2005/06/28 Vol.22 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2005年のTLV蒸気と省エネメールマガジン
  4. 2005/06/28 Vol.22

TLV蒸気と省エネメールマガジン

2005/06/28 Vol.22

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■    TLVメールマガジン  Vol.22
■          ~蒸気を通して省エネ・環境を考える~
■          2005年06月28日  株式会社テイエルブイ  http://www.tlv.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

クールビズの登場から約1ヶ月が経ちました。皆さんの周りは如何ですか?
"クール"になった男性はもとより、冷房の設定温度が上がることは、環境に
とっても、夏場の冷え性に悩む女性にとっても喜ばしいことですね。
今月は、配管を"クール"ならぬ"ドライ"に。【湿り対策】をお届けします。

 … I N D E X ………………………………………………………………
【新製品】中・高圧対応トラップ ~JH5、JH7シリーズ一新!~
セミナーキャンペーン ~理解度チェック!蒸気の入門クイズ(景品付)~
【連 載】もっと知りたい蒸気のお話 ~梅雨時の湿り空気対策~
 ………………………………………………………………………………………

このメールは、<送信者>(株)テイエルブイが過去に御名前をいただいた方、
メール配信をご希望いただいた方に送らせていただいております。(05/06/28)

※配信停止の方はお手数ですがこちらよりお願いいたします。
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=S002

_________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◇◆  【新製品】中・高圧対応フリーフロート・トラップ
 ◆◆     ~ JH5シリーズ、JH7シリーズ一新! ~
_________________________________

フリーフロートトラップJHシリーズは、JXシリーズの【高圧対応版】として
の位置付けの他、【鋳鋼・ステンレス鋳鋼】といったグレードの高い本体
材質が要求される場合にも対応できるトラップです。
高圧用だけではなく、JXシリーズ同様、低圧の用途でもご使用頂けます。
                  
これまで、バリエーションの多さから多数の型式名が存在していたJH5及び
JH7シリーズが、主要部品の共通化によりラインナップを整理し、蒸気・
エア・ガス用のシリーズ全てを一新しました。

▼ 新シリーズには次のような特長があります _____________

◇ 従来ガス用でのみ採用されていた、高精度の3点支持機構を全シリーズ
  に適用し、極少ドレン時の高いシール性を実現しました。
 http://www.tlv.com/product_v2/keyword/key-3-point-j.html

◇ これにより、プロセスから蒸気輸送管まで幅広い使用が可能です。

◇ オプションでバイメタル式エアベント仕様の対応が可能となりました。

◇ JH5ではオプションだった高温高圧仕様をJH5RHとして標準化しました。

◇ 蓋ユニットを交換するだけで、Xエレメント仕様(JH5R-X/JH7R-X)と
  手動エアベント仕様(JH5R/JH7RL)の変更が可能となり、設置後の仕様
  変更が容易になりました(但し3.2MPa以下のみ)。

◇ エア/ガス用は共通モデルとなり(JAHシリーズ)、【ドレントラップ】
  として生まれ変わりました。更に、金属弁座とゴム弁座が選べます。
_________________________________
 
シリーズ全製品が最高水準のシール製を発揮し、新ラインナップで
選定しやすくなった新しいJH5、JH7シリーズ。中・高圧用だけでなく、
鋳鋼・ステンレス鋳鋼の低圧用トラップとしても是非ご検討下さい!


※【蒸気用】JH5、JH7フリーフロート・スチームトラップはこちら↓
http://www.tlv.com/product_v2/product_080101.html

※【エア・ガス用】JAH5、JAH7フリーフロート・ドレントラップはこちら↓
http://www.tlv.com/product_v2/product_110400.html

_________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◇◆ 【期間限定】スチームアカデミーセミナー割引キャンペーン
 ◆◆     ~ あなたは何点?蒸気の入門クイズ公開中 ~
_________________________________

【スチームアカデミーセミナー】割引キャンペーンご案内の3回目です。
今月は「蒸気配管・ドレン回収システム設計コース」をご紹介します。

また、今月から【蒸気の入門クイズ】をホームページ上で公開しました。
理解度のチェックに、ちょっとした気分転換に、是非挑戦してみて下さい。
(高得点者にはプレゼントを差し上げます!!)↓
http://www.tlv.com/ja/quiz/steam_quiz.html

▼ キャンペーン内容-------------------------------------------------
7月31日までのキャンペーン期間中に、ホームページ上から下記対象コースに
お申込みいただくと通常価格の500円割引で受講して頂けます。

▼ 対象コース------------------------------------------------------
◇ A-1 蒸気の入門コース (9:30-17:30)    キャンペーン価格4,750円
◇ A-2 蒸気の利用実践コース (9:30-17:00)          4,750円
◇ A-3 蒸気配管・ドレン回収システム設計コース (9:30-17:30) 11,050円
◇ A-4 蒸気の自動供給システム設計コース (9:30-17:00)    11,050円

 * 価格は税込み・昼食付きです。
 * A-3、A-4の価格にはエンジニアリングソフトも含まれます。
-----------------------------------------------------------------

(3) A-3 蒸気配管・ドレン回収システム設計コースのご紹介
|                                    
| 本コースでは蒸気による加熱・保温理論からや配管設計の仕方まで
| わかりやすく解説します。また、ドレン回収システムの種類とその
| 使い分けを学び、ドレン回収配管の設計方法についても解説します。
|
|◆ 新規プラントの設計をシミュレートしながら講義を進めます。
|◆ ボイラの選定、蒸気配管径の決定、ドレン回収配管径決定手順を、
|  条件に基づき実際に計算して学びます。
|  また、同様の計算を技術計算ソフトを使用して行い比較します。
|◆ 配管の熱応力計算を行い、適切な支持と配管伸縮の吸収方法を習得
|  します。
|◆ 減圧弁や制御弁の選定方法を学びます。
|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

※日程・詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.tlv.com/news/newsj/news22j.html

※【難問揃い?】蒸気の入門クイズにはこちらから挑戦してみて下さい↓↓
 高得点者にはプレゼントを差し上げます!
http://www.tlv.com/ja/quiz/steam_quiz.html

_________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(彡(彡)彡) 【連載】もっと知りたい蒸気のお話 
(彡(彡)        ~ 梅雨時の湿り空気対策 ~
__(彡)________________________第10話__

今回は蒸気のお話ではなく、空気のお話です。
梅雨時期は大気中の湿度が高くなるため、コンプレッサと組み合わせて使用
されるエアドライヤーの能力によっては、圧縮空気中の水分が多くなって
しまうことがあります。

空気中のドレンは空気の温度がその露点以下まで冷却されたときに発生
します。
空気配管中の水分を除去するために【エアトラップ】が使用されますが、
これには空気輸送配管にインライン設置するタイプと、枝管を介して
トラップに流入してくるドレンを排除するタイプの2通りがあります。

インライン設置するドレントラップにはセパレータを組み合わせるか、
セパレータと一体型の機器を選定します。【セパレータ】とはサイクロンや
邪魔板などで浮遊ドレンと気体を強制分離する機器です。計装用空気などの
少流量末端用ではケミカル的に水分を除去するドライヤーもあります。

エアトラップの場合、配管内部の腐食による錆やスケールなどが多いので、
トラップの詰まりがしばしば問題になります。このような箇所には大口径の
弁座に加え、作動の度に弁座を掃除するセルフクリーニング機構を備えた
トラップが適しています。      

また、除去し難い空気中の浮遊ドレンには【98%の高い分離効率】を発揮する
インライン設置型のサイクロンセパレータが適しています。
         
-----------------------------------------------------------
高性能旋回式(SCE)セパレータの解説(デモアニメーション)↓
http://www.tlv.com/ja/steam_story/0506separator.html
-----------------------------------------------------------

目的・用途に応じた機器選定でドレンによる被害を抑え、梅雨を乗り切り
ましょう。


※【フリーフロート・エアトラップ製品】はこちら↓
http://www.tlv.com/product_v2/product_110100.html

※【高粘度ドレン用エアトラップ(セルフクリーニング機構)】はこちら↓
http://www.tlv.com/product_v2/product_110200.html

※【蒸気用・エア用サイクロンセパレータ】はこちら↓
http://www.tlv.com/product_v2/product_100000.html


★☆★……………………………………………………………………………………
蒸気のことを理解するのに最適です!
お役立ちハンドブック \1,575/冊(税込)
http://www.tlv.com/ja/handbook/s-handbook.html
製品総合カタログ「STEAM Ver.02」(1人1冊まで無料)【技術資料付き】
http://www.tlv.com/news/newsj/news000000sakujyoj.html
……………………………………………………………………………………★☆★


★☆ 7月のTLVセミナー予定 ☆★……………………………………………

【スチーム・アカデミー・セミナー】500円オフ・キャンペーン中!
 蒸気の入門コース:東京7/5(火)
 蒸気利用実践コース:東京7/6(水)
 蒸気配管・ドレン回収システムコース:東京7/7(木)
 蒸気の自動供給システム設計コース:東京7/8(金)
【トレーニング・セミナー】
 レーザ式回転機心出し器 ROTALIGN:加古川7/1(金)

※詳細及び8月以降のセミナー日程はこちら↓
http://www.tlv.com/ja/seminar/seminar.html
※上記以外に【出張セミナー】もございます↓
http://www.tlv.com/ja/seminar/s-s1-r.html
………………………………………………………………………………………☆★

     ____
__/編集後記\_________________________
 ̄ ̄            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
先日、スタッフの1人が愛知万博に行って来ました。
大変な人込みだったそうですが、事前のインターネット予約などで効率良く
回り、2日間で約10箇所のパビリオンを制覇したそうです。それでも、
見逃したパビリオンがあると残念がっていますので、やはり万博を丸ごと
楽しむには、地元の方のようにリピーターになった方が良さそうですね。

ちなみにこのスタッフは技術問合せの担当で、日々皆様から寄せられる
ご質問・ご相談などにお答えしています↓
http://www.tlv.com/ja/index.html

当メルマガでは、メルマガに関するご意見・ご要望のほか、メルマガで
ご紹介した製品に関するご質問・ご相談などもお待ちしております。
専門の技術スタッフが丁寧にお答えしますので、遠慮なくお問合せ下さい。
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=H081

また、今月から【蒸気の入門クイズ】をスタートしましたが、このクイズは
来月以降も進化していく予定です(どう進化するかは今後のお楽しみ!)。
当メルマガ内での案内にご注目下さい!           

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄