2015/04/14 号外 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2015年のTLV蒸気と省エネメールマガジン
  4. 2015/04/14 号外

TLV蒸気と省エネメールマガジン

2015/04/14 号外

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□ 【号外】TLVメールマガジン
■ ~ 蒸気のことならTLV ~
□    2015年04月14日 株式会社テイエルブイ http://www.tlv.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今号ではTLVメールマガジンの号外として、段ボール工場様における
蒸気の改善事例をご紹介します。

コルゲートマシンに制御システムやポンプ機能内蔵トラップを導入した結果、
原単位・燃料費削減や作業軽減に繋がりました。
具体的に、燃料費の10%にあたる170万円の削減に繋がったなどのメリットが
出ています。

 ◆ ダブルフェーサー温度最適化による原単位・燃料費削減の事例
 http://www.tlv.com/ja/success_story/case_10.html

 ◆ シングルフェーサー送気自動化による燃料費削減、作業軽減の事例
 http://www.tlv.com/ja/success_story/case_09.html


自社ではどのような改善に繋がるか、ご興味がおありの方は
是非お気軽にご相談ください。
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=H081


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【有効事例】コルゲートマシンの熱分野改善をご提案して30年
□  ~ 原単位・燃料費削減、作業負担軽減の事例 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

段ボールシート製造工程の改善には次のような様々な方法があります。

 - 運転技術の向上
 - 高性能マシンへの更新
 - 資材の改良
 - マシンレイアウトの工夫
 - 品種の組み合わせによる運転パターンの工夫

この中でも、品質から原単位まで大きな影響がある“熱分野”において、
TLVでは30年以上にわたり、コルゲートマシン周辺の改善のお手伝いを
してきました。

段ボールシート製造工程の中で、段付け、接着、片面段ボール、両面段ボー
ル、糊の調合など多くの場面で、蒸気は熱源として用いられています。

コルゲートマシンにおける蒸気の用途には、次のような特徴があります。

 ◆ 蒸気圧力が比較的高い
 ◆ 回収できるドレンの比率が非常に多い
 ◆ 製品が高速で流れるため、圧力や温度を短時間で変更する必要がある

これらの特徴を踏まえ、長年の実績と経験に基づきご提案してきた改善案は、
回収ドレンをボイラーへ直接給水する、クローズドドレン回収システムを
はじめとした様々な内容へと進化しています。

ここでは、その中から原単位・燃料費削減や作業負担軽減に繋がった2例を
ご紹介します。


▼ ダブルフェーサーの温度最適化による原単位・燃料費の削減
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
20年ほど前、ダブルフェーサーにエアフォーミングが導入され熱効率が向上
したため、熱板温度をきめ細かく制御する必要性が出てきました。
また、近年では資材の機能向上などにより、一層の低温化が求められるよう
にもなってきています。

当社でも様々な方法で、ダブルフェーサーの蒸気圧力制御や温度制御の
お手伝いをしてきました。目的に合わせた最適な制御を行う上で、新たに
問題となるのがドレン回収です。

低温化、つまり蒸気圧力の低下によって、ダブルフェーサーで発生するドレン
がクローズド回収できなくなってしまい、その結果、原単位の悪化やクローズ
ド回収できないドレンからの湯気の発生といった問題が顕在化しています。

これに対し、ポンプ機能内蔵スチームトラップ(パワートラップ)を導入
すれば、湯気を解消し、原単位・燃料費を削減することが可能です。

------>> 具体的な事例は以下をご覧ください。
http://www.tlv.com/ja/success_story/case_10.html


▼ シングルフェーサー休止中の蒸気停止で燃料費削減、暖機運転も自動化
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
生産パターンによって、特定のシングルフェーサーを使用した後、数時間
待機させる場合があります。この使用しない時間帯に、蒸気の送気を続ける
ことは熱ロスに繋がっています。

一方で、一度蒸気を止めてしまうと、暖機のための再送気時にウォーター
ハンマーを起こさないよう、人が付きっきりでバルブ操作を行う必要があり
ます。この手間を避けるために、シングルフェーサー休止中も送気を続ける
工場が少なくありません。

この解決策として、ボタン操作一つで簡単に暖機運転を実施し、短時間で
運転できるようになる自動送気システムを導入すれば、燃料費の削減と作業
軽減の両方が実現できます。

------>> 具体的な事例は以下をご覧ください。
http://www.tlv.com/ja/success_story/case_09.html


これ以外にも、コルゲートマシンに関する蒸気の改善策には様々なものが
あります。是非お気軽にご相談ください。

※蒸気の改善に関するご相談やお問合せはこちら↓
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=H081