1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2018年のTLV蒸気と省エネメールマガジン
  4. 2018/05/28 Vol.177

TLV蒸気と省エネメールマガジン

2018/05/28 Vol.177

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ TLVメールマガジン Vol.177
■   ~ 蒸気を通して省エネ・環境を考える ~
■   208年05月22日 株式会社テイエルブイ http://www.tlv.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今号では6月29日で公募が締め切られる環境省の診断費用を助成する補助金
についてご案内します。

この「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金」は、年間CO2排出量が3,000t
未満の事業所が対象で、TLVも本事業の診断機関として認定されています。
事業所の条件に該当し、診断を検討されている方は本文をご覧ください。

そのほか、6月に東京で開催されるFOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展への
出展もご案内しています。TLVブースでは、当社のご相談窓口である
「技術110番」のスタッフが常駐し「蒸気のお悩み相談所」を開設します。

蒸気のお悩み相談所の事前予約も可能で、予約された方には入場無料になる
招待券をプレンゼント中です。詳しくは本文をご覧ください。


▼ INDEX ▼
===================================================================

■□【補助金】
  平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金
  (経済性を重視した二酸化炭素削減対策支援事業)
~ 「二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業」のご案内 ~

■□【出展案内】
  FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展(2018年6月12日~15日)
~ 「蒸気のお悩み相談所」開設!素早いお悩み解決の裏ワザとは? ~
↓蒸気のお悩み相談【事前予約】受付中!【無料招待券】プレゼント!

■□【ご案内】
  雑誌投稿記事一覧
~ 様々な業界紙のTLV投稿記事が閲覧できます ~
↓「スチームトラップ不良の予兆検知」「蒸気システム設計方法」等記事多数

★ トピックス(「蒸気設備のトラブル」記事公開)
★ TLVサイト会員ページ・ダウンロードデータ更新情報
★ 編集後記(レデューサーの取り付け方が逆?読者様からのご質問)

==================================================================


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【補助金】平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金
┃     (経済性を重視した二酸化炭素削減対策支援事業)
┃   ~ 「二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業」のご案内 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 事業(補助金)の概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1.事業概要

「二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業」(以下CO2削減ポテンシャル診断
事業)は、プロの診断機関が、エネルギー計測等を行い、設備の運用状況を
踏まえ、CO2削減や節電等のために有効な運用改善や設備導入の具体的な対策
を提案。対策実施に係るコストやCO2削減効果の試算も行う。

2.公募期間 : 平成30年5月1日(火)から平成30年6月29日(金)まで

3.採択予定 : 1000社程度(先着順)

4.補助金額 :[受診事業所の規模(年間CO2排出量)][上限額(税別)]
         50t以上 3,000t未満       :90万~110万円*

         *エネルギーの計測範囲によって変わります。

本事業は、診断そのものに対する助成です。事業所単位で助成を受けること
ができます。1法人3事業所まで応募可能です。
但し、過去に「CO2削減ポテンシャル診断事業」を受けている事業所は応募
することができません。同じ会社(事業者)でも過去に受診した事業所とは
別の事業所であれば応募することができます。

詳細は、事務局である一般社団法人低炭素エネルギー技術事業組合
ホームページをご参照ください。
http://lcep.jp/h30/potential/koubo.html


◆ TLVも『プロの診断機関』に採択
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この制度を利用して診断を受ける事業所は、事務局が公開する診断機関リスト
から診断機関を選定して申し込むことができます。

特に以下の診断を希望される場合は、是非TLVをご指名ください。

 - 蒸気設備診断     :蒸気ロス、廃熱回収ポテンシャル発見
 - スチームトラップ診断 :蒸気ロス発見
 - 熱画像診断      :熱ロス、配電盤等の過熱、電気機器過熱発見
 - 圧縮空気リーク診断  :空気圧縮機動力ロス発見
 - 各種ガスリーク診断  :圧縮機動力ロス、貯蔵用電力ロス発見


◆ 公募期間の終了迫る
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
公募期間は6月29日までとなっており、あまり時間がありません。
診断実施期間は2018年12月28日までですので、実施予定が数ヶ月先でも
応募することができます。

多くの補助金事業と同様、採択は先着順ですので、診断をご検討中で
本補助金の利用を希望される方は、是非お早目にお申し込みください。
http://lcep.jp/h30/potential/koubo.html


※申請に関するお問合せ・ご相談はこちら↓
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=M099


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ FOOMA JAPAN 2018国際食品工業展(2018年6月12日~15日)出展のご案内
□ 「蒸気のお悩み相談所」開設!~ 素早いお悩み解決の裏ワザとは? ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 概要
 ̄ ̄ ̄ ̄
TLVは、アジア最大級「食の技術」の総合トレードショー
「FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展」(一般社団法人日本食品機械工業会
主催)に出展します。

TLVブースでは「蒸気のことならTLV ~お悩み解決のアイデア、あります~」
をテーマに、今年もお客様の蒸気に関する相談窓口「技術110番」を
【蒸気のお悩み相談所】として、TLVブースに出張設置します!

 「蒸気の使用量を減らしたい」
 「昇温が遅くて、品質や工程に影響が・・・」
 「蒸気のサビのせいでフィルターがすぐ詰まる」
 「昇温が遅いから品質や工程に影響が・・・」
 「タンクのお湯のせいで作業場が暑い!」

などなど、現場の様々なお悩みをお聞かせください。
もちろんご相談は無料。TLV製品を利用されていないお客様も大歓迎。
いつも本社でご相談をお受けしている技術110番のスタッフが常駐して
お客様のお悩みをお聞きし、解決に向けたご提案をします。

----------------------------------------------------------------------
◆ 会 場:東京ビッグサイト[TLVブースNo.7N-05(東7ホール)]
◆ 期 間:2018年6月12日(火)~6月15日(金)
◆ 時 間:10:00~17:00
◆ 入場料:1,000円(税込)  ※招待券持参の方は無料※
----------------------------------------------------------------------


▼ スピーディーなお悩み解決、詳細な回答が受けられる裏ワザ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼▼▼ お悩み相談 事前受付中! ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

お悩み相談のご相談内容の事前受付【招待券付き】はこちら↓↓↓
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=M031&em=&rus=1

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

よりスピーディーなお悩み解決、詳細な回答をお望みの方には、
事前にご相談内容をご連絡いただく【お悩み相談 事前受付】が便利です。

 - 事前にご相談内容をお聞きするため、当日は一般的なご回答から一歩
   進んだ、より現場に合った個別の解決方法を詳しくご説明します。

 - お申込いただいた方には、入場料(当日券1,000円・税込)が無料になり
   当日スムーズにご入場いただける招待券をプレゼント致します。

 - ご相談内容の事前受付を希望される方は、ご相談内容を上記フォームで
   ご連絡ください。期間中、ブース内にてお名前とお悩み相談事前受付に
   お申込済みの旨お伝えいただくと、その場で詳細にご回答します。

   ※ご相談内容によっては当日その場での解決が難しい場合もあります。
   ※事前受付無しの当日のご相談も、もちろん大歓迎です!


▼ お悩みを解決するソリューションも多数展示!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このほか、ブース内では「蒸気のお悩み」を解決するソリューションも多数
展示しています。

■装置を早く立ち上げたい
 - スチームトラップ、バイパススチームトラップ、逆止弁

■異物混入を防ぎたい
 - 減圧弁、セパレーター、セパレーターフィルター

■食品に蒸気が直接触れる用途で使うため耐食性に優れた機器がほしい
 - 各種ステンレス製機器


是非、多くの方々のご来場をお待ちしております。

---------------------------------------------------------------------
展示内容の詳細、お悩み相談の事前受付、事前来場登録はこちら↓
https://www.tlv.com/news/newsj/news2018_05_01.html
---------------------------------------------------------------------

---->ENEX2018公式サイトはこちら↓
https://www.foomajapan.jp/2018/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【ご案内】雑誌投稿記事一覧
┃ ~ 様々な業界紙のTLV投稿記事が閲覧できます ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご存知ですか?TLVサイトの「雑誌投稿記事一覧」。

TLVがこれまでに業界誌・専門誌に投稿してきた記事の中から、特に皆様の
ご参考になると思われる、以下のような記事を抜粋して掲載しています。

 - スチームトラップのモニタリング、不良の予兆検知とスマート化の記事
 - スチームトラップの選定に関する記事
 - 配管の注意点についてまとめた記事
 - 蒸気システムの設計方法、最適化や診断に関する記事
 - 回転機械の芯出し、ガス体のリーク検出などメンテナンスに関する記事

幅広い業界の専門誌に、それぞれ特に重要なポイントを分かりやすく記事に
まとめて掲載しています。ご興味をお持ちの分野の解説記事もあるかもしれ
ませんので、是非一度のぞいてみて下さい!


------>>雑誌投稿記事一覧はこちら↓
https://www.tlv.com/ja/articles/articles_index.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ トピックス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆住宅地に建つ電子機器工場から、真夜中に響く騒音の原因とは?
 「もっと知りたい蒸気のお話」に「蒸気設備のトラブル3(住宅街の騒音
 -安全弁編)」を追加しました。
https://www.tlv.com/ja/steam_story/1804safety-valve-trouble.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ TLVサイト会員ページ・ダウンロードデータ更新情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

TLVサイト会員ページで公開しているCADデータ(外観図)、取扱説明書の
更新情報をお知らせ致します。

☆今月の更新はありません

※TLVサイト会員ページでは、CADデータ(外観図)・取扱説明書のダウン
 ロードができます。会員登録・ご利用は無料です。ログインはこちら↓
https://www.tlv.com/ja/download/login.php


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきありがとうございます。

前回に続き、『もっと知りたい蒸気のお話』にいただいた読者さまからの
ご質問にお答えします。
「機器選定と配管サイズ」という記事に対するご質問です。
https://www.tlv.com/ja/steam_story/0512haikan_size.html

【ご質問】

:レデューサの図で一般的な取り付けはフラットが上で、レデュース部が下
 だと思っていましたが・・・(図ではレデュース部が上でフラットが下)
 理由があれば教えてください。
 https://www.tlv.com/ja/steam_story/0512haikan_size.html#cont02

【ご回答】

:異径継手(レデューサー)を使用して配管を接続する場合、フラットな方
 を上にしてレデュース部を下にして接続してしまうと、下に溜まったドレン
 がレデュース部から先に流れず、配管内に溜まってしまうという問題が起
 こります。

 これを避けるために、フラットな方を下、レデュース部を上にして配管を
 接続するようお勧めしています。


もっと知りたい蒸気のお話やメールマガジンの記事などを見て、
何かご質問やご要望がございましたら、以下からお気軽にお寄せください。
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=M099

※尚、もっと知りたい蒸気のお話の「ご感想フォーム」は
 無記名式のため、ご質問をいただいてもご回答できません。
 ご質問は上記の「お問い合わせフォーム」からお寄せください。


次回のメールマガジンは6月26日頃の予定です。どうぞお楽しみに。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆TLVのメールマガジンは『蒸気と省エネ』だけではありません!
『保全と検査メールマガジン』の概要・バックファイル・ご登録はこちら
https://www.tlv.com/ja/mail_magazine/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━