1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2015年のTLV・TTS保全と検査メールマガジン
  4. 2015/09/15 Vol.22

TLV・TTS保全と検査メールマガジン

2015/09/15 Vol.22

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□□□  TLV・TTSメールマガジン Vol.22
□ ~ 保全と検査に革新を ~ 2015年09月15日
株式会社テイエルブイ http://www.tlv.com/ 
有限会社ティティエス http://www.tts-inspection.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

老朽化が進んだプラントの設備管理は、頭の痛い問題ですね。
対象範囲が広く、全ての詳細検査をするにはコストも時間もかかります。

それなら、外観目視で問題のあるところを詳細検査すればいい?

いいえ。それではトラブルを回避することはできません。
断熱・保温材の上から外観目視検査をした場合、実際に管自体に損傷が
あるものは10~20%という、非常に低い確率なのです。
逆に、外観上問題がなくても、腐食による漏れが発生している例もあります。

その解決策として、ここでは「スクリーニング検査」をご紹介。
その技術と“誤解”、そして有効性を詳しくご説明しています。

他には、新たに販売を開始したベアリングヒーターをご紹介します。
回転機ベアリングの焼きばめに、素早く安全・クリーンな加熱ができ、
軽くて持ち運びしやすいポータブルタイプ。追加の1台にいかがですか?

ではメールマガジン本文をご覧ください。


▽ INDEX ▽
==================================================================

□■【腐食検査】
  ヒット率わずか10~20%? 外観目視検査のリスク
 ~ 老朽化したプラントの信頼性・安全性を向上させるスクリーニング ~

  ↓配管の腐食などによる減肉を網羅的に検査するスクリーニング技術
  ↓金属設備の腐食を付帯工事や前処理なく検査するスクリーニング技術

□■【NEW】
  ベアリングの焼きばめが手軽で安全、スピーディー
 ~ ベアリングヒーター EDDYTHERM Portable(エディサームポータブル)
  ↓1分半でベアリングを110℃に加熱するビデオ映像はこちら

☆ 編集後記

==================================================================


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□【腐食検査】ヒット率わずか10~20%? 外観目視検査のリスク
┃~老朽化したプラントの信頼性・安全性を向上させるスクリーニング検査~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽ プラントを経年劣化から守る、網羅性と継続性の高い検査
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
近年、プラントでは設備や機器の経年劣化によるトラブルが、ますます顕在化
してきています。それに伴い、プラントの健全性を担保するために、検査を
しなければならない箇所も年々増加しています。

老朽化によるトラブルが一度発生すると、類似箇所の検査の優先度が上がり、
本来見なければならない箇所の検査が後手後手となってしまった結果、別の
トラブルが発生するなど、悪循環に陥る場合もあります。

膨大な検査対象に対し、限られた予算の中でいかに検査の網羅性と継続性を
上げていくかが、現在のプラントメンテナンスの大きな課題と言えます。


▽ 外観目視検査の落とし穴
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
検査の網羅性を上げる目的で、一次検査として“外観目視”がしばしば用い
られます

外観目視とは、断熱・保温が施工されている機器や配管等で、表面板金の
劣化・損傷箇所を観察、確認し、異常箇所では断熱・保温下の管自体に腐食
が発生しているのではないかと推測するものです。

しかし、外観目視による腐食箇所発見のヒット率は、一般的に10~20%程度に
とどまると言われています。

これは、実際には断熱・保温表面の腐食状態と、その下にある管自体の状態
とが必ずしも一致しないためです。

その結果、本来必要のない詳細検査のための、無駄な断熱・保温の解体復旧
工事が発生してしまうことにも繋がり、余計なコストを生んでいます。
また、外観目視では異常が見られない箇所からの漏洩トラブルも、多く発生
しています。

外観目視検査では、かける工数やコストの割に、本当の意味での検査の網羅性
は上がらず、トラブル発生リスクを低減することはできません。


▽ 広範囲を網羅的に一次検査できるスクリーニング検査
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
設備・配管の健全性を網羅的に確認するには、やはり何らかの検査技術を導入
する必要があります。

そこで今脚光を浴びつつあるのが、精密検査が必要な問題箇所をあぶり出す
ためのスクリーニング検査の概念と、その検査技術です。

スクリーニング検査では、リスクの高い腐食(激しい減肉)の有無や、
腐食の大まかな位置、腐食の傾向を捉えることができます。

断熱・保温解体や足場設置などの付帯工事を最小限にしつつ、できる限り
カバー率を上げて広範囲を検査することが可能なため、老朽化した広範な
プラントの一次検査にも最適です。


▽ スクリーニング検査技術の“誤解”と有効性
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
過去からも、スクリーニング検査技術自体は存在し、海外では幅広く活用され
てきましたが、国内では検査技術に対する理解が不十分だったこともあり、
あまり定着しませんでした。

スクリーニング検査は、精密検査が必要な箇所を見つける一次検査に適した
技術で、微細な腐食の発見や腐食位置の細かな特定には不向きです。

これに対し、過去国内ではスクリーニング検査であるにも関わらず、微細な
ものを含むありとあらゆる腐食の発見をスクリーニング検査に求めた結果、
利用が制限されてしまった経緯があります。

しかし、以下のように、広範囲な検査の網羅性を上げる解決策が無い状況で、
ようやくスクリーニングによる一次検査の有効性が国内でも理解され始め、
採用実績が増えてきています。

 【外観目視による一次検査】トラブルは減少せず網羅性が上がらない
 【詳細検査で全範囲を検査】費用と検査期間の点から網羅性が上がらない

     ▼
     ▼
     ▼ 解決策

 【スクリーニングによる一次検査】網羅性が高くトラブルも減少


TTSでは、スクリーニング検査技術である、ガイド波配管検査は2000年から、
パルス渦流探傷検査は2006年から国内でサービスを提供しており、
十分な経験とノウハウを蓄積しています。

プラントの信頼性・安全性向上のためのスクリーニング検査について、
検討される方は以下からお問い合わせください。
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=TTSJ


------>>配管の腐食などによる減肉を網羅的に検査するスクリーニング技術
     『ガイド波配管検査』の詳細はこちら↓
http://www.tts-inspection.com/ja/inspection/haikan_sindan01.html

------>>金属腐食を付帯工事や前処理なく検査するスクリーニング技術
     『パルス渦流探傷検査 PEC』の詳細はこちら↓
http://www.tts-inspection.com/ja/inspection/pec01.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□【NEW】ベアリングの焼きばめが手軽で安全、スピーディー
┃~ ベアリングヒーター EDDYTHERM Portable(エディサームポータブル)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽ 1分半でベアリングを110℃に加熱
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ポンプや電動機など、回転機器のオーバーホールの際に行うベアリング交換。
新しいベアリングを回転軸に取り付ける際に、多く用いられる方法が焼きばめ
です。

焼きばめとは、ベアリングを熱することで内径を膨張させて回転軸にはめこ
み、熱が冷めて内径が収縮するとベアリングが確実に固定される、という
取り付け方法です。

焼きばめを行うには、オイルやバーナーなどで熱する方法もありますが、
それではベアリングが汚れたり、火気を扱うため危険を伴ったりするほか、
加熱も不均一になります。

その点、ベアリングヒーター EDDYTHERM Portable(エディサームポータ
ブル)なら、火気を使わず安全でベアリングを汚すこともありません。

20℃から110℃への加熱時間は約1分半とスピーディーで、加熱も均一。
3.5kgと軽量で持ち運びしやすく、現場作業にも最適です。


▽ なぜ焼きばめ?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
なぜ、わざわざベアリングを熱膨張させて固定する、焼きばめが必要なので
しょうか。

ベアリングを軸にうまく取り付けられるかどうかは、ベアリングの寿命などに
大きく影響します。代表的な取り付け方法に、圧入と焼きばめがあります。

圧入は、ハンマーや油圧プレスなどを用いてベアリングに軸を“押し込み”
ます。この方法では、ベアリングの内輪と軸受レースの内面を損傷する危険性
があります。

一方、焼きばめは、熱膨張したルーズな状態で取り付けるため、ベアリングに
外部から無理な力がかかりません。
ベアリングを傷めることなく、素早く作業することができます。


▽ エディサームポータブルの特徴
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ベアリングヒーター エディサームポータブルは、内蔵コイルによる電磁誘導
でベアリング内に誘導電流を流し、その抵抗で加熱する電磁誘導加熱方式。

電磁誘導加熱方式は、近年IH調理器として家庭でもおなじみの方式で、
使い方もIH調理器と同様にベアリングを載せてスイッチを入れるだけです。

オイルや火気を使用しないため、安全かつ清潔な作業が可能で、挿入後の清掃
も不要なため時間とコストを節約できます。

均一加熱で、局部的な加熱、過加熱によるベアリング損傷の心配がなく、
ベアリングの寿命を大幅に延ばすことができるほか、以下の特徴があります。

 - ワークショップや現場での使用に最適な高耐久性
 - 保護手袋をしたまま扱える安全・簡単操作
 - 過加熱防止機能、自動脱磁機能で安全安心
 - 自重10kgまでのベアリングに対応
 - 重さ3.5kgと軽量、ヨークサポートも無くコンパクトだから持ち運びが楽
 - 100V対応でどこでも使用可

安全、清潔、スピード作業をお望みの方、あらゆる現場に持ち込んで使いたい
方などに最適!製品にご興味のある方は、是非お問い合わせください。
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=TTSJ


----->>エディサームポータブルのビデオ画像など詳細はこちら↓
http://www.tlv.com/ja/catalog/eddy_therm.html


---------------------------------------------------------------------
▼▼ レーザーアライメントの小冊子無料プレゼント中!▼▼
「回転機故障の○割にミスアライメントが影響」など具体的データ満載!
レーザー式軸芯出し器の適用事例やユーザーの声も掲載しています
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=M019
---------------------------------------------------------------------


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきありがとうございます。

先週の大雨では、各地に大きな被害が出ました。
被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

当社製品でお困りのことや、当社の計測・診断サービスで何か
お手伝いできることがございましたらいつでもご相談ください。

   技術110番(Tel.079-422-8833 24時間受付)


次号の『保全と検査』メールマガジンは11月に発行する予定です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━