2015/09/29 Vol.145 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2015年のTLV蒸気と省エネメールマガジン
  4. 2015/09/29 Vol.145

TLV蒸気と省エネメールマガジン

2015/09/29 Vol.145

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ TLVメールマガジン Vol.145
■   ~ 蒸気を通して省エネ・環境を考える ~
■   2015年09月29日 株式会社テイエルブイ http://www.tlv.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月は、ボイラー連続ブロー水を熱回収し、給水昇温に利用して年間300万円
の燃料費削減を達成されたお客様の事例をご紹介します。

お客様から「ものすごく熱効率がいい。どうやってこの熱交換器を作ったか
教えてほしいくらいです。」と言っていただいた高効率の熱交換機の導入事例
には、具体的な改善データも掲載しています。

また、今月の連載記事では、機器の接続呼径の選定についてご説明します。
機器によっては、単純に配管サイズに合わせた選定をすると、トラブルに
繋がることがあります。配管の呼径に加えて、考慮すべき項目とは?

詳しくは記事をご覧ください。


▼ INDEX ▼
===================================================================

■□【連 載】
  もっと知りたい蒸気のお話
~ 機器選定と配管サイズ ~
 ↓接続呼径を配管サイズだけで選ぶとトラブルも!他に考慮すべき情報は?

■□【ヒット商品】
  ボイラーに背圧をかけずにボイラー連続ブロー水を熱回収
~ 廃高温水熱交換器 SR-Bのご案内 ~
 ↓<お客様事例>ボイラー連続ブロー水の熱で給水昇温し燃料費300万円減
 ↓燃料・原単位・CO2削減!SR-Bの使用例、作動アニメーションはこちら


★ トピックス(改善事例公開・新製品)
★ TLVサイト会員ページ・ダウンロードデータ更新情報
★ 編集後記 (ある夜の目撃談)

==================================================================


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(彡(彡)彡)【連載】もっと知りたい蒸気のお話
┃ (彡(彡) ~ 機器選定と配管サイズ ~
┗━(彡)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第124話━━

▼ 接続呼径の選定では、大は小を兼ねない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
バルブ、減圧弁、流量計・・・皆さんは機器選定の際、接続呼径をどのよう
に決定されていますか?例えば、

 「50Aの配管に、50Aサイズの玉形弁を設置する」

これは当たり前で、特に問題はありません。では、

 「50Aの配管に、50Aの減圧弁を設置する」

これも問題ないでしょうか?いいえ、問題がある可能性があります。

玉形弁などの一般のバルブは、単純に配管サイズに合わせて選定すれば良い
のですが、減圧弁や流量計ではそうはいきません。
制御可能な流量や計測可能な流量の範囲に制約があるからです。

では、どのように選定すればよいのでしょうか?


・・・ 続きは【Web】でご覧ください!
   (減圧弁と流量計を例に挙げながら、機器の呼径選定の仕方を
    詳しくご説明しています)↓↓↓
http://www.tlv.com/ja/steam_story/0512haikan_size.html


☆今月の蒸気のお話はいかがでしたか?

 先月から蒸気のお話の掲載方法を少し変えています。今回の記事について
 今の/以前の掲載方法の方がよい、参考になった/ならなかった、今後
 こんな内容を取り上げて欲しいなど、皆様のご感想をお待ちしております!
https://www.tlv.com/ja/enquete/enquete_form.php?id=S001&ss_topic=16

----------------------------------------------------------------------
こちらもオススメ!! ▼▼究極の減圧弁 COSPECT▼▼

▽トラブルが起きにくく製品寿命の長い減圧弁 COSPECTの魅力を動画で解説
 http://www.tlv.com/ja/catalog/news74j.html#cont04
----------------------------------------------------------------------


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【ヒット商品】ボイラーに背圧をかけずにボイラー連続ブロー水を熱回収
┃ ~ 廃高温水熱交換器 SR-Bのご案内 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ ボイラーに背圧をかけずに連続ブロー水を熱回収できる熱交換機
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「何か省エネのネタはないか」
「ボイラー燃料費削減のための施策はないだろうか」

省エネを更に進めるための方法を、日々探しておられるご担当者様。

採算に合う投資案件は一通り実施した・・・と思っていても、
意外と手が付けられずに残されている省エネ対策が、

『ボイラー連続ブロー水の熱回収』です。

ボイラー缶体保護のため、運転中に内部からブローされる高温の濃縮水。

この熱回収を一度は検討したことがあっても、熱交換器を設置するとボイラー
に背圧がかかり、安定したブローができなくなるため、回収を諦めてブロー水
を廃棄してしまっているという事業所も少なくないのではないでしょうか。

そんな皆さまに朗報です!

『廃高温水熱交換器 SR-B』なら、大気解放構造でボイラーにほとんど背圧を
かけないため、連続ブロー水の熱回収とボイラーの安定運転が両立できます。

フラッシュタンクと廃蒸気熱交換器を一つにしたようなイメージで、
フラッシュ蒸気混じりの高温水を、気液分離をせずに直接熱交換器へ入れ
廃蒸気と高温水を両方まとめて熱交換。熱交換率の高さが特長です。
http://www.tlv.com/ja/catalog/sr-b.html


▼ 年間約300万円の省エネメリットが出たお客様事例
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
実際にSR-Bを導入された化学会社様では、ボイラー連続ブロー水を熱回収
して給水温度の昇温に利用。

燃料使用量、原単位、CO2排出量を削減し、試算通り年間約300万円の省エネ
メリットが出て、目標を達成されました。

ご担当者様からは、「どうしてここまで熱交換率が高いのか、どうやって
作ったか教えて欲しいくらいです」とのお言葉をいただいています。

---------------------------------------------------------------------
▼▼廃高温水熱交換器 SR-Bのお客様事例▼▼

【お悩み】ボイラーに背圧をかけずに連続ブロー水の熱回収がしたい
【解決策】熱交換率が高く省エネ目標達成 他事業所にも水平展開
http://www.tlv.com/ja/success_story/case_08.html
---------------------------------------------------------------------


▼ 自社の省エネメリットを試算してみませんか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
発売以来、多くの事業所に導入いただき、熱交換率の高さを評価いただいて
いる廃高温水熱交換器 SR-B。

自社の場合、具体的にどの程度の省エネメリットが出るかを、一度試算して
みませんか?ご興味をお持ちの方は以下から是非お問い合わせください。
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=H081


---->>廃高温水熱交換器SR-Bの使用例、作動アニメーション等詳細はこちら
http://www.tlv.com/ja/catalog/sr-b.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ トピックス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆石油精製工場様のベローズバルブによる改善事例を公開しました。
「蒸気を止めるゲート弁がすぐにグランド漏れを起こし固着してダメになる」
http://www.tlv.com/ja/success_story/case_07.html

☆化学工場様のレーザー式軸芯出し器による改善事例を公開しました。
「メカニカル整備工事件数が3分の1に減少」
http://www.tlv.com/ja/success_story/case_12.html

☆ベアリングヒーター エディサームポータブルを新発売しました。
 焼きばめが素早く簡単!約1分半で20℃→110℃に加熱します。
http://www.tlv.com/ja/catalog/eddy_therm.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ TLVサイト会員ページ・ダウンロードデータ更新情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

TLVサイト会員ページで公開しているCADデータ(外観図)、取扱説明書の
更新情報をお知らせ致します。

☆取扱説明書(和文)を新規公開しました
 EDDYTHERM Portable(エディサームポータブル)

※TLVサイト会員ページでは、CADデータ(外観図)・取扱説明書のダウン
 ロードができます。会員登録・ご利用は無料です。ログインはこちら↓
https://www.tlv.com/ja/download/login.php


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきありがとうございます。

少し前のことですが、本社敷地内で亀が産卵する様子が目撃されました。

仕事を終えた社員が敷地内を通る小川に沿って道を歩いていたところ、道の
傍らで産卵を終えたらしい亀が土を掘り、卵を埋めようとしていたとのこと。

話を聞いて、後日その場所に行ってみると、確かに土を掘りかえしたような
跡がありました。

その後しばらく経ってから、別の社員が小川の脇で小さな子亀が干からびて
いるのを発見。

ふ化した子亀が小川を目指したものの、辿り着けずに干上がってしまった
のでしょうか。

社内で亀の産卵に関わる話を聞くのは、今回が初めてでしたが、詳しい社員
によると「毎年産卵しているが、カラスに食べられるものも多い」とか。

厳しい生存競争を生き抜いて、今年は何匹の子亀が小川に行きついたので
しょう。自然に囲まれた本社ならではの目撃談でした。


来月のメールマガジンは10月27日頃配信の予定です。どうぞお楽しみに。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆TLVのメールマガジンは『蒸気と省エネ』だけではありません!
『保全と検査メールマガジン』の概要・バックファイル・ご登録はこちら
http://www.tlv.com/ja/mail_magazine/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━