1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2015年のTLV蒸気と省エネメールマガジン
  4. 2015/12/15 Vol.148

TLV蒸気と省エネメールマガジン

2015/12/15 Vol.148

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ TLVメールマガジン Vol.148
■   ~ 蒸気を通して省エネ・環境を考える ~
■   2015年12月15日 株式会社テイエルブイ http://www.tlv.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

早いもので、今号が年内最後のメールマガジンとなりました。今年も一年間
TLV・TTSメールマガジンをご覧いただき、ありがとうございました。

2015年最後のメールマガジンのテーマは、ドレンの「分離」と「回収」。

新製品のパワートラップ GP5CはGPシリーズ最小のボディで、ドレン出口が
低く従来ドレン回収しづらかった小型設備のドレンも電気を使わずに回収。
これまで回収を諦めていた、配管や装置内のドレンを残さず回収し再利用
できます。

連載記事では、配管内を飛沫状になって飛ぶドレンの水滴を強制分離して
二次側へ逃さない「セパレーター」を取り上げます。

普段目にすることのできない、配管中を飛沫状になって飛ぶドレンや
各種セパレーターがドレンを強制分離する内部のメカニズムのイメージを
アニメーションで再現。

今回、実写ビデオによる分析で明らかになった、水滴の挙動を再現した
アニメーションは必見です!

では、2015年最後のメールマガジンをご覧ください。


▼ INDEX ▼
===================================================================

■□【連 載】
  もっと知りたい蒸気のお話
~ セパレーター ~
 ↓アニメーションで解説!配管中のドレンをセパレーターが分離する仕組み

■□【新製品】
  電気不要で工事がカンタンなドレン回収ポンプに最小機種登場!
~ パワートラップ GP5Cのご案内 ~
 ↓ドレン出口が低い小型設備に!ポンプ内部の作動アニメーション公開中

★ トピックス(新発売!空気用減圧弁)
★ TLVサイト会員ページ・ダウンロードデータ更新情報
★ 編集後記 (討ち入りの日)

==================================================================


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(彡(彡)彡)【連載】もっと知りたい蒸気のお話
┃ (彡(彡) ~ セパレーター ~
┗━(彡)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第127話━━

今回は、配管を流れる気体から液体を分離するセパレーターを取り上げます。

蒸気輸送配管内で、一部の蒸気が凝縮して発生するドレン。
圧縮空気の輸送配管内で、露点以下の温度になって結露し発生するドレン。

これらのドレンは、装置の加熱効率の低下や生産物の品質低下、作動トラブル
を招く可能性があるため、ただちに排除しなければなりません。

ドレン排除のためには、輸送管にスチームトラップやエアトラップを設置し
ますが、それだけでは不十分な場合があります。トラップには自らドレンを
集めたり、飛んでいる水滴を強制的に分離する機能が無いためです。

このようなドレンを排除するために、ドレンの強制分離を行うのが
セパレーターです。

セパレーターの仕組み、用途、そして選定上の注意点とは・・・。


・・・ 続きは【Web】でご覧ください!
   (配管中をドレン飛沫が流れる様子や、セパレーター内部でドレンを
    強制分離する仕組み等をアニメーションで説明しています)↓↓↓
http://www.tlv.com/ja/steam_story/1004separator2.html


☆今月の蒸気のお話はいかがでしたか?

 今回の記事について、今の掲載方法でよい/メールにも全文を掲載して
 欲しい、参考になった/ならなかった、今後こんな内容を取り上げて
 欲しいなど、皆様のご感想をお待ちしております!
https://www.tlv.com/ja/enquete/enquete_form.php?id=S001&ss_topic=68

----------------------------------------------------------------------
こちらもオススメ!! ▼▼ドレン分離効率98%のセパレーター▼▼

▽蒸気や空気配管中のドレンを高効率に強制分離するサイクロンセパレーター
 http://www.tlv.com/ja/catalog/news114j.html
----------------------------------------------------------------------


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【新製品】電気不要で工事がカンタンなドレン回収ポンプに最小機種登場!
┃  ~ パワートラップ GP5Cのご案内 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ シリーズ最小のメカニカルポンプ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
電気不要で工事がカンタンなドレン回収ポンプ パワートラップGPシリーズ。

最大ドレン圧送能力 約1.5t/hのコンパクトタイプから約9t/hの大容量タイプ
までラインナップを取り揃え、最高使用温度約220℃/圧力約1.4MPaGの
高温高圧タイプまでご用意している同シリーズですが、

 「能力はもっと小さくて良いので、限られたスペースに設置できる
  コンパクトなパワートラップも欲しい」

このような声も挙がっていました。

そこでこの度、ご要望にお応えしパワートラップのシリーズ最小機種として
新しくGP5Cを発売しました。
http://www.tlv.com/ja/catalog/news93j.html

これまでシリーズ最小だったGP10Lの最大ドレン圧送能力 約1.5t/hに対し、
GP5Cのドレン圧送能力は最大約0.27t/h。
コンパクトなボディで最低流入水頭も155mmと低いため、ドレン出口が低く
なりがちな小型設備にも最適です。

もちろん、電気を使わずドレン回収が可能なメカニカルポンプだから、
次のようなメリットがあります。

 - 電気工事不要、配管工のみで工事完結
 - 電源盤や操作盤の設置が不要
 - 漏電の心配無し
 - 防爆域でも使用可能
 - 機械系技術者だけでトラブル対応可能


▼ 電気不要&逆止弁内蔵で配管工事が更にカンタン
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
パワートラップには必ず入口側と出口側へ逆止弁を設置しなければなりません
が、GP5Cはこの入口側逆止弁と出口側逆止弁を内蔵。
そのため、配管工事が更にカンタンです。

動力源となる操作気体は蒸気のほか、空気や窒素なども使用可能。
次のような用途で使用できます。

 - オートクレーブドレン回収
 - 小口径配管の中間トラップ及び管末トラップドレン回収
 - 空調機ドレンパン排水移送

ボディ本体は、ねずみ鋳鉄製とステンレス鋳鋼品の2種類を標準で用意し、
近年増加傾向にあるドレン回収系統のステンレス化にも対応します。


------>>パワートラップシリーズ最小機種 GP5Cの詳細はこちら
http://www.tlv.com/ja/catalog/news93j.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ トピックス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆空気用直動式減圧弁 A-DR20を新発売しました。
 シール性が高く締切昇圧を防止!ステンレス製ボディでコンパクトな
 減圧弁です。
http://www.tlv.com/product_v2/product_010900.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ TLVサイト会員ページ・ダウンロードデータ更新情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

TLVサイト会員ページで公開しているCADデータ(外観図)、取扱説明書の
更新情報をお知らせ致します。

☆取扱説明書(和文・英文)を新規公開しました
 SJ3V-X

☆取扱説明書(和文)を新規公開しました
 VIBXPERT II

※TLVサイト会員ページでは、CADデータ(外観図)・取扱説明書のダウン
 ロードができます。会員登録・ご利用は無料です。ログインはこちら↓
https://www.tlv.com/ja/download/login.php


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきありがとうございます。

12月14日は赤穂浪士、四十七士討ち入りの日。
兵庫県赤穂市では毎年恒例の「赤穂義士祭」が今年も盛大に開催されました。

祭りの目玉である忠臣蔵パレードでは、大名行列、義士行列のほか殺陣も
披露。夜になると、天守閣イルミネーションやプロジェクトマッピングも
上映され、江戸時代と現代とが入り混じった華やかなイベントとなりました。

毎年討ち入りの日に開催されますので、ご興味のある方はまた来年是非
ご参加ください。

そして、討ち入りの日が終われば、後はクリスマスに大晦日・・・。
今年もあっという間ですね。

改めまして、皆さん今年も一年間TLV・TTSメールマガジンをご覧いただき
ありがとうございました。

次回のメールマガジンは1月26日の予定です。

少し早いですが、来年が皆さんにとって良い一年となりますように。
来年もどうぞよろしくお願い致します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆TLVのメールマガジンは『蒸気と省エネ』だけではありません!
『保全と検査メールマガジン』の概要・バックファイル・ご登録はこちら
http://www.tlv.com/ja/mail_magazine/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━