1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2006年のTLV蒸気と省エネメールマガジン
  4. 2006/09/26 Vol.37

TLV蒸気と省エネメールマガジン

2006/09/26 Vol.37

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■    TLVメールマガジン  Vol.37
■          ~蒸気を通して省エネ・環境を考える~
■          2006年09月26日  株式会社テイエルブイ  http://www.tlv.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年で創刊4年目となる当メールマガジンが今月リニューアルし、連載記事
等はそのままに、より見やすく生まれ変わりました♪
今後も、他には無いTLVならではの蒸気・省エネ情報をお送りして参ります
ので、宜しくお付き合い下さい!
リニューアル第1号の今月は新製品情報や、隠れた人気製品である技術計算
ソフトの話題などをお届けします。


▼ INDEX ▼===================================================

■ 【新製品】蒸気の質を改善!ドレンセパレーターとトラップ内蔵制御弁

■ 【製品紹介】蒸気プラントの配管設計に役立つ技術計算ソフト ~SE-1

■ 【連 載】省エネの基本講座 ~原単位による管理

■ 【連 載】もっと知りたい蒸気のお話 ~トラップとオリフィス 後編

★ ダウンロードサイトデータ更新情報
★ 編集後記

==================================================================


このメールは、TLVメールマガジンをご希望の方に無料で配信しております。
配信停止の方はお手数ですが以下またはccc@tlv.comまでお願い致します。
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=S002


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【新製品】蒸気の質を改善!
┃  ~ ドレンセパレーターとトラップ内蔵の制御弁 CV-COS ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドレンセパレーターとスチームトラップが内蔵された新しいタイプの制御弁
が誕生しました!

従来の汎用制御弁と同様に、圧力センサ・温度センサ・流量計や調節計など
と組み合わせて、蒸気の圧力制御、温度制御、流量制御と広範囲に使用でき
ます。

▼質の高い蒸気を供給
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
内蔵のセパレーター・トラップでドレンを分離した質の高い蒸気を装置へ供
給する事ができますので、特に生蒸気を直接使用する用途に有効です。また
ドレンを除去した後の蒸気を制御するため、弁部のエロージョンやスケール
付着が軽減され、長寿命です。

▼ウォーターハンマー対策に効果を発揮
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
制御弁が閉弁している時間が長くなると、放熱によって蒸気が凝縮してド
レンが生じ、弁の一次側に溜まっていることがあります。このドレンが原因
となり、次に開弁した時にウォーターハンマーを引き起こすことがあります
が、CV-COSでは弁の一次側にトラップが位置するため、制御弁の閉弁中もド
レンを排出し続けます。そのためドレン滞留がなく、ウォーターハンマー発
生のリスクを低減します。

その他の特長として、空気式制御弁CV5で使用されているものと同じレバー
レスの電空ポジショナを内蔵したコンパクトな空気動アクチュエータを搭載
しています。

もちろん、セパレーター、トラップ内蔵であるため、設置に際しては、
[従来の制御弁]+[セパレーター]+[トラップ]をそれぞれ設置するのに比べ
工事範囲が少なくすむメリットもあります。

------>>CV-COSの詳しい情報はこちらをご覧ください↓
http://www.tlv.com/ja/catalog/news39j.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【製品紹介】蒸気プラントの配管設計に必要な技術計算を多数収録
┃  ~ 技術計算ソフト SE-1 Ver.3のご紹介 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

技術計算ソフトSE-1 Ver.3には、蒸気・ガス・液体配管設計やドレン回収配
管設計など、蒸気システムの設計に必要な計算メニューを中心に、液体やガ
ス体についても多数のメニューが用意されています。普段お使いのPCのWeb
ブラウザ上(IE5.02SP2以上:Windows版)で軽快に動作しますので、日常の
設計業務や補修計画の立案の際には大いに威力を発揮します!

数多くあるメニューの中から、特によく使われるメニューや、文献などを
調べてもなかなか載っていないような便利なメニューをご紹介致します。

▼配管設計メニュー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
蒸気輸送配管は同じ質量流量を輸送する場合でも、送気する蒸気の圧力によ
り適正配管径が大きく異なってきます。そのため、圧力ごとに配管径が慣用
流速以内に収まるかどうか仮置きの計算を行った後、更に許容圧力損失以内
に収まっているかどうかの確認計算も必要です。その点、本ソフトでは以下
の同時計算が可能ですので、繰り返し計算を行う手間が省けます。

◇ 上限流速を基準に配管径を算出し、圧力損失値も同時計算
◇ 許容圧力損失を基準に配管径を算出し、流速も同時計算

また、配管径を基準に流速や圧力損失を計算するメニューもあり、既設配管
にどれだけの流量を追加できるかシミュレートする場合などに有効です。

▼ドレン回収メニュー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ドレン回収配管は、液体のドレンと気体のフラッシュ蒸気が混じり合った状
態で流れる「二相流」配管です。そのため、配管径選定のための計算にも特
殊な手順が必要ですが、本ソフトではドレン圧力とドレン量、回収管の圧力
 (トラップ背圧)を入力するだけで配管径選定が行えます。

▼蒸気への空気混入計算
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
蒸気中に空気が混じると分圧が起こるため、蒸気温度が飽和温度よりも低く
なります。本ソフトでは圧力計が示す値と温度を入力すると、何%の空気が
混入しているかを計算で求められます。逆に、○%空気が混入したときの温
度低下も算出できます。蒸気圧力は足りているはずなのに温度が上がりきら
ない場合の原因究明やシミュレーションに役立ちます。

また、全メニュー共通仕様として、数値入力後自由に単位変更ができます。
その際、自動的に数値も単位に合わせて換算されますので、直感的に解りや
すい従来単位で計算しておいて、清書用にはSI単位系に一発変換という使い
方も可能です。


------>>詳しい仕様・計算メニューはこちらをご覧ください↓
http://www.tlv.com/ja/catalog/news40j.html

------>>蒸気表の計算ツールは以下Web上から無料でご利用いただけます↓
http://www.tlv.com/ja/steam_table/steam_table.php


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【連載】省エネの基本講座 <その2> ~ 原単位による管理 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先月からスタートした「省エネの基本講座」の2回目は、省エネルギーの
指標となる【原単位】についてご説明致します。

▼原単位とは?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
原単位とは、一定量の生産をするのに必要な各種の生産要素の量のことを
言い、一般的なものとしては労働力原単位や原料原単位、エネルギー原単位
などがあります。原単位は各種の生産要素がどれだけ効率良く生産に使われ
ているかを見る有効な指標です。

▼省エネ促進のための原単位管理
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
省エネ法では、「エネルギーを使用して事業を行う者に対して【エネルギー
原単位】を年平均1%以上削減するという努力目標」を課しています。この
エネルギーとは、電気・熱(燃料)のことで、法では電気・燃料共に原油
使用量に換算し、合算して集計します。また、特定の指定工場は、定期報告
書の中で、エネルギー原単位の過去5年間の推移および対前年比等に関して
報告する義務があります。

省エネに積極的な事業所では、この原単位の分母となる生産量を更にきめ細
かく、工程別・部門別・品種別・設備別等に常時【視える化】(エネルギー
・モニタリング)を進め、全員参加でPDCAサイクル(Plan立案→Do実施→
Check評価→Action改善)で管理していくことにより、省エネ促進に繋げて
います。
(参考:TLVエネルギーモニタリングシステム エコブラウザ↓)
http://www.tlv.com/ja/catalog/news34j.html


▼原単位管理と環境経営
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
省エネ活動は、地球環境保全に対する企業としてのCSR(社会的責任)の一つ
でもあり、これからの時代には企業の環境経営として、どれだけクリーンな
エネルギーを効率良く使用しているのか社会に情報開示していくことも求め
られています。

従って、省エネの原単位としてはエネルギー原単位だけでなく、CO2等の温室
効果ガスの排出量原単位も管理(注※)していかなければなりません。また
今後は生産や輸送のエネルギーだけでなく、資源循環・廃棄物削減・化学物
質・土壌や水質管理等を含む事業活動全体としての環境負荷への低減性並び
に自社商品のライフサイクル全体としての環境負荷への低減性に関するデー
タも含めた公開が求められてくると考えられます。

さらに将来的には、単にデータの開示だけでなく業界や国レベルでの原単位
のベンチマークの設定や、省エネ機器のトップランナー方式と同様に、企業
の環境経営に対してもトップランナーの考え方を取り入れて、グローバルな
原単位管理を目指していくべきではないでしょうか。


注※『地球温暖化対策の推進に関する法律』では、特定の事業者は温室効果
  ガスの排出量、排出量原単位等の報告義務があると定めています。
  「地球温暖化対策の推進に関する法律」は、以下環境省ホームページを
  ご参照ください。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10HO117.html

  温室効果ガスの種類など具体的な内容については以下環境省ホームペー
  ジの「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令」をご参照ください。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11SE143.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(彡(彡)彡)【連載】もっと知りたい蒸気のお話
┃ (彡(彡)     ~ トラップとオリフィス 後編 ~
┗━(彡)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第25話━━

前稿ではトラップのオリフィス(弁座部分)径は接続配管径よりもかなり絞
られているということを中心にオリフィスの説明をしました。
http://www.tlv.com/ja/steam_story/0608orifice.html
引続き本稿では、トラップのオリフィスNo.についてご説明します。

▼オリフィスNo.とは?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
トラップのオリフィスNo.に関して、「数字が大きい方が径が小さいのは逆の
よう」と言う声を時々お聞きします。確かに一見奇異な感じを受けるかもし
れません。

フリーフロートトラップJ3Xの場合、オリフィスNo.は2,5,8,10,21の5種類
あります。各オリフィスNo.の数字はkg/cm2で表示した最高使用圧力を示して
います。従って、数字が大きいほど高い圧力まで使用できますが、その反面
同じ作動圧力差での排出能力は小さくなります。


▼閉弁力と開弁力
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
開弁力とは弁を開弁させる方向に作用する力、閉弁力は弁を閉弁させる方向
に作用する力です。

フリーフロートトラップの作動メカニズムは浮力を利用しています。浮力に
より弁体であるフロートが浮き上がれば、弁座から離れて開弁状態になりま
す。つまり浮力が開弁力です。フロートの浮力は、ドレンの比重を一定と
仮定すれば、フロートの体積と重量で決まります。トラップ内部にあるフ
ロートの体積と重量は不変ですので、浮力一定=開弁力一定です。

一方、閉弁力はオリフィス前後の圧力差とオリフィス径から生じる力です。
身近な例では、浴槽の湯を排水する際に一旦抜いた栓を排水口に近づけると
吸い寄せられて栓が閉まってしまうことがあります。これと同じ力がフリー
フロートトラップの内部でも作用しています。これが閉弁力です。オリフィ
ス径が一定であれば圧力差が大きいほど閉弁力は大きくなります。逆に圧力
差が一定であれば、オリフィス径が大きいほど閉弁力は大きくなります。


▼オリフィスNo.の選び方
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
オリフィス径と圧力差の関係で閉弁力は変化しますが、その一方で開弁力は
一定ですから、あるオリフィス径に対して、圧力が高すぎると、閉弁力が開
弁力を上回ることになります。このときフロートは弁座に吸い付けられたま
まとなり、開弁できません。トラップはドレンを排出できない状態になりま
す。オリフィスNo.によって最高使用圧力が異なっているのはこのためです。


 <排出能力・最高使用圧力とオリフィスNo.の関係>
 ------------------------------------------------------------
 フロートの径と重量が一定の場合
 【排出能力を大きくしたい】
   →オリフィス径を大きくする
   ⇒最高使用圧力が低くなる = オリフィスNo.は小さくなる

 【最高使用圧力を高くしたい】
   →オリフィス径を小さくする
   ⇒排出能力が小さくなる  = オリフィスNo.は大きくなる
 ------------------------------------------------------------


このように同じモデルでも、最高使用圧力を限定すると大きな排出能力が、
排出能力を限定すると高い最高使用圧力が確保できるとも言える訳です。


------>>以下では、オリフィスについて図解しています↓
http://www.tlv.com/ja/steam_story/0609orifice2.html


↓↓更に蒸気について学ぶなら↓↓(メールでのご依頼はccc@tlv.comまで)

▽蒸気の入門書 役立つ現場読本!お役立ちハンドブック \1,575/冊(税込)
http://www.tlv.com/ja/handbook/s-handbook.html

▽技術資料付き製品総合カタログ「STEAM Ver.02」【1人1冊まで無料】
http://www.tlv.com/news/newsj/news00000j.html

▽蒸気入門セミナー 蒸気やトラップの基礎について実演を交えながら解説
http://www.tlv.com/ja/seminar/s-a1-r.html


☆ここで問題 ★ プチ・クイズ……………………………………………・.☆

「大きなオリフィス径には大きなフロートが必要ですが、TLVの現行モデル
 トラップ用フロートで最大のものはどのくらい?」

  A.硬式野球ボール B.サッカーボール C.バスケットボール

 ~ 答えは以下のホームページに掲載↓ ~
http://www.tlv.com/ja/steam_story/0609orifice2.html
……………………………………………………………………………………☆


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ダウンロードサイト・データ更新情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ダウンロードサイトで公開しているCADデータ(外観図)、取扱説明書の
更新情報をお知らせ致します。

2006/09/20
 CV-COS取扱説明書(和文・英文)新規追加しました。
 CP-V1取扱説明書(和文)新規追加しました。
 JHシリーズの型式名変更に伴い各取扱説明書(英文)を修正しました。

※ダウンロードサイトは、会員登録をされた方がCADデータ(外観図)、取扱
 説明書をダウンロードできるサイトです。会員登録は無料です。
 ログイン、会員申込みはこちら↓
https://www.tlv.com/ja/download/login.php


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、お客様から直接当社ホームページやメールマガジンに対するご意見を
伺わせていただく機会がありました。
お客様の業務内容によって、よく見るページは様々でしたが、中でも、メル
マガ連載中の「もっと知りたい蒸気のお話」や、社内教育にもよくお使い
いただいている「作動アニメーション」が人気でした。
http://www.tlv.com/product_v2/operation/index.html

お忙しい中、貴重なお時間を頂戴してお話を伺ったお客様には、この場を
お借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。
今後も、もっともっと見やすく・分かりやすく・価値のある内容を目指して
参りますので、ご意見、ご感想など是非お気軽にお寄せください♪
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=M099

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━