1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2013年のTLV蒸気と省エネメールマガジン
  4. 2013/07/30 Vol.119

TLV蒸気と省エネメールマガジン

2013/07/30 Vol.119

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ TLVメールマガジン Vol.119
■   ~ 蒸気を通して省エネ・環境を考える ~
■   2013年7月30日 株式会社テイエルブイ http://www.tlv.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月のメールマガジンでは、先月に引き続きユーザー事例をご紹介します。
その名も『ユーザー事例に学ぶ“蒸気”の改善術』。

今回は、住宅地にあるタオル工場様で大量の湯気が発生した事例です。
すぐにでも湯気を消したいのに、消す方法が見つからず困っていましたが、
ある対策を取ったところ、湯気が消えたのに加え、水資源としての利用も
できました。

水不足が深刻な四国で一石二鳥と喜んでいただいたその対策とは・・・?

もっと知りたい蒸気のお話も先月に続き、逆止弁後編です。
蒸気用逆止弁の種類、各々の違い、使用上の注意点は?

では、今月のメールマガジンをご覧ください。


▼ INDEX ▼
===================================================================

■□【連 載】
   ユーザー事例に学ぶ“蒸気”の改善術[香川県・繊維編]
 ~ 住宅地で大量の湯気!何とか消したい、水資源としても使いたい ~
■□【連 載】
   もっと知りたい蒸気のお話
 ~ 逆止弁 後編 ~

★ トピックス
★ TLVサイト会員ページ・ダウンロードデータ更新情報
★ 編集後記(一石二鳥と一挙両得の違い?)

==================================================================


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【連載】ユーザー事例に学ぶ“蒸気”の改善術[香川県・繊維編]
┃  ~ 住宅地で大量の湯気!何とか消したい、水資源としても使いたい~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先月から始まったユーザー事例のコーナーです。
http://www.tlv.com/ja/success_story/

あるお客様のお悩みを解決した事例をご紹介し、その解決・改善策のポイント
を解説します。同じようなお悩みを持つ読者様に加え、少しでも多くの方の
蒸気周りの改善のヒントとしてお役立ていただければ・・・そんな思いで
スタートしたこの新コーナー。

不定期連載でお届けしますので、今後ともよろしくお願いします!


さて、2回目の今回は・・・
http://www.tlv.com/ja/success_story/case_06.html


【お悩み】~  近隣住民のため、環境保全のために大量の湯気を消したい~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
香川県善通寺市でタオルやTシャツを製作されている株式会社ユタカ様では、
色鮮やかな発色が可能な新方式のプリント装置導入後、大量の湯気発生に
悩まされるようになりました。

装置の設置業者でも湯気を消すことはできず、地域住民に迷惑をかけないよう
そして環境保全の面からも早急な対策を望んでいました、


【解決策】~ 廃蒸気熱交換器を導入 ~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
インターネット検索で「湯気が消える」という廃蒸気熱交換器SRを見つけ、
すぐにTLVに問合せ。その3日後には兵庫県本社を見学しその日の内に導入を
決めました。合わせて、湯気を消す際に出来たお湯を回収して再利用する
ポンプも導入しました。


【結 果】~ 湯気が消滅 タンクで回収した水は洗濯水に再利用 ~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あれほど大量に発生していた湯気が消滅しました。
回収したお湯は湯洗い・水洗いの洗濯工程に利用しています。

特に湯洗いでは、60℃程度のお湯を利用できるので、水資源の活用だけで
なく、ボイラー稼働を軽減し燃料コスト低減にも貢献しています。


【お客様の声】~ 一石二鳥の改善策に満足 ~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「社の方針として環境対策を一番に考えているので、住宅地での大量の湯気
 には本当に困っていました。湯気が消えただけでなく、四国では水不足も
 深刻ですから、洗濯水として利用できることも大きいです。」


-* この事例に見る改善のポイント *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

「白煙を消したい」というご要望に対し、当社からは廃蒸気熱交換器を始め
とする機器を中心に、効果的に白煙を消すためのレイアウトや配管フローの
設計もお手伝いさせていただきました。

今回の改善目的はもちろん白煙を無くすことでしたが、設計の過程で廃蒸気
熱交換器の特徴である、温水として熱回収できる点を活用すれば、熱と水の
回収になるため、十分に採算が取れることが判明しました。

そこで、コストは増加したものの、熱回収設備にも投資していただくことに
なり、「一石二鳥」が実現できました。

※廃蒸気熱交換器の詳細はこちら↓
 http://www.tlv.com/ja/catalog/news88j.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


株式会社ユタカ様のタオルは、発色の美しさが評判です。
湯気が消えたことにより、製品同様に美しい元の姿を取り戻した工場内と
その周辺。温水をしっかり再利用し、省エネ・省資源も図れた事例でした。


------>>株式会社ユタカ様の事例の詳細はこちらをご覧ください↓
http://www.tlv.com/ja/success_story/case_06.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(彡(彡)彡)【連載】もっと知りたい蒸気のお話
┃ (彡(彡) ~ 逆止弁 後編 ~
┗━(彡)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第103話━━

前回の「逆止弁 前編」では、流体の逆流を防止する逆止弁の機能や用途など
基本的な事項についてご説明しました。
http://www.tlv.com/ja/steam_story/1306check_valve_2.html

今回は一般的によく使用される逆止弁の種類とその特徴について見てみます。


▼ 逆止弁の種類
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
逆止弁は流れによって自動的に開閉弁しなければならないため、バルブの
一種とはいえ、手動弁とは異なる構造のものが多いようです。

蒸気用に限定しなければ、バタフライ弁を二つ折りにしたような構造のものや
バイパス回路を内蔵したものなど、多種多様な逆止弁が存在しますが、
ここでは蒸気系統でよく使用される、スイング、リフト、ディスクの3つの
タイプに絞って説明します。


▼ スイング式逆止弁
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【概要】このタイプの流路は直線で、円盤状の弁体がヒンジを支点とする
    レバーに取り付けられているか、ヒンジ機構と一体化された弁体を
    内蔵しています。

【作動】弁体はヒンジを支点に、ドアのような約90度の回転動作(スイング)
    で開閉します。

【特徴】基本的にフルポート弁な上、全開時には弁体のほぼ全体が流路から
    外れた位置にくるため、全開時の圧力損失は小さめです。

    弁体が重いものは最低開弁圧力差及びクラッキング圧力が大きめで
    す。軽量な弁体を使用することで、低開弁圧力差及びクラッキング
    圧力を小さくすることができます。

    一方、ヒンジの軸で回転する構造のため、軸及び軸受け側の摩耗に
    よりシール性能や開閉作動の円滑性が低下しやすく注意が必要です。

    また、全閉位置から全開位置までの弁体の回転角度が大きいため、
    流れ方向の変化に敏感に対応しにくい、弁体が重いと急閉弁時の衝撃
    が大きくなるという難点もあります。

【取付】水平配管及び、下から上に流れる垂直配管で使用可能です。


▼ リフト式逆止弁
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【概要】流路がS字状になる玉形弁構造です。手動玉形弁から弁軸・ヨーク・
    ハンドルを取り去ったような構造で、実際に玉形弁と共通部品を使用
    する製品も多いようです。

【作動】弁体が配管と垂直の方向に平行移動して開閉弁します。

【特徴】全開時、弁体は流路から外れた位置にきますが、流路自体がS字状の
    ため圧力損失が大きめです。弁体の質量が大きいため最低開弁圧力差
    及びクラッキング圧力も大きめです。

【取付】水平配管取り付けに限定されます。


▼ ディスク式逆止弁
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【概要】流路は直線です。弁体は円盤状で他の部品と結合されていません。
    ばねを併用して閉弁を付勢する製品が主流です。

【作動】弁体が配管と同軸上を平行移動して開閉弁します。

【特徴】流路内に弁体や付帯部品が残るため全開時の圧力損失が大きめです。
    弁体が軽量で配管と同軸上を平行移動する開閉弁動作のため、
    最低開弁圧力差及びクラッキング圧力は小さめです。

    全開-全閉のストロークが短く流れ方向の変化に敏感に対応します。

【取付】水平配管、垂直配管のいずれにも取り付け可能です。垂直配管では
    上から下の流れ、下から上の流れいずれでも使用可能です。


▼ 逆止弁使用時の注意点
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
逆止弁を設置し使用する際には、特に以下の点に注意する必要があります。

◇ 取り付け姿勢

垂直配管への取り付け不可、垂直配管への取り付け可能でも上から下の流れ
は不可など、取り付け姿勢に制限があるタイプもあります。

例えば垂直配管で上から下向きの流れで設置した場合に、自重で弁が開いて
しまうタイプはその姿勢では使うことができません。

◇ チャタリング

逆止弁は圧力差によって開閉するため、圧力変動が頻繁に起きている場所に
設置すると、短いサイクルで開閉を繰り返してしまうチャタリングが発生
することがあります。

弁体が軽量で、全閉から全開までの弁の可動距離が短い構造の逆止弁では、
その発生リスクが高まります。

チャタリングが発生すると、弁と弁座が衝撃を伴なって接触し、シート部の
摩耗が進行します。更に、開閉を頻繁に繰り返すことで摺動部や回転部の
摩耗も進行し、寿命が大幅に短くなります。

◇ 締め切り時の弁漏れ

逆止弁は自動的に逆流を防止してくれる便利なバルブですが、その締め切り
性能は締め切りを目的とした他のバルブに比べ、優れているとは言えません。

少しの漏れも許容できないような用途には、逆止弁だけでは不十分かもしれ
ません。その場合は、締め切り弁などを組み合わせることも必要です。


------>>ホームページでは画像を用いて分かりやすく説明しています
http://www.tlv.com/ja/steam_story/1307check_valve_3.html


※参考※ 逆止弁の設置の仕方については以下でもご説明しています
http://www.tlv.com/ja/steam_story/0510check_valve.html



☆今月の蒸気のお話はいかがでしたか?

 参考になった/ならなかった、今後こんな内容を取り上げて欲しいなど、
 皆様のご感想をお待ちしております!
https://www.tlv.com/ja/enquete/enquete_form.php?id=S001&ss_topic=98


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ トピックス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆8月28日(水)に和歌山県で蒸気の入門&実践の出張セミナーを開催します。
 (会場:和歌山石油精製株式会社様)
http://www.tlv.com/ja/seminar/s-s1-r1308wakayama.html


☆7月10~12日に開催されたインターフェックス ジャパン医薬品・化粧品・
 洗剤研究開発・製造技術国際展のTLVブースへ多数のご来場をいただき
 ありがとうございました。
http://www.tlv.com/news/newsj/news2013_07_01.html


☆蓋部にボール弁を搭載したオールステンレス製バイパスブロートラップを
 新発売しました。バルブ部は手動/電動/空気動の3タイプです。
http://www.tlv.com/product_v2/newproducts/newproduct.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ TLVサイト会員ページ・ダウンロードデータ更新情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

TLVサイト会員ページで公開しているCADデータ(外観図)、取扱説明書の
更新情報をお知らせ致します。

☆取扱説明書(和文・英文)を新規公開しました
 PN-COS-16
 J3S-X-BV/J3S-X-PB/J3S-X-MB

※TLVサイト会員ページでは、CADデータ(外観図)・取扱説明書のダウン
 ロードができます。会員登録・ご利用は無料です。ログインはこちら↓
https://www.tlv.com/ja/download/login.php


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきありがとうございます。

今月ご紹介した改善事例に「一石二鳥」という言葉が何度か出てきました。
似た言葉に「一挙両得」がありますが、この二つがどう違うかご存知ですか?

意味自体は「一つの行為で二つの利益を得ること」とほぼ同じですが、
この二つはその起源が異なります。

「一石二鳥」はイギリスのことわざ(Kill two birds with one stone.)から
来た言葉で、一方、「一挙両得」は中国の古い書籍から出た言葉だそうです。
真のことわざというものは洋の東西を問わず共通なのかもしれませんね。

ちなみに、蒸気(steam)を使った西洋のことわざもありました。

 To employ a steam-hammer to crack a nut.
 くるみを割るのにスチームハンマーを使う

「小さなことを処理するのに大げさな手段を取る必要は無い」という意味
なのですが、TLVメルマガの読者様なら

「スチームハンマー=ウォーターハンマーを使うなんて大げさすぎる!」
と思いますよね?

しかし、これは蒸気配管のスチームハンマー(ウォーターハンマー)ではなく
蒸気機関を動力源に、重い金属のハンマーを上下させて鍛造・圧延を行う
金属加工機械のスチームハンマーのことなのだそうです。
(どちらのスチームハンマーでも意味は通じる?)


来月のメールマガジンは8月27日頃配信予定です。
どうぞお楽しみに♪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆TLVのメールマガジンは『蒸気と省エネ』だけではありません!
『保全と検査メールマガジン』の概要・バックファイル・ご登録はこちら
http://www.tlv.com/ja/mail_magazine/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆リンク先をご覧いただけない環境の方には、同内容の資料をお送りして
おります。ご希望の資料を明記の上、ccc@tlv.comまでご連絡下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━