2011/02/22 Vol.90 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2011年のTLV蒸気と省エネメールマガジン
  4. 2011/02/22 Vol.90

TLV蒸気と省エネメールマガジン

2011/02/22 Vol.90

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■    TLVメールマガジン  Vol.90
■          ~蒸気を通して省エネ・環境を考える~
■          2011年02月22日  株式会社テイエルブイ  http://www.tlv.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もうすぐ3月ですが、まだまだ寒い日が続きます。
寒い時期に目立つのが配管周りの白い湯気。トラップや配管の小さな穴から
漏れる蒸気の損失コストが、年間いくらになるかご存知ですか?

今月は、6年前に『もっと知りたい蒸気のお話』に掲載されて以来、80話近く
ある同連載記事の中でも常に人気が高く、この時期特にお問合せの多い
「小穴からの蒸気漏れ損失」を改めてご案内します。
実際に損失コスト試算もできますので、是非ご覧ください。

▼ INDEX ▼
==================================================================

■□ 【製品紹介】
大好評!「業務用湯沸かし器」はこんな所で使われています
~ 蒸気式温水製造ユニットSteamAqua <水道法基準適合品> ~
    化学工場から食品工場まで、クリーンな温水生成に幅広く採用

■□ 【連 載】
もっと知りたい蒸気のお話
~ 小穴からの蒸気漏れ損失 ~
    今すぐチェック!故障トラップ交換で削減できる損失コスト試算

■□ 【ご報告】
多くのご来場ありがとうございました!
~ ENEX2011へのTLV出展報告 ~
    写真で見るENEX、テーマは「蒸気と省エネ」「設備保全と省エネ」

■□ 【ご報告】
多くのご参加ありがとうございました!
   ~ 愛媛県西条出張セミナーのご報告 ~
    実際のセミナーの様子を多くの写真でご紹介しています


★ トピックス
★ ダウンロードサイトデータ更新情報
★ 編集後記(ENEX展の後は・・・)

==================================================================


このメールは、TLVメールマガジンをご希望の方に無料で配信しております。
配信停止やアドレス等の変更は以下またはccc@tlv.comまでお願い致します。

・配信停止
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=S002
・アドレス等変更
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=S003
・メルマガ紹介・・・メルマガ新規登録およびバックファイルはこちら
http://www.tlv.com/ja/mail_magazine/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆リンク先をご覧いただけない環境の方には、同内容の資料をお送りして
おります。ご希望の資料を明記の上、ccc@tlv.comまでご連絡下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【製品紹介】大好評!「業務用湯沸かし器」はこんな所で使われています
┃ ~ 蒸気式温水製造ユニットSteamAqua <水道法基準適合品> ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

TLVでは、スチームトラップや蒸気発電機など、蒸気に関連する様々な製品を
販売していますが、蒸気式の湯沸かし器も製造していることはご存知ですか?

『蒸気式温水製造ユニット SteamAqua』は蒸気を熱源とし、間接熱交換方式で
温水を製造する、言わば「湯沸かし器」です。家庭の湯沸かし器同様、
クリーンなお湯をスピーディーに供給することができます。
http://www.tlv.com/news/newsj/news83j.html

ラインアップは、以下の3機種です。

 ・SQ1型: 100kW級(50号)
 ・SQ3型: 300kW級(170号)
 ・SQ5型: 500kW級(290号)

SteamAquaは、16号~32号程度が多い一般家庭用の湯沸かし器よりも、はるか
に大きな給湯能力を持っています。

また、一般家庭用の湯沸かし器は、ガスなどの直火焚き方式か電熱方式ですが
SteamAquaの熱源は工場で広く使われている蒸気です。

水道法認定を取得し、温水側接液部はステンレス材としておりますので、
様々な用途にご使用いただけます。主な納入先には、

 - 生産工程用の温水製造
 - 仕込み水の加温
 - 製品洗浄用温水製造
 - 手洗い用温水製造
 - 清掃等ユーティリティ用温水製造

などがあり、化学工場から食品工場まで幅広い業種で採用いただいています。

導入にあたっては、 蒸気を熱源とするため、「特定ガス消費機器の設置工事
の監督に関する法律」(特監法)などの制約を受けません。
また、使用している熱交換器がその容積と使用圧力から圧力容器に該当しない
ため、設置や運用に関して法規制の適用も受けません。

この辺りは、蒸気を使っている工場ならではのメリットと言えるでしょう。

ますます導入拡大が進んでいる、蒸気式の業務用湯沸かし器SteamAqua。
まずは以下フォームで、自社に最適な機種は何か確認してみませんか?


------>>SteamAquaの詳しい情報はこちら↓
     最適な加熱能力のパッケージを確認するチェックシートもあります
http://www.tlv.com/news/newsj/news83j.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(彡(彡)彡)【連載】もっと知りたい蒸気のお話
┃ (彡(彡) ~ 小穴からの蒸気漏れ損失 ~
┗━(彡)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第77話━━

▼ スチームトラップの蒸気漏れはすぐに処置を
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
吐く息も白くなる冬場、工場内は湯気で真っ白・・なんてことは
ありませんか?この時期、外気温が低いこともあり、いつも以上に湯気が
目立って気になりますね。

万が一、スチームトラップの故障が判明しているような場合は、早急な取り
替え、または修理をお勧めします。スチームトラップからの蒸気漏れによる
金額損失はたった1台のトラップからでも年間数万円に上ることがあります。

数万円と言えば、新品のスチームトラップに交換してもすぐに元が取れるはず
で、放置することが得策でないことは数字の面からも裏付けられます。


▼ トラップ1個からの蒸気漏れ損失額を計算
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
少々乱暴ですが、蒸気漏れの程度から漏れ量を推測してみます。

 - 少し漏れている状態 ・・・4kg/h
 - 明らかに漏れている状態 ・・・7kg/h
 - 吹き放し状態 ・・・15kg/h

この状態を1年間放置したと仮定して、年間損失金額を計算してみると、
蒸気単価を4000円/tとして、年間4000時間運転の工場では、

 - 少し漏れている状態 ・・・6.4万円
 - 明らかに漏れている状態 ・・・11.2万円
 - 吹き放し状態 ・・・24万円

にもなります。ちょっと無視できない額ではないでしょうか?


▼ 配管の小穴からの外漏れ量を計算
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
スチームトラップからの蒸気漏れを的確に把握するためにはスチームトラップ
診断を行う必要がありますが、配管の小穴などから漏れる蒸気の量は、近似式
を用いて概算値を得ることができます。

当社では、次のような近似式を用いています。

  蒸気漏洩量[kg/h]={小穴の径[mm]}二乗×4.0×蒸気圧力[MPa絶対圧]
  (※4.0は経験的、実験的に求められた定数です)

圧力が低く、穴径が小さい場合は実用的な近似式とみなして良いようです。

この簡単な式なら、現場パトロールの際にも頭の中で計算して大まかな蒸気
漏れ量をイメージすることができますね。


------>>数値を入れると損失金額や漏洩量が計算できます↓
http://www.tlv.com/ja/steam_story/0502steam_loss_cost_ver2.html


……………………………………(答えは上記リンク先↑の末尾に掲載)・.☆
☆ここで問題 ★ プチ・クイズ

「AとBの同じ穴径の二つの穴からそれぞれ蒸気が噴出しています。どちらも
 飽和蒸気で蒸気圧力も同じなのに、噴出量が異なる理由は何でしょう?」

A.穴の形状が異なるから
B.穴の位置が異なるから
C.周囲の環境により異なって見えるだけで噴出量は同じ

………………………………………………………………………………………☆


☆蒸気についてもっと学ぶなら☆

現場で役立つテクニカルハンドブック
http://www.tlv.com/ja/handbook/s-handbook.html

【Web割引】蒸気セミナー 入門からメンテナンスまで実習中心の全3コース
http://www.tlv.com/ja/seminar/seminar.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【ご報告】多くのご来場ありがとうございました!
□  ~ ENEX2011のご報告 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前号のメルマガでもご案内した、ENEX2011「第35回地球環境とエネルギーの
調和展」が2月10日終了しました。

財団法人 省エネルギーセンターが発表した総来場者数は12,976人。
産業界、一般消費者、学生等、来場された全ての方に対し、低炭素社会実現に
向けたメッセージが力強く伝えられました。

TLVブースにも多数のご来場をいただき、ありがとうございました。
ブースでは「蒸気と省エネ」「設備保全と省エネ」それぞれにフォーカスし、
5つのテーマに沿った製品・サービスを、デモンストレーションを交えながら
ご紹介しました。

多くの方々が、モニターのタッチパネルに触れたり、実機のデモンストレー
ションをご覧になったりしながら、各種製品・技術の動作や、トラブルの
原理などを熱心に確認されていました。
具体的なご相談などが多く寄せられ、非常に有意義な場となりました。
http://www.tlv.com/news/newsj/news157j.html


◇◇ TLVの展示ブース ◇◇

■蒸気と省エネ

  ◆ 廃熱の回収 - 廃熱をエネルギーへ
 廃熱を最大限に回収し、有効利用する製品や技術
    http://www.tlv.com/news/newsj/news98j.html

  ◆ モレの削減 - 無駄の排除
 蒸気の外部漏れや内部漏れを起こしにくく、省エネ性能の高い機器
    http://www.tlv.com/news/newsj/news104j.html

  ◆ TLVのコア技術 - 独自性の追求と品質至上主義
 独自のアイデアと高精度な生産技術に裏付けされたTLV品質体験ゾーン
    http://www.tlv.com/news/newsj/news73j.html

■設備保全と省エネ

  ◆ モレの検知 - 早期発見で無駄抑制
    目視できない内部漏れやガス体の外部漏れ発見に有効な、ツール及び
 診断サービス
    http://www.tts-inspection.com/tts_j/trap_man01.html
    http://www.tts-inspection.com/tts_j/sonic_man01.html

  ◆ アライメント - 芯だし精度の向上で消費電力低減
 誰でも素速く簡単に回転機の芯出しができるツール
    http://www.tlv.com/news/newsj/news23j.html


------>>ENEX2011のTLVブースの様子はこちらをご覧ください↓
http://www.tlv.com/news/newsj/news157j.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【ご報告】多くのご参加ありがとうございました!
┃ ~ 愛媛県西条出張セミナーのご報告 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

近隣の方には本メルマガ号外でご案内した、スチーム・アカデミー・セミナー
の【出張セミナー】が、2/15日(火)愛媛県にある株式会社クラレ西条事業所
様を会場に開催されましたのでご報告いたします。

今年初めて出張セミナーが開催された同会場では、初めて当社のセミナーに
参加される方も多く、四国では珍しい前日の大雪が残る中、皆様大変熱心に
取り組んでおられました。

スチーム・アカデミー・セミナーの特長である実機を使った実演として、
スチームトラップの作動やドレン回収機器などのデモが行われたほか、
トラップの分解・組立実習など、参加者自らが体験できるメニューでは、
非常に真剣な様子で実習されていました。

また、レーザー式軸芯出し器やエア・ガスリーク診断などのデモも行われま
した。

セミナー参加者からは、以下のような声をいただき大変好評でした。

「蒸気の基礎的な事を、再確認できました」
「自社ライン中にドレン排出不良と思われる部位があるが、今回の講義にて
 良い解決策が見つかった」
「ドレンが引き起こす問題点がわかり大変よかった」

「自社の現場にはない省エネ方法等聞けたので勉強になった」

「トラップを分解して、内部構造を知ることができた」
「実際のスチームトラップの動作を見る事が出来てよかった。
 職場では作動する所を見る機会が少ないのでためになった」

「芯出し不良を引き起こす事によって消費電力がかなり違ってくる事がわかり
 大変よかった」

「故障箇所の修理をした後で、継続的な点検で効果にはっきり違いが出る事が
 わかりよかった」


------>>西条出張セミナーの様子はこちらをご覧ください↓
http://www.tlv.com/ja/seminar/s-s1-r110215.html


TLVでは、今後もお客様のご要望に応じて、全国で出張セミナーを開催してい
きたいと考えています。各地の出張セミナー開催予定は当メルマガやホーム
ページ等で順次お知らせ致します。

「近隣での開催予定は?」「大人数で受講したい」など、出張セミナーに
関するお問合せはこちらからお寄せください↓
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=M016


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ トピックス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆Web連載『コストダウンに繋がるメンテナンス』に第22回記事、
 「オンラインとオフラインを組み合わせた振動管理」を追加しました。
http://www.tlv.com/ja/maintenance/1102maintenance_22j.html

☆3月9日に岡山で蒸気の入門&実践の出張セミナーを開催します。
 (会場:JX日鉱日石エネルギー株式会社 水島製油所様)
http://www.tlv.com/ja/seminar/s-s1-r1103mizushima.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ TLVサイト会員ページ・ダウンロードデータ更新情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

TLVサイト会員ページで公開しているCADデータ(外観図)、取扱説明書の
更新情報をお知らせ致します。

今月の更新はありません。

※TLVサイト会員ページでは、CADデータ(外観図)・取扱説明書のダウン
ロードができます。会員登録・ご利用は無料です。ログインはこちら↓
https://www.tlv.com/ja/download/login.php


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきありがとうございます。
メルマガ本文でもご紹介しましたが、ENEX2011が2月8日~10日開催され
ました。

当社ブースにも多数の方にお越しいただき、ありがとうございます!
ブースに来られた方の中にも多くのTLVメルマガ読者の方がおられました。
普段から省エネ情報に敏感な皆様のこと、会場でも何かお目当ての最新
情報は見つけられましたか?
寒くはありましたが晴天に恵まれ、今年も良いENEX展となりましたね♪

さて、毎年ENEXが終われば徐々に暖かくなり、待ちに待った春が訪れます。
梅まつりが開催される所も多いようですね。

兵庫県にあるTLV本社近郊の綾部山梅林でも、2月11日から3月21日まで
梅まつりが行われています。その起源を菅原道真公の時代まで遡り、
海に面した一目2万本の梅林は、全国でもここだけ!
機会があれば、是非お立ち寄りください。

次号のTLVメールマガジンは、通常よりも1週間早い3月23日(水)配信の
予定です。お楽しみに♪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆リンク先をご覧いただけない環境の方には、同内容の資料をお送りして
おります。ご希望の資料を明記の上、ccc@tlv.comまでご連絡下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━