1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2019年のTLV蒸気と省エネメールマガジン
  4. 2019/01/29 Vol.185

TLV蒸気と省エネメールマガジン

2019/01/29 Vol.185

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■ TLVメールマガジン Vol.185

■   ~ 蒸気を通して省エネ・環境を考える ~

■   2019年1月29日 株式会社テイエルブイ http://www.tlv.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月は、新商品の小型壁掛け式給湯器 SQ-C01をご紹介します。
SQ-C01は20号級と蒸気式温水器スチームアクアシリーズの最小機種で、
他のラインアップ同様「水道法基準適合品」ですので、飲用適な温水を
安心して仕込みや洗浄などにご使用いただけます。

トピックスでご紹介しているENEX展(1月30日から2月1日に東京で開催)では
いち早くSQ-C01の実機をご覧いただけますので、こちらも合せてチェックして
ください。

連載記事では、時々ご質問を受ける「湯気と蒸気の違い」を解説します。
では、最後までご覧ください。


▼ INDEX ▼
===================================================================

■□【新製品】
   必要な場所で必要なときにお湯が使える!水道法基準適合で安心
~ 小型壁掛けタイプ・間接加熱方式の湯沸かし器 ~
↓<動画で紹介>20号級のスチームアクア登場!仕込み・洗浄・手洗いに

■□【連 載】
  もっと知りたい蒸気のお話
~ 湯気と蒸気 ~
↓湯気と蒸気の違いとは?湯気とフラッシュ蒸気を詳しく解説


★ トピックス(ENEX2019出展情報/タイに現地法人設立)
★ TLVサイト会員ページ・ダウンロードデータ更新情報
★ 編集後記(寒波)

==================================================================


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【新製品】必要な場所で必要なときにお湯が使える!水道法基準適合で安心
┃  ~ 小型壁掛けタイプ・間接加熱方式の湯沸かし器 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 電気ガス不要の蒸気式温水器 間接加熱方式で安全・安心
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
製造現場では手洗いや器具の洗浄にちょっとお湯が欲しいことがあります。
温水のメインルートから離れている、ガス配管が来ていないからガスだきも
ダメ、100V電源では力不足・・・。

そんな場所でも蒸気式温水器なら、水と蒸気があれば温水の生成が可能です。

蒸気と水で温水を生成する簡単な方法は直接混合することで、実際多くの
現場で採用されています。しかしこの方法だと、蒸気によって持ち込まれた
配管の錆やスケールが混入したり、水圧変動で想定外の高温水が出てしまった
りする可能性があります。

これらの問題を解決できるのが、間接加熱方式の蒸気式温水器です。蒸気と
混ざらないため水質が悪化せず、蒸気吹き出し等の危険もなく安全です。


▼ 温水器が詰まって温度があがらなくなる問題を解決
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「蒸気式の小型温水器は使ったことがあるけど、短期間で(熱交換器の
 詰まりにより)温度が上がらなくなって・・・」

という声もお聞きします。
従来の蒸気式小型温水器で多く使われていたプレート式熱交換器はプレート
間の隙間が狭く、錆びや析出したシリカなどが詰まりやすいという難点が
ありました。この問題を大幅に低減したものが、流路が広く詰まりにくい
スパイラルチューブ式熱交換器を採用した温水器です。


▼ 水道法基準適合品で手洗い・洗浄・仕込みに使えるスチームアクア
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
間接加熱方式で、スパイラルチューブ熱交換器採用の蒸気式温水器が
TLVのSteamAqua(スチームアクア)です。

2008年の発売開始以来、蒸気加熱方式の利点を最大限に引き出しつつ、
安全性や使い勝手の良さを徹底追及。水道法基準適合の認定を取得し、
安心して仕込み・手洗い・洗浄などにご使用いただけるとご好評いただいて
います。

今回このSteamAquaに、新たにシリーズ最小機種SQ-C01型が誕生しました。
20号級の壁掛け式・小型タイプですので、必要な時に必要な場所で
使う分だけお湯を作る用途に最適です。
https://www.tlv.com/ja/products/230000/p230000-sq-c01/

※蒸気式温水製造ユニットSteamAquaシリーズはこちら↓
https://www.tlv.com/ja/products/230000/

▼ SQ-C01はクリーンな温水・やけどを防止・長寿命!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■水道法基準適合品のため飲用適でクリーンな温水

 熱交換器を介して水を加熱する間接加熱方式のため、水と蒸気は混じり合う
 ことがありません。水道法基準に適合し仕込みなどにも安心して使えます。
 水道への直結も可能です。

■やけどを防止し労災対策

 間接加熱方式では水系統にトラブルが発生した際でも、直接混合方式の
 ように温水出口から蒸気が噴き出すことがありません。更に、熱交換器で
 生成した温水に、2段階で水を混合して適温に調整する方式のため、
 異常高温水が吐出される危険性が大幅に低下。安全にご使用いただけます。

■詰まりに強い熱交換器を採用し長寿命

 従来の小型熱交換器は短期間で伝熱面の汚れや詰まりが発生しやすくメンテナ
 ンスが課題でした。SQ-C01の熱交換器部には直管のスパイラルチューブを採用
 することで、伝熱面の汚れや詰まりの問題を低減します。


▼ SQ-C01のその他の特長
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
使いやすさと安全性を担保するためのハードウェアは、フィールドテストを
通じお客さまの声を取り入れて設計しました。

■直感的な操作で使いやすくミスを排除

 温水温度の調整は内蔵の温度計を見ながら大きな温度調整ダイヤルを回す
 だけ。家庭用瞬間湯沸かし器と同様の直感的な操作です。

■電気や圧縮空気など動力不要

 蒸気と水だけで必要な温度の温水を得ることができます。

■設置しやすい

 本体内に蒸気用減圧弁を内蔵しているので、供給される蒸気圧力が0.7MPaG
 以下なら、新たに減圧弁を用意しなくてもそのまま接続できます。
 圧力計も内蔵していますので、蒸気圧力調整も簡単です。
 減圧弁、圧力計が不要な分、省スペースが図れます。

■壁掛け方式

 架台不要です。4本のボルトで取付可能な壁掛け方式で、簡単に設置でき
 ます。水と蒸気の配管も上面下面側面への接続のため、壁面には取り付け用
 のボルト穴だけをあければOKです。

■衛生面でも安心なステンレス製カバーとフレーム

 カバーだけでなくフレームもステンレス製。水系統と蒸気系統の両系統とも
 ステンレス管やステンレス製機器を多数使用しており、水気や湿気が多い
 箇所に設置しても錆が発生しにくく衛生面でも安心です。


製造現場だけでなく工場内の洗面所や更衣室などでもご活用いただけます。
ご興味をお持ちの方は、以下からお気軽にお問い合わせください。
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=H081


------>>動画で紹介!蒸気式小型・壁掛け式温水器 SQ-C01の詳細はこちら
https://www.tlv.com/ja/products/230000/p230000-sq-c01/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(彡(彡)彡)【連載】もっと知りたい蒸気のお話
┃ (彡(彡) ~ 湯気と蒸気 ~
┗━(彡)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第150話━━

蒸気のお話には、フラッシュ蒸気や湯気について説明した記事がいくつかあり
ます。それだけ皆さんが興味をお持ちのテーマだと言えるかもしれません。

湯気は“湯気になる前は蒸気”であることが通常です。
つまり(液体の)水→蒸気→湯気と変遷するのですが、日常的には、特に会話
レベルでは湯気と蒸気はしばしば混同されています。

特に、湯気をスチームトラップの蒸気漏れと誤認されることもあるため、
「トラップからの湯気」の記事でも冒頭で違いを明確に説明しています。

湯気と蒸気は違うとは言っても、湯気の成り立ちからすると、湯気が上がって
いる箇所は蒸気が存在している、または、存在していた場所。
そこは省エネのポテンシャルがある場所と言えるでしょう。

実際に蒸気のお話の中にも「蒸気のモヤモヤ(湯気)と(蒸気の)廃熱回収」
という記事があるくらいです。
https://www.tlv.com/ja/steam-info/steam-theory/energy-saving/1712moyamoya-of-steam/

冬場は夏場に比べて湯気が目立ちやすくなりますので再確認の良い機会です。
省エネ月間の2月を控えて、湯気と蒸気について今一度以下を記事で整理して
おくのはいかがでしょうか。


・・・「トラップからの湯気」に関する説明は以下をご覧ください
https://www.tlv.com/ja/steam-info/steam-theory/steam-basis/0502flash-steam/

・・・「フラッシュ蒸気」の解説は以下をご覧ください
https://www.tlv.com/ja/steam-info/steam-theory/steam-basis/0708flash-steam2/

----------------------------------------------------------------------
こちらもオススメ!! ▼▼廃蒸気を回収・再利用して湯気も消す▼▼
棄てている蒸気を熱回収して省エネ・環境改善!廃蒸気熱交換器
https://www.tlv.com/ja/products/160000/p160300/
----------------------------------------------------------------------


☆今月の蒸気のお話はいかがでしたか?

 今回の記事について、参考になった/ならなかった、今後こんな内容を
 取り上げて欲しいなど、皆様のご感想をお待ちしております!
https://www.tlv.com/ja/enquete/enquete_form.php?id=S001&ss_topic=6


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ トピックス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆1月30日(水)~2月1日(金)東京ビッグサイトで開催される、
 「第43回地球環境とエネルギーの調和展 ENEX2019」に出展します。
https://www.tlv.com/ja/news/news/news2019_01_02/

☆タイに現地法人「TLV Private Limited」を設立しました。
https://www.tlv.com/ja/news/news/news2018_12_01/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ TLVサイト会員ページ・ダウンロードデータ更新情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

TLVサイト会員ページで公開しているCADデータ(外観図)、取扱説明書の
更新情報をお知らせ致します。

☆取扱説明書(和文)を新規公開しました
 SQ-C01

※TLVサイト会員ページでは、CADデータ(外観図)・取扱説明書のダウン
 ロードができます。会員登録・ご利用は無料です。ログインはこちら↓
https://www.tlv.com/ja/download/login.php


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきありがとうございます。

この年末年始は寒波が到来し、交通機関も混乱したところが多かったよう
です。帰省や旅行などで影響を受けた方もおられるのではないでしょうか。

私自身も新千歳空港で足止めされ、関西に戻るのが数日遅れてしまいました。
小さな子供連れだったこともあり、人混みの中で帰りの便の手続きをするの
に大変な思いもしましたが、周りの方が空席の情報を教えてくださったり、
帰りの電車では子供に席を譲っていただいたりと、見知らぬ人の温かい厚意
に触れることができ、これはこれで良い経験となりました。

北日本はその後も暴風雪などの悪天候が続いています。
早く厳しい寒さも収まり、暖かな気候になって欲しいものですね。


次回のメールマガジンは2月26日頃の予定です。どうぞお楽しみに。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆TLVのメールマガジンは『蒸気と省エネ』だけではありません!
『保全と検査メールマガジン』の概要・バックファイル・ご登録はこちら
https://www.tlv.com/ja/mail-magazine/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━