2015/02/25 Vol.138 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2015年のTLV蒸気と省エネメールマガジン
  4. 2015/02/25 Vol.138

TLV蒸気と省エネメールマガジン

2015/02/25 Vol.138

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ TLVメールマガジン Vol.138
■   ~ 蒸気を通して省エネ・環境を考える ~
■   2015年02月25日 株式会社テイエルブイ http://www.tlv.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジンの記事に対して、読者の方から多くご要望いただく内容の一つ
に「トラップの選定について簡単に解説してほしい」というものがあります。

トラップの選定については、連載記事『もっと知りたい蒸気のお話』でも
複数回にわたり詳しくご説明していますが、今回は原点に立ち返って
フリーフロート式、ディスク式といったタイプ別の使い分けについて解説
してみました。

たくさんあるトラップの種類の中からどれを選んでいいか分からない、
自分ではわかっているけれどうまく説明できない、という方必見です!

製品紹介では、新発売のデジタル指示調節計SC-S21をご紹介します。
温度制御、圧力制御、流量制御などに、小型で使いやすい調節計です。

では、今月のメールマガジンをご覧ください。


▼ INDEX ▼
===================================================================

■□【新製品】
  温度制御・圧力制御・流量の自動制御に!使いやすい小型調節計
~ 新しくなったデジタル指示調節計SC-S21のご案内 ~
 ↓各種制御に!48mm×48mmでコンパクト、見やすい、操作しやすい調節計
 ↓組み合わせるならコレ!蒸気の制御に最適な空気式制御弁CV5、CV10
■□【連 載】
  もっと知りたい蒸気のお話
~ スチームトラップのタイプ別使い分け ~
 ↓フリーフロート、ディスク式等各タイプの特徴に合せた使い分け方とは?

★ トピックス(3月9日大宮で省エネルギーセンターセミナー開催)
       (3月19日大分で出張セミナー開催)
       (レーザー式軸芯出し器新発売)

★ TLVサイト会員ページ・ダウンロードデータ更新情報
★ 編集後記(ENEX2015のお礼)

==================================================================


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【新製品】温度制御・圧力制御・流量の自動制御に!使いやすい小型調節計
┃ ~ 新しくなったデジタル指示調節計SC-S21のご案内 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 温度・圧力・流量などの制御を手軽に自動化
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
装置や設備の温度や圧力、流量などの調整を手動で行っている方。
「いちいち手動で行うのが面倒」「もっと正確に行いたい」
などと思われたことはありませんか?

「自動化したいけど大変そう」・・・そんなことはありません。調節計と
制御弁を組み合わせれば、手間もコストも最小限で簡単に自動化が図れます。

そんなニーズにピッタリな小型調節計が、今回モデルチェンジして
機能を大幅に向上させた新しいSC-S21です。
http://www.tlv.com/product_v2/product_030700.html


▼ 小型調節計がモデルチェンジし汎用性拡大
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
旧機種のSC-S20は、接点出力による二位置制御専用で入力信号も温度センサー
のみ、簡易温度制御専用の調節計でしたが、新機種では連続出力が可能になり
入力種類が電流入力や電圧入力まで拡大しました。

これにより、簡易的な温度制御以外に圧力制御、流量制御、液位制御等
幅広い用途で使用できるようになり、次のような特長を備えました。

 - 温度制御以外に、圧力、流量、液位などの制御が可能
 - 目標設定値を4点メモリー可能
 - 目標設定値を遠隔操作で切り替え可能
 - 警報出力や外部への伝送出力も装備
 - 測定値表示が大きく見やすい
 - 前面寸法48mm×48mmのコンパクトボディはそのまま


▼ 温度制御以外にも様々な制御が可能に
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆ 圧力制御

蒸気の制御で温度制御と共に広く用いられる圧力制御も、圧力トランスミッ
ターからのアナログ出力をSC-S21へ取り込み、制御弁を駆動することで可能
です。

◆ 流量制御

流量計のアナログ出力をSC-S21へ取り込み制御弁を駆動させれば、流量制御
を行うことができます。

◆ 液位制御

蒸気以外の用途にも使用可能です。液面計と組み合わせてタンク等のレベル
を一定に保つ、液位制御などにも使用することができます。

◆ 温度制御

温度制御も従来のON-OFF二位置制御ではなく、連続出力を用いた比例制御を
行うことができます。


▼ 組み合わせるなら蒸気制御に最適な空気式制御弁
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
調節計と組み合わせて蒸気の制御を行うには、汎用性の高い空気式制御弁が
最適です。TLVでは、多様なバリエーションで選びやすいCV10と、
ポジショナ内蔵で軽量コンパクトなCV5の2種類をご用意しています。
http://www.tlv.com/product_v2/product_030500.html

空気動アクチュエーターで駆動する単座玉型弁構造の制御弁で、
蒸気制御に多いバルブの早い動きにも対応し、圧力制御、温度制御、流量制御
など各種制御に使用できます。

TLVでは、スチームトラップなど蒸気の下流側の機器だけでなく、上流側=
蒸気の供給制御に関しても、自信を持っておすすめできる機器を取り揃えて
います。選定のご相談やお困り事などあればお気軽にご相談ください。
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=H081&em=&rus=1


------>>デジタル指示調節計【SC-S21】の詳細はこちら↓
http://www.tlv.com/product_v2/product_030700.html

------>>蒸気制御に最適な空気式制御弁【CV10】【CV5】の詳細はこちら↓
http://www.tlv.com/product_v2/product_030500.html

------>>圧力トランスミッターや温度センサーはこちら↓
http://www.tlv.com/product_v2/product_060000.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(彡(彡)彡)【連載】もっと知りたい蒸気のお話
┃ (彡(彡) ~ スチームトラップのタイプ別使い分け ~
┗━(彡)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第118話━━

▼ スチームトラップ選定の基本
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
スチームトラップの重要な機能は、蒸気輸送管や蒸気使用装置などで発生した
ドレンを速やかに排出することです。
次に省エネルギーの観点から蒸気を漏らさないこと、更に空気などの不凝縮
ガスを排出する機能が求められます。

スチームトラップは構造や作動原理からいくつかのタイプに分類されており、
様々な機種があります。数あるスチームトラップの中から最適な1台を選ぶ
ためには、以下のステップに従って順に絞り込んでいきます。

 1.使用する用途を選ぶ
 2.使用する条件で選ぶ
 3.発生するドレン量の安全率で選ぶ
 4.ライフサイクルコストで選ぶ

個々のステップの詳細は『トラップ選定の手順 前編/後編』等のページに
詳しく述べられているため割愛し、ここでは特にトラップ選定の前提として
スチームトラップの各タイプはどのような用途に適しているかについて
ご説明します。

※参考※
 『スチームトラップの用途別選定』
 http://www.tlv.com/ja/steam_story/0909st_youtobetu.html
 『トラップ選定の手順 前編』
 http://www.tlv.com/ja/steam_story/0804steamtrap_st1.html
 『トラップ選定の手順 後編』
 http://www.tlv.com/ja/steam_story/0805steamtrap_st2.html
 『スチームトラップの排出能力と安全率』
 http://www.tlv.com/ja/steam_story/0911haisyutu_nouryoku.html


▼ トラップの作動原理による3つの分類
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
スチームトラップの様々な機種にはそれぞれ特色があり、特に作動形態の違い
は、蒸気輸送配管や蒸気使用装置といった用途との適否に直結します。
スチームトラップは作動原理により大きく3つに分類されます。

◇ メカニカルスチームトラップ

代表的なものに、フリーフロート式やフリーボールバケット式のスチーム
トラップがあります。浮力を利用する作動原理のスチームトラップです。
http://www.tlv.com/ja/steam_story/1107_mechanical_trap.html


◇ サーモダイナミックスチームトラップ

ディスク式とも呼ばれます。蒸気の凝縮作用と、気体である蒸気と液体である
ドレンの差や運動エネルギーに差があることを利用して作動します。
http://www.tlv.com/ja/steam_story/1206thermodynamic.html


◇ サーモスタティックスチームトラップ

バイメタル式、ベローズ式、エレメント式が存在し、この代表的なものに
温調トラップがあります。蒸気とドレンの温度差を利用して作動します。
http://www.tlv.com/ja/steam_story/1201ontyou2.html


▼ それぞれのタイプ別使い分け
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇ フリーフロートタイプが適した用途

TLVでは装置用、蒸気輸送配管のドレン抜き用途ともにフリーフロートタイプ
を第一優先として推奨しています。

このタイプはドレンが流入すると直ちに排出する連続作動であるため、排出
遅れがなく、蒸気輸送配管のリスクを低減し、装置の運転効率を高めます。
また、ドレン出口となる弁口が常時ウォーターシールされるため、蒸気漏れ
を起こしにくく省エネ性能が高いことも特長です。


◇ ディスクタイプが適した用途

ディスクタイプには汎用性が高いという特長があります。
しかし、省エネ性能、耐久性の点ではフロートタイプの方が優れているため、
ごく一部の条件を除き積極的におすすめはしていません。

ディスクタイプを推奨するごく一部の条件とは、超高圧用途です。

フリーフロートタイプにも高圧まで使用できる機種はありますが、TLVの
ラインナップで最高使用圧力が12MPaGであるのに対し、ディスクタイプには
これを上回る15MPaG、26MPaGまで使用できる機種があります。

このため、超臨界水等の過酷な条件ではディスクタイプが使用されています。
http://www.tlv.com/ja/steam_story/1008power_plant.html

また、凍結のおそれがある設置場所では相対的に凍結に強いディスクタイプ
を選択することがあります。
http://www.tlv.com/ja/steam_story/0812freeze.html


◇ サーモスタティックタイプが適した用途

装置用、蒸気輸送配管のドレン抜き用途は前述の通りですが、例外的なのが
トレース用途です。

特に重油をトレースする用途などでは、ドレン顕熱を利用することで運用面
の効果と省エネ効果を両立しています。

この用途にはサーモスタティックタイプの一種である温調トラップを使用
します。温調トラップはスチームトラップであるのに、あえてドレンを
滞留させるため他の用途には適しません。
http://www.tlv.com/ja/steam_story/0610ontyou.html


------>>スチームトラップのタイプ別使い分けは以下で図解しています↓
http://www.tlv.com/ja/steam_story/1502steamtrap_selection.html


☆今月の蒸気のお話はいかがでしたか?

 参考になった/ならなかった、今後こんな内容を取り上げて欲しいなど、
 皆様のご感想をお待ちしております!
https://www.tlv.com/ja/enquete/enquete_form.php?id=S001&ss_topic=104


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ トピックス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆3月9日(月)に大宮で省エネルギーセンター主催、TLV協賛のセミナー、
 「蒸気プラントの最適化による少コスト運転の実現」を開催します。
 (会場:大宮ソニックシティビル)
http://www.eccj.or.jp/education/promo-seminar/pdf/kan_150309.pdf
↑リンク先ページはPDFです

☆3月19日(木)に大分で蒸気の入門&実践の出張セミナーを開催します。
 (会場:JX日鉱日石エネルギー株式会社 大分製油所様)
http://www.tlv.com/ja/seminar/s-s1-r1503ooita.html

☆新発売!レーザー式軸芯出し器オプタラインスマートRS5
 ポンプ、送風機などの小型・中型機、中間軸のある芯出しOKの最新モデル
http://www.tlv.com/ja/catalog/optalign_smart.html

☆新発売!!レーザー式軸芯出し器シャフタラインOS3
 回転機の芯出しに必要な基本機能を搭載した最新のエントリーモデル
http://www.tlv.com/ja/catalog/shaftalign.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ TLVサイト会員ページ・ダウンロードデータ更新情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

TLVサイト会員ページで公開しているCADデータ(外観図)、取扱説明書の
更新情報をお知らせ致します。

☆取扱説明書(英文)を新規公開しました
 SC-S21

☆取扱説明書(英文)を修正しました
 CV-COS

※TLVサイト会員ページでは、CADデータ(外観図)・取扱説明書のダウン
 ロードができます。会員登録・ご利用は無料です。ログインはこちら↓
https://www.tlv.com/ja/download/login.php


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきありがとうございます。

当メールマガジンでもご紹介した展示会、ENEX2015 第39回地球環境とエネル
ギーの調和展が1月28日~1月30日に東京ビッグサイトで開催されました。

今年はあいにく雪もちらつく寒さの中での開催となりましたが、
当社ブースにも多くの方々にご来場いただきありがとうございました。

エア・ガスリーク検査やスチームトラップ診断の展示、体験デモンストレー
ションに人気が集まったほか、ボイラーブロー水を熱回収する廃高温水熱交換
機に関心のある方も多く、ドレン回収や廃蒸気の回収について多くのご相談を
いただきました。

※展示会の様子はこちらをご覧ください↓
http://www.tlv.com/news/newsj/news2015_02_01.html

展示会でご案内した内容等について、その後何かご質問・ご相談等
ございましたら、いつでもお寄せください!
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=H081&em=&rus=1


来月のメールマガジンは3月24日頃配信予定です。
どうぞお楽しみに。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆TLVのメールマガジンは『蒸気と省エネ』だけではありません!
『保全と検査メールマガジン』の概要・バックファイル・ご登録はこちら
http://www.tlv.com/ja/mail_magazine/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━