1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2011年のTLV蒸気と省エネメールマガジン
  4. 2011/12/20 Vol.100

TLV蒸気と省エネメールマガジン

2011/12/20 Vol.100

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■    TLVメールマガジン  Vol.100
■          ~蒸気を通して省エネ・環境を考える~
■          2011年12月20日  株式会社テイエルブイ  http://www.tlv.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2011年最後のお届けとなる、今月のメールマガジン。
なんと、通巻100号というキリのいい配信になりました。
そこで今回は、これまでの内容を振り返る「TLVメルマガヒストリー」
と題した特別版をお届けします。

編集部が厳選した、皆さんにぜひもう一度読んでいただきたい記事を、制作
の背景や裏話を交えながらご紹介するとともに、当メールマガジンのこれまで
のあゆみを振り返ってみました。

それでは、通巻100号記念版「TLVメルマガヒストリー」をご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
100号配信を機に、読者の皆さまから、当メールマガジンに対するご意見・
ご要望を募集いたします。下記のフォームからご記入をお願いいたします。
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=M099

ご意見・ご要望をお寄せいただいた方には、粗品をプレゼントさせていただき
ます。
皆さまからいただいたご意見は、今後の誌面づくりの参考とさせていただき
ます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


▼ 通巻100号記念版INDEX ▼
===================================================================

■□【TLVメルマガヒストリー】
 当メールマガジンの、これまでのあゆみ

■□【TLVメルマガヒストリー】
 編集部厳選!やっぱり役立つオススメ記事5

★ 編集後記(2011年を振り返って)

===================================================================


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【特集】TLVメールマガジン 通巻100号記念
┃ ~ 当メールマガジンの、これまでのあゆみ ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 2001年に配信スタート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
TLVがメールマガジンを創刊したのは2001年。まる10年が経過しましたが、
当初は『TLVインフォメーション』というタイトルで配信を始めました。
当初は不定期刊で、月刊化されたのは2003年頃からです。

タイトルが現在の『TLVメールマガジン』となったのは、
2006年9月配信号からです。

2010年からはグループ会社である、有限会社TTSが取り扱うサービスや製品に
特化した内容の記事を『TLV・TTS保全と検査メールマガジン』として分離した
ことで、2種類のメールマガジンが発行され、現在に至っています。


▼ TLVメールマガジンの特徴
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
文字数は多めですが、新製品やオススメ製品の情報を掲載するだけでなく、
お客様に快適に蒸気を利用していただくために、プラスアルファの情報提供
を心掛けている点も、大きな特長です。

また、読者の皆さまからご支持をいただき、長期連載となっている
「もっと知りたい蒸気のお話」「コストダウンに繋がるメンテナンス」は、
創刊当初からタイトルもそのままに、人気連載として成長し続けています。
(現在「コストダウンに繋がるメンテナンス」は「TLV・TTS保全と検査
メールマガジン」へと場所を移して連載を継続しています)


▼ 変わった点と、これからも変わらない点
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
TLVメールマガジンのこれまでのあゆみにおいて最も変化した部分は、TLVホー
ムページとの連係です。

メールマガジンとwebサイトを一体制作することにより、文字情報だけでは伝
えきれない複雑な内容を、TLVホームページと連動させることが可能になり、
アニメーションを交えて理解を深めていただけるようになりました。

これからも読者の皆さまのお役に立てる、読んで分かりやすい記事、
見て分かりやすいホームページを目指したいと考えています。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【特集】TLVメールマガジン 通巻100号記念
┃ ~ 編集部厳選!やっぱり役立つオススメ記事5 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

TLVのメールマガジンでは、毎号3本から4本の記事を掲載しています。
100号となった今号までの累計記事数は約400本。

「100号にちなんで、この中からオススメ記事を100本ご紹介!」
というわけにもいきませんので、お客様の反応が大きかったものや、
日頃のお問い合わせの多いものを編集部が厳選した上で、
制作の背景や裏話を交えながら、ベスト5をご紹介します。


第1位
★★2009年02月24日配信第66号から★★
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(彡(彡)彡)【連載】もっと知りたい蒸気のお話
┃ (彡(彡) ~ ウォーターハンマー-前編(発生のメカニズム) ~
┗━(彡)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第54話━━━

>>バックナンバー TLVメールマガジン第66号
http://www.tlv.com/ja/mail_magazine/m_magazine090224.html#p_3


これまで連載してきた「もっと知りたい蒸気のお話」の中で、
反響の大きかった記事が、このウォーターハンマー。
読者の皆さまにとっても、インパクトが大きかったのではないでしょうか。
メールマガジン上の直接リンクから閲覧された方の人数は歴代最多で、
その記録は未だに破られていません。

実は、「ウォーターハンマー」は編集部としても長年温めていたテーマでした
が、TLV研究開発部門とのコラボレーションの結果、全四話という長編として
完成しました。

記事内容は、「よく遭遇するけれどもよくわからない」ウォーターハンマーを
丸裸にしようという意欲作です。

実験室で録音したウォーターハンマーの音を聴くことができるようにしたり、
衝撃で配管が揺れる様子をアニメーションで再現したりと、表現面でも様々
な工夫を施しました。


------>>もっと知りたい蒸気のお話
              「ウォーターハンマー(発生のメカニズム)」
http://www.tlv.com/ja/steam_story/0902water_hammer1.html


第2位
★★2010年04月20日配信第80号から★★
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【連載】コストダウンに繋がるメンテナンス <その19>
┃   事後保全から予防保全へ!上手な振動測定(モニタリング)の進め方
┃  ~ 成果を上げて継続できる、振動測定・管理の具体的な導入手順 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

>>バックナンバー TLVメールマガジン第80号
http://www.tlv.com/ja/mail_magazine/m_magazine100420.html#p_2


「コストダウンに繋がるメンテナンス」では、アライメントや振動管理につ
いて解説していますが、事例紹介や手法の説明が中心で、
「そもそもなぜ振動管理が必要なのか?」
「いったいどこから始めたらよいのか?」
という説明が不足気味でした。

この記事では、こういった基本的なテーマを丁寧に、手順を説明しています。
将来的には、“振動測定”の意義などにもテーマを拡げ、基本から応用までを
幅広く網羅していく予定です。


------>>コストダウンに繋がるメンテナンス
   「上手な振動測定・管理の進め方(コンディション・モニタリング)」
http://www.tlv.com/ja/maintenance/1004maintenance_19j.html


第3位
★★2010年10月26日配信第86号から★★
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【ECO】清掃・修理しながら製品と長く付き合う方法
┃ ~ 自分で直せる!故障製品の分解・修理・組立の仕方 ~ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

>>バックナンバー TLVメールマガジン第86号
http://www.tlv.com/ja/mail_magazine/m_magazine101026.html#p_3


TLV製品のメンテナンスをテーマとした記事です。
この記事では、チェックのポイントと点検キット・補修キットの紹介を行って
います。

ホームページのコンテンツを増強してリニューアルしたことを機に、 改めて
紹介したものです。

技術問い合わせ窓口機能も併せ持つ編集部には、修理や部品交換のお問い合
わせがしばしば舞い込みます。中でも、修理が可能かどうかをお尋ねになる
お客様も多く、修理ができることが意外にも知られていないことを実感した
のが、制作のきっかけとなりました。

TLV製品は長寿命が特長ですが、定期的なメンテナンスを行うことで、
さらに長くお使いいただきたいと考えております。


第4位
★★2008年01月29日配信第53号から★★
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(彡(彡)彡)【連載】もっと知りたい蒸気のお話
┃ (彡(彡) ~ スチームトラップとは ~
┗━(彡)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第41話━━━

>>バックナンバー TLVメールマガジン第53号
http://www.tlv.com/ja/mail_magazine/m_magazine080129.html#p_1


「スチームトラップが何のために存在し、どんな役割を果たしているのか」
という、お客様からの質問に応えた記事です。

編集部にとってスチームトラップは、当たり前すぎる
ほど当たり前の存在となっていました。
お客様にとって有意義なことは何かを、改めて考えるきっかけとなりました。


------>>もっと知りたい蒸気のお話「スチームトラップとは」
http://www.tlv.com/ja/steam_story/0801steamtrap_1.html


第5位
★★2007年02月27日配信第42号から★★
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【連載】コストダウンに繋がるメンテナンス
┃ ~ レーザー式軸芯出し器ユーザーの方にアンケートを実施 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

>>バックナンバー TLVメールマガジン第42号
http://www.tlv.com/ja/mail_magazine/m_magazine070227.html#p_1


レーザー式軸芯出し器について、採用いただいたお客様12事業所へ取材を
行い制作した、初めての記事です。

導入の理由や活用方法、従来方法の苦労点やレーザー式軸芯出し器への
ご意見などを、直接ヒアリングさせていただきました。

普段は皆さまと直接お会いすることの少ない我々ですが、いただいたヒント
や刺激を基に、記事を制作しています。

また、率直なご意見を体感することができ、記事以外にもサービス面の向上
や製品改良に繋げられるヒントを、たくさんいただきました。


------>>コストダウンに繋がるメンテナンス
    「レーザー式軸芯出し器ユーザーの方にアンケートを実施」
http://www.tlv.com/ja/maintenance/0702maintenance_3j.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきありがとうございます。

2011年も残すところ、あとわずか。振り返ると、「タイガーマスク運動」
に始まり、日本のスーパーコンピュータ「京」が2期連続で世界一に認定され
るなど、誇らしい出来事もありました。

「なでしこジャパン」は今年の新語・流行語大賞の大賞にも選ばれ、
「地デジ化」というキーワードは、今では懐かしいとさえ感じます。
なでしこジャパンといえば、「苦しい時は私の背中を見て」
というチームメートに対する試合前の発言や、
「夢は見るものではなく、叶えるもの」
といった、澤穂希選手の言動が話題にもなりました。

2012年の私の目標をこの場をお借りして発表すると、
『(震災を機に改めて見直されることとなった)「絆」を常に意識して、
(なでしこジャパンのように)いかなる困難やアクシデントにも冷静に粘り
強く対応する』というものになります。

さて、来年はどんな出来事が待っているのでしょうか。
2月には、ENEX2012が開催されます。TLVは今回も出展を予定しています。

本年も当メールマガジンをご覧いただき、ありがとうございました。
年始の発行は1月31日の予定です。

体調を万全に整えて、穏やかに年末年始をお過ごしください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆リンク先をご覧いただけない環境の方には、同内容の資料をお送りして
おります。ご希望の資料を明記の上、ccc@tlv.comまでご連絡下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━