1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2013年のTLV蒸気と省エネメールマガジン
  4. 2013/06/25 Vol.118

TLV蒸気と省エネメールマガジン

2013/06/25 Vol.118

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ TLVメールマガジン Vol.118
■   ~ 蒸気を通して省エネ・環境を考える ~
■   2013年6月25日 株式会社テイエルブイ http://www.tlv.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月は新しくホームページに公開した【改善事例】をご紹介します。

皆さんからの「同業/他業種の様々な事例が見たい」という多くのご要望に
お応えして出来た改善事例は、言い換えれば「お悩み解決事例」。

圧力が安定せず、その対応に追われていた食品会社様のお悩みや、
製品不良が出るたびに生産ラインを止め、大きな損害が出てしまうゴム会社様
のお悩みなど、その解決方法や改善後の状況をご紹介しています。

また、改善事例を取材させていただいた際の裏話(?)も編集後記に掲載して
いますので、是非合わせてご覧ください。

連載記事『もっと知りたい蒸気のお話』では、身近なようで意外と知らない
逆止弁の特徴をご説明します。

では、今月のメールマガジンをお届けします。


▼ INDEX ▼
===================================================================

■□【NEW】
   「メンテナンスが大変」「製品不良をなくしたい」等のお悩み解決!
 ~ お客様の改善事例をホームページに公開しました ~

■□【連 載】
   もっと知りたい蒸気のお話
 ~ 逆止弁 前編 ~

■□【出展案内】
   インターフェックス ジャパン (2013年7月10日~12日)
   [医薬品][化粧品][洗剤]研究開発・製造技術国際展
 ~ 入場料5,000円が無料になる招待券 プレゼント中 ~


★ トピックス
★ TLVサイト会員ページ・ダウンロードデータ更新情報
★ 編集後記(取材裏話)

==================================================================


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【NEW】「メンテナンスが大変」「製品不良をなくしたい」等のお悩み解決
┃  ~ お客様の改善事例をホームページに公開しました ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「メンテナンスの手間がかかる」
「製品不良をなくしたい」
「作業時間を短くしたい」・・・等々。

様々なお悩み、要望はあっても解決する方法が分からず、どうにもならない
と諦めてしまっていませんか?

新しくホームページに公開した【改善事例】のコーナーでは、
当社にご相談いただき、長年のお悩みを解消されたり、要望を実現された
事例をご紹介しています。
http://www.tlv.com/ja/success_story/

例えば・・・

【お悩み】

~ 圧力不安定による温度変動で製品不良が発生し、生産ラインストップ ~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
兵庫県明石市でゴムチェーンや履き物などを製作されているシバタ工業株式
会社様では、以前からゴム加硫缶プレスの温度変動に悩まされていました。

二次側の圧力が安定しないと温度が変動し、生産物に品質不良が発生して
しまいます。

その状況はボイラーを貫流ボイラーに変更後、更に悪化。
温度変動が10℃近くになり、温度が原因の品質不良が月2、3回発生するように
なりました。その都度生産ラインがストップし対策が急務となっていました。


【解決策】~ 従来の減圧弁に変えて蒸気用減圧弁COSPECTを導入 ~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
圧力が安定すると聞き、ストレーナー、セパレーター、トラップ一体構造の
蒸気用減圧弁COSPECT(COS-16)を試しに1台導入。様子を見て、その後4台
追加導入し、順次台数を増やしていきました。


【結 果】~ 月2、3回発生していた品質不良がゼロに ~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
COSPECT導入後は圧力が設定値通り常に安定するようになり、温度が原因の
品質不良も一切発生しなくなりました。今では特にメンテナンスもせず15年
以上使用しているものもあります。


【お客様の声】~ 今ではCOSPECT一筋です ~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「その後、予算の都合で別の減圧弁を試した時期もありましたが、
 COSPECT程に圧力が安定せず、品質不良が発生してダメでした。
 それ以後はCOSPECT一筋です。
 ストレーナーやトラップ等の一体構造は工務担当者にも好評です。」


当初あれほど振り回された減圧弁の圧力調整ですが、初期導入から20年近く
が経った今、現在の担当の方は、減圧弁のトラブルが無いため、減圧弁に
触る機会はほとんどないとのことでした(この事例の詳細はこちら↓)。
http://www.tlv.com/ja/success_story/case_04.html


新しく公開した改善事例ページには、こうした様々な事例を掲載しています。
まだまだ数は少ないものの、今後も各地を取材し新しい事例を順次追加して
いきます。

当メールマガジンでも不定期連載としてご紹介していきますので、
今後も是非ご覧ください。


------>>新しく公開した改善事例ページはこちら↓
http://www.tlv.com/ja/success_story/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(彡(彡)彡)【連載】もっと知りたい蒸気のお話
┃ (彡(彡) ~ 逆止弁 前編 ~
┗━(彡)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第102話━━

▼ 逆止弁のはたらき
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
逆止弁は文字通り逆流を防止するために使用される弁です。
「逆流防止弁」「逆止め弁」のほか「チェックバルブ」「チャッキ弁」など
様々な呼ばれ方をします。
上流から下流にのみ流体を通し、下流から上流への流れを許しません。

一般的に、開閉弁は 一次側と二次側の圧力差に依存します。
一次側圧力の方が高ければ開弁し、二次側圧力の方が高ければ閉弁します。


▼ 逆止弁が使われる用途
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
では、逆止弁はどのような場所で「逆流を防止する」ために使用されるので
しょうか。具体的な用途としては以下が挙げられます。

 1)スチームトラップの二次側 :異物の流入防止、立ち上がり負荷軽減
 2)異種流体配管の合流地点  :異種流体の混合防止
 3)液体配管の立ち上がり部  :戻りウォーターハンマーの防止
 4)ポンプの吐出側      :ポンプ停止時の逆流防止
 5)メカニカルポンプ 前後   :流れ方向の規制

5)のように、2台の逆止弁を メカニカルポンプの前後で組み合わせ、
逆止弁と逆止弁の間の圧力が周囲よりも高くなる際に流れ方向を規制する
用途は、ちょうど心臓の弁のような役割と言えます。


▼ 最低 開弁圧力差・クラッキング圧力
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当社では弁が開き始める圧力差を最低開弁圧力差と呼んでいます。

一般的によく用いられる逆止弁の特性を表す指標には、クラッキング圧力が
あります。クラッキング圧力はある一定の流量が流れるときの圧力です。

同じ逆止弁では、最低開弁圧力差はクラッキング圧力と同じか小さい値で、
その際の 流量は限りなくゼロに近いと言えます。

最低開弁圧力差とクラッキング圧力は必ずしも同一ではありませんが、
「ある一定の流量」の値を定めた規格があるわけではないため、
最低開弁圧力差をクラッキング圧力としているメーカーもあります。


▼ 圧力損失
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
通常のバルブ同様、逆止弁にも圧力損失があります。

逆止弁の構造によって、圧力損失の大小は異なります。
弁体やその他の部品が流路内に残る構造の逆止弁(ディスク式など)は、
全開時の圧力損失が大きめとなります。

逆に、全開時に部品が流路内に残らない構造の逆止弁(スイング式など)は、
全開時の圧力損失が小さめです。

最低開弁圧力差やクラッキング圧力の値が小さくても、全開時の圧力損失が
大きい逆止弁もありますので、用途に合わせてどの性能を重視するか検討する
必要があります。


次回はディスク式、スイング式といった逆止弁の種類や、使用時の注意点を
ご説明します。


------>>ホームページでは画像を用いて分かりやすく説明しています
http://www.tlv.com/ja/steam_story/1306check_valve_2.html


☆今月の蒸気のお話はいかがでしたか?

 参考になった/ならなかった、今後こんな内容を取り上げて欲しいなど、
 皆様のご感想をお待ちしております!
https://www.tlv.com/ja/enquete/enquete_form.php?id=S001&ss_topic=97


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ インターフェックス ジャパン(2013年7月10日~12日)出展のご案内
┃  蒸気のことならTLV ~“真空蒸気”で生産性・温度制御性の向上 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インターフェックス ジャパン(主催:リードエグジビジョンジャパン株式
会社)は、医薬品・化粧品・洗剤を製造・研究開発するためのあらゆる機器・
システム・技術が一堂に会する世界有数の医薬・化粧品技術展です。

商談、技術相談も活発に行われる同展に、今年は過去最多の1,000社が出展し、
TLVも今回初出展します。

当社ブースでは以下テーマのもと、医薬・化粧品をはじめファインケミカル
業界の工場で実際に高い効果を上げている蒸気の有効活用術をご紹介します。

=====================================================================
蒸気のことならTLV
 ~“真空蒸気”で濃縮/乾燥/冷却工程の生産性・温度制御性の向上!~
=====================================================================

---->インターフェックス ジャパン「TLV展示ブースの詳細」及び
   5000円の入場料が無料になる「招待券のお申し込み」はこちら↓
http://www.tlv.com/news/newsj/news2013_06_01.html


■100℃以下の加熱・冷却の精度を劇的に変える!
 【真空蒸気加熱・気化冷却システムVACUUMIZER(バキュマイザー)】
http://www.tlv.com/ja/catalog/news52j.html

温水を使った100℃前後の加熱や、更にそれより低い温度の加熱や冷却で、
以下のようなお悩みはありませんか?

 「温度が安定しない」
 「加熱に時間がかかる」
 「加熱・冷却を繰り返してエネルギーロスが多い」

蒸気特有の潜熱加熱により、均一で素早い加熱が可能なVACUUMIZERなら、
高精度な加熱・冷却でその課題を解決し、製品の品質向上に貢献するかも
しれません。ブースでは実機もご用意しご説明致します。

その他、以下の製品もご紹介します。

■蒸気で素早く温水生成【蒸気式温水器SteamAqua(スチームアクア)】

■安全・安心を実現する【蒸気用減圧弁COSPECT(コスペクト)】
           【セパレーターフィルターSF1】
           【クリーンスチームトラップ他ステンレス製品】

■省エネルギーに貢献するドレン回収機器
           【メカニカルポンプPowerTrap(パワートラップ)】


ご来場の際には、是非、当社ブースにお立ち寄りください。
---------------------------------------------------------------------
◆ 会 場:東京ビッグサイト東展示棟
      [TLVブース:東3ホール No.1-4(原料加工ゾーン)]
◆ 期 間:2013年7月10日(水)~7月12日(金)
◆ 時 間:10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
◆ 入場料:5,000円(税込)   ※招待券持参で無料※
---------------------------------------------------------------------


また、会場で行われる公式イベント「出展社による製品・技術セミナー」で、
以下の講演を行います。皆さまのご参加をお待ちしております。

---------------------------------------------------------------------
◇◇出展社による製品・技術セミナー◇◇
---------------------------------------------------------------------
◇ テーマ:「“真空蒸気”で濃縮/乾燥/冷却工程の生産性・温度制御性
        の向上!」
◇ 日 時:2013年7月12日(金)15:00~16:00
◇ 会 場:展示会場内特設会場 EX-P4
◇ 聴講料:無料
---------------------------------------------------------------------
※受講をご希望の方は、当日直接会場へお越しください。

---->インターフェックス ジャパンの公式サイトはこちら↓
http://www.interphex.jp/ja/Home/


---->インターフェックス ジャパン「TLV展示ブースの詳細」及び
   5000円の入場料が無料になる「招待券のお申し込み」はこちら↓
http://www.tlv.com/news/newsj/news2013_06_01.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ トピックス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆6月11~14日に開催されたFOOMA JAPAN 2013 国際食品工業展の
 TLVブースへ多数のご来場をいただきありがとうございました。
http://www.tlv.com/news/newsj/news2013_06_02.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ TLVサイト会員ページ・ダウンロードデータ更新情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

TLVサイト会員ページで公開しているCADデータ(外観図)、取扱説明書の
更新情報をお知らせ致します。

☆取扱説明書(和文・英文)を新規公開しました
 J3S-X-RV

☆取扱説明書(和文)を新規公開しました
 CP-V

☆取扱説明書(和文)を修正しました
 COS-3/COS-16/COS-21
 FL5/FL5-C/FL21/FL21-C/FL32/FL32-C(L5/L5-C/L21/L21-C/L32/L32-C)
 FP46UC(P46UC)
 FS3/FS5/FS5H(S3/S5/S5H)
 SR-3/SR-8

☆取扱説明書(英文)を修正しました
 BT3N/MBT3N/PBT3N

※TLVサイト会員ページでは、CADデータ(外観図)・取扱説明書のダウン
 ロードができます。会員登録・ご利用は無料です。ログインはこちら↓
https://www.tlv.com/ja/download/login.php


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきありがとうございます。

今月ご紹介した改善事例のページはいかがでしたか?
改善事例の取材にご協力くださった皆さまには、この場をお借りして
改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

取材の際の楽しみは2つ。1つ目は、

 「普段なかなかお会いできないお客様に直接お会いできること」

業務の性格上、社内にこもりがちな私にとって、お客様の現場を訪問し、
直接お話を伺えるのはとても貴重な経験です。
また、当メールマガジンの読者の方もおられ、直接貴重なご意見をお聞き
することができて、メールマガジン制作にもプラスになっています。

そして2つ目の楽しみが、

 「その土地の名物料理を味わうこと」

もちろん仕事がメインではありますが、もし可能なら、仕事が終わってから
でも、その土地ならではの料理や銘酒などを楽しみたい、とついつい期待して
しまいます。

しかし・・・時間が無いことが多く、なかなかその機会は訪れません。
先日もせっかく香川県に行ったのに讃岐うどんを食べ損ね、後ろ髪を引かれ
ながら、帰りの列車に乗り込みました・・・。

当然大事なのは1つ目の方ですがいつか2つ目の野望も果たしたいと思います!

来月のメールマガジンは7月30日頃配信予定です。
どうぞお楽しみに♪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆TLVのメールマガジンは『蒸気と省エネ』だけではありません!
『保全と検査メールマガジン』の概要・バックファイル・ご登録はこちら
http://www.tlv.com/ja/mail_magazine/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆リンク先をご覧いただけない環境の方には、同内容の資料をお送りして
おります。ご希望の資料を明記の上、ccc@tlv.comまでご連絡下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━