2012/02/16 号外 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2012年のTLV蒸気と省エネメールマガジン
  4. 2012/02/16 号外

TLV蒸気と省エネメールマガジン

2012/02/16 号外

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□ 【号外】TLVメールマガジン
■ ~蒸気を通して省エネ・環境を考える~
□    2012年2月16日 株式会社テイエルブイ http://www.tlv.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今号ではTLVメールマガジンの号外として、蒸気式温水製造ユニットSteamAqua
をご案内いたします。

蒸気式温水製造ユニットSteamAquaは、病院などの空調用熱源として、また
食品工場での仕込み水や洗浄用温水源としてご好評いただいており、採用実績が
増えております。

特にご評価いただいている「設計・施工の効率化」や「エンドユーザー様に
喜ばれるプラントづくり」について説明させてただきます。


------>>蒸気式温水製造ユニットSteamAquaの詳細はこちら
http://www.tlv.com/ja/catalog/news83j.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【製品紹介】知っていて損はない!小型で大容量 施工も容易な蒸気式
□  ~ 蒸気式温水製造ユニットSteamAqua ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「蒸気で温水を生成する」と聞くと、まず思い浮かべるのは水と蒸気を直接混
合する方法ではないでしょうか。

直接混合は蒸気を熱源として温水を生成する方法としては最も簡便で、上手く
混合できれば熱効率も良いものです。なにより大がかりな設備が必要ないこと
が魅力です。

これに対して直接混合するのではなく、熱交換器を介して水と蒸気の熱を間接
的に熱交換して温水を得る方法もあります。


▼ 蒸気熱源&間接熱交換方式で温水を作るメリット
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
間接熱交換方式の最大のメリットは、熱源蒸気による温水の汚染を防ぐことが
できる点です。別の言い方をすれば、工場内で使用している“普通の蒸気”で
温水を生成することができます。

TLVの蒸気式温水製造ユニットSteamAquaは水道法基準適合品ですから、熱交換
によって水質が劣化することはありません。
クリーンな水が供給されれば温水もクリーンなまま生成することができます。

もう一点大きなメリットがあります。
素速く大量の温水を生成することが可能であるという点です。

伝熱量は、
         伝熱面積と総括伝熱係数および温度差の積で表されます。
↓ ↓ ↓ ↓
Q[W] = A[m2] ×U[W/K・m2] ×△T[K]

蒸気熱源では直火や電熱ほど温度差を得られません。
しかしながら伝熱面を介して被加熱物である水に熱を伝えるときの熱の伝わり
やすさである総括伝熱係数ではむしろ他の方法を大きく上回ります。

その結果、短時間に温水を生成することが可能になるのです。

この他には、直火方式と異なりその場で燃焼ガスが発生しないため、排気ガス
用ダクト(煙道)の設置が不要であることや消防への届けが不要な点もメリッ
トと言えるでしょう。


▼ SteamAquaの特長を活かしたメリット
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このようなメリットのある蒸気熱源&間接熱交換方式による温水生成ですが、
SteamAquaならではの特長を活かせば、設計段階・施工段階それぞれにメリッ
トがあります。

◆0.6MPaG蒸気を熱源として使用可能◆
例えば、SteamAquaはSQ1、SQ3、SQ5の全機種とも供給蒸気圧力0.6MPaGまで対
応可能です。供給蒸気圧力を高めることで熱交換能力がアップします。
300kW級のSQ3型を例に取ると、0.6MPaG蒸気を使用することで、最大490kW程度
の交換熱量が得られます。

条件次第ではありますが、より少ない台数で大容量の出湯に応えることが可能
になります。

例えば、給水温度10℃→出湯温度60℃で50L/min.の連続出湯する場合、
必要な熱量は349kWです。

このとき、
----------------------------------------------------------
蒸気圧力が0.3MPaGであれば→SQ3型×2台必要となりますが、
蒸気圧力が0.6MPaGであれば→SQ3型×1台でカバー可能となります。
----------------------------------------------------------
これは、イニシャルコストのみならず、設置スペースの点でも有利です。


◆圧力容器適用外◆
また、圧力容器の適用を受けませんので、法定の定期検査等が不要で、
ランニングコストの点で有利です。


◆設置の自由度が高い◆
さらに、SteamAquaは外装パネルを標準装備しています。見た目がスッキリし
ており、周囲の美観を損ねないことはもちろん、熱交換部やその他の機器・配
管に触れることがありませんので火傷防止になります。火傷防止のための断熱
施工を追加する必要がありません。

必要な電源は制御用の単相100Vだけです。なお、制御弁に空気動式を使用して
おりますので、0.4MPaG程度の圧縮空気をご用意 ください。


▼ エンドユーザー様にもメリットがあります
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
オーナー様・エンドユーザー様にとってのメリットももちろんあります。
それは簡単・安心・スピーディーであることです。

使用時はスイッチ一つでON-OFFできます。あるいはスイッチはONのまま、
バルブの開閉で運転のON-OFFとすることも可能です。

流量スイッチを内蔵し、所定の流量以下になると蒸気供給を遮断して過加熱防
止回路を作動させるシーケンスが組まれているため、温水が過加熱される心配
がありません。

こうなるとまさに家庭用湯沸かし器さながらの使い勝手ですので、直感的な
操作で豊富な温水をスピーディーに使用できます。


------>>蒸気式温水製造ユニットSteamAquaの詳細はこちら
http://www.tlv.com/ja/catalog/news83j.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆リンク先をご覧いただけない環境の方には、同内容の資料をお送りして
おります。ご希望の資料を明記の上、ccc@tlv.comまでご連絡下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━