満たしている空気を追い出し、蒸気が流入
することで装置の加熱が始まりますが、このとき、全ての空気を上手く逃す
ことが重要です。               

特に、複雑な形状の蒸気室を持つ装置やサイフォン管を使用する装置などは
蒸気室内部に“空気溜まり”ができやすいので注意が必要です。
高性能な空気排気機能を持つスチームトラップを使って、ドレン出口から
ドレンと空気を排出したとしても、蒸気溜まりの空気は排除できません。

この場合は【蒸気用エアベント】の使用が効果的です。

蒸気用エアベントとは、サーモスタティックタイプのスチームトラップと
同様の構造をしており、【蒸気と空気の温度差】で開閉弁する自動弁です。
このエアベントを、装置の構造などから推定した空気溜まりとなる場所に
設置すれば、効率よく空気を排除できます。  

以上は装置始動時に溜まっていた【初期の空気】の話ですが、【運転中の
高温の空気】も見てみましょう。運転中でも装置には、ボイラ給水処理が
不十分で二酸化炭素などの不凝縮ガスが流入してきたり、装置の中に残留
していた空気が蒸気に加熱されて高温になるケースなどがあります。

この場合は、エアベントのタイプで結果に差が出てきます。

◆バイメタル式のエアベントの場合◆
通常このタイプは、蒸気の圧力が変化すると開弁温度が変わり、飽和温度と
開弁温度の差も変わります。開弁温度と飽和温度の差が小さいとバイメタル
の応答が緩慢なため、開弁遅れで蒸気の吹き出しを生じ易くなります。
          
◆バランスドプレッシャー式のエアベントの場合◆
飽和温度より一定温度低い温度で開弁しますので、蒸気の圧力が変化しても
常に高い温度の空気を排出できます。また、応答が速いため蒸気の吹き出し
は殆どありません。           

このように、蒸気室からの空気の排除は、【エアベントを設置する場所】と
【エアベントのタイプ】の2つのポイントを押さえることが重要です。


※【空気の排除の仕組み】の図解、【エアベントの作動説明】はこちら↓
http://www.tlv.com/ja/steam_story/0505bunatu_3rd.html

※【バランスドプレッシャー式(X-エレメント)】エアベントの製品紹介↓
http://www.tlv.com/product_v2/product_120400.html


★☆★………………………………………………………………………………
蒸気のことを理解するのに最適です!
お役立ちハンドブック \1,575/冊(税込)
http://www.tlv.com/ja/handbook/s-handbook.html
製品総合カタログ「STEAM Ver.02」(1人1冊まで無料)【技術資料付き】
http://www.tlv.com/news/newsj/news000000sakujyoj.html
………………………………………………………………………………★☆★


★☆ 6、7月のTLVセミナー予定 ☆★………………………………………

【スチーム・アカデミー・セミナー】500円オフ・キャンペーン中!
 蒸気の入門コース:東京6/14 加古川6/28 東京7/5(火)
 蒸気利用実践コース:東京6/15 加古川6/29 東京7/6(水)
 蒸気配管・ドレン回収システムコース:加古川6/9 東京6/16、7/7(木)
 蒸気の自動供給システム設計コース:加古川6/10 東京6/17、7/8(金)
【トレーニング・セミナー】
 スチームトラップ点検マネジメント:加古川6/30(木)
 レーザ式回転機心出し器 ROTALIGN:加古川7/1(金)
【VM技術セミナー】
 真空蒸気加熱・気化冷却システムコース:東京6/24 加古川7/1(金)

※詳しい内容はこちら↓(8月以降のセミナー日程も公開しました)
http://www.tlv.com/ja/seminar/seminar.html
※上記以外に【出張セミナー】もございます↓
http://www.tlv.com/ja/seminar/s-s1-r.html
…………………………………………………………………………………☆★

     ____
__/編集後記\_________________________
 ̄ ̄            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
冒頭でご紹介したポケット型チェッカーPT1は、既にご注文を承っております
(納期は3日です)。詳細・お申込みはこちらをご参照下さい↓
http://www.tlv.com/ja/catalog/news21j.html

今月ご紹介したレーザー式軸芯出し器の新製品、ロータライン・ウルトラと
オプタライン・プラスも6月より発売開始です。
回転機の軸がずれていると運転に悪影響を及ぼすだけでなく、軸受けや
シールの寿命が短くなり、運転のためのエネルギー消費も増加させます。

>>詳しくは回転機のアライメントについてまとめた小冊子をご覧下さい↓
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=M019

アライメント診断に関心をお持ちの方は、是非お気軽にお問合せ下さい。

今後も新製品情報が控えております。順次メルマガ上でご紹介していきます
のでご期待下さい!                    

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄