2020/10/27 Vol.206 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2020年のTLV蒸気と省エネメールマガジン
  4. 2020/10/27 Vol.206

TLV蒸気と省エネメールマガジン

2020/10/27 Vol.206

2020年10月27日配信 Vol.206

TLVメールマガジン 蒸気のことならTLV



朝夕寒くなってきました。毎年この時期になると目立ってくる蒸気のモヤモヤ。回収してエネルギーとして利用するには、いくつかの方法があります。

今月は廃熱回収(ドレン回収廃蒸気回収)の主な方法を5つご紹介。「気になるモヤモヤがある」「もったいないから再利用したい」という方は、どの方法が最適か是非ご覧ください。

その他、先月スタートしご好評いただいている無料オンライン相談をご紹介します。オンラインでのご相談、リモート現場診断、オンラインデモなどお気軽にお申込みください。


 自社に合う廃熱回収方法はどれ?
  ドレン回収・廃蒸気回収方法の違いを解説

廃熱回収
 
蒸気系統の廃熱回収とは、熱と水(ドレン)を有効に再利用することです。
ドレン回収廃蒸気回収といっても、その方法には多くのバリエーションがあります。
以下では、主なものとして5種類のドレン回収・廃蒸気回収の方法と特徴をご紹介します。

1.最も手軽!ボイラー給水タンクへの回収

ボイラー給水タンクへのオープン回収です。パワートラップという電気不要のメカニカルポンプを使用し、複数個所のドレンを集合して圧送します。

2.高効率!ボイラーへのクローズド回収

電動機を用いて高温ドレンをボイラーに直接回収するドレン回収ポンプ CP-Nを使用して、ドレンをクローズド回収します。
高揚程、高耐温でボイラー、脱気器などへ直接クローズド回収すれば、ボイラー燃料費削減、省エネ、水資源の確保、排水の総量規制対策などに効果があります。

3.フラッシュ蒸気を再利用

無駄に捨てられる高圧ドレンをフラッシュタンク FVシリーズを使って再蒸発させ、低圧蒸気として再利用します。

4.廃蒸気の熱を温水として熱回収

廃蒸気の熱を廃蒸気熱交換器 SRを使って温水として熱回収して利用します。
熱エネルギーを生産物の予洗水や予熱、洗浄水に利用できるほか、湯気を屋内で処理できるので排気ダクトや配管設置も不要となります。

5.ボイラー連続ブロー水の熱を回収

ボイラー連続ブロー水の熱を廃高温水熱交換器 SR-Bを使って回収し、ボイラー給水昇温に利用します。燃料費削減、省エネ効果に加えて湯気消しの効果もあり、ボイラーブロー水以外にも、加硫缶やオートクレーブなどから排出されるフラッシュ蒸気混じりの廃高温水をまるごと回収して温水に熱交換することも可能です。


このように手軽に回収できるものから、高効率なもの、フラッシュ蒸気を回収するものまでそれぞれ特徴がありますので、プラントの環境に合わせてお選びください。
廃熱回収に関するご質問・ご相談はこちらからお問い合わせください
 
ドレン回収の詳細はこちら >
 
廃蒸気回収の詳細はこちら >


 【NEW】無料オンライン相談でお悩みを即解決!
 リモート現場診断・オンラインデモも承ります

 
無料オンライン相談   簡単にご訪問することができなくなった今だからこそ、無料オンライン相談『オンライン蒸気のお悩み相談所』を開設しました。
蒸気のスペシャリストが、お客様のご要望に応じて以下にご対応します。

・蒸気のお悩みやお困りごとのご相談
・機器を貸し出してのリモート現場診断
・オンラインデモ


また、状況によってはご希望に応じた現場訪問も可能です(コロナウィルス感染防止対策をした上で入場します)。
 
ご相談の流れは以下の3ステップ。
 
1.お申込み :まずは下記の「お申込みはこちら」からお申込み
2.メールによるご連絡 :ご相談内容の確認及びご相談日の調整
3.当日のログイン :メールでお知らせするURLからログイン

お申込みいただいた後、担当者よりご連絡し相談日を調整しますので、お気軽にお申込みください。
 


 TLVサイト会員・ダウンロードデータ更新情報

TLVサイト会員ページで公開しているCADデータ(外観図)、取扱説明書の
更新情報をお知らせ致します。
 

  COS-3/COS-16/COS-21
 
   取扱説明書(和文)を修正

  SR-3/SR-8
  SR-B1.5/SR-B4

   取扱説明書(英文)を修正
 

※TLVサイト会員ページでは、CADデータ(外観図)・取扱説明書のダウン
 ロードができます。会員登録・ご利用は無料です。ログインはこち