1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2016年のTLV・TTS保全と検査メールマガジン
  4. 2016/06/14 Vol.27

TLV・TTS保全と検査メールマガジン

2016/06/14 Vol.27

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□□□  TLV・TTSメールマガジン Vol.27
□ ~ 保全と検査に革新を ~ 2016年06月14日
株式会社テイエルブイ http://www.tlv.com/ 
有限会社ティティエス http://www.tts-inspection.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今号では『プラントメンテナンスショー2016』出展のご案内をお送りします。

同展は、工場の設備管理・保全技術の国内唯一の専門展示会です。
今年もTLV、TTS、プルーフテクニック社の3社共同出展で、最新のメンテ
ナンス機器を多数取り揃えて、皆様のご来場をお待ちしております。

もう1つの記事では近年、高圧ガス設備の耐震設計基準の見直し等もあり
急増している、球形タンク脚柱の腐食検査をご紹介します。パルス渦流を
用いた金属腐食検査(PEC)はプラントメンテナンスショーにも展示します。

付帯工事不要で、球形タンクの脚柱の腐食検査がコスト4分の1、工期5分の1
になった事例もご紹介していますので、合わせてご覧ください。


▽ INDEX ▽
==================================================================

□■【出展案内】
  プラントメンテナンスショー2016 出展のご案内
 ~ 安心をずっと。世界標準のメンテナンステクノロジー ~
  ↓7月20日~7月22日に東京ビッグサイトで開催

□■【連  載】
  コストダウンに繋がるメンテナンス
 ~ 高圧ガスを貯蔵する球形タンクの脚柱検査 ~
  ↓石油化学工場様事例●タンク脚柱の腐食検査がコスト1/4、工期1/5

☆ トピックス(レーザー式軸芯出し器操作ガイドの動画公開)
☆ 編集後記 (金属腐食検査500本)

==================================================================


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□【出展案内】プラントメンテナンスショー2016 出展のご案内
┃ ~  安心をずっと。世界標準のメンテナンステクノロジー ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プラントメンテナンスショーは、予防保全・設備管理、モニタリング・診断、
メンテナンス、安全・防災等に関する製品やサービスが一堂に会する、
工場の設備管理・保全技術の国内唯一の専門展示会で、今年で40回目を迎え
ます。

TLVとTTSはこのプラントメンテナンスショーに出展し、今年もドイツにある
メンテナンスや測定機器の世界的なメーカー、プルーフテクニック社との
3社共同出展で新時代のメンテナンス技術をご紹介します。

ブースのテーマは「安心をずっと。世界標準のメンテナンステクノロジー」。

1972年の創業以来、先進的な技術でレーザー式軸芯出し器や振動計などを
開発してきたプルーフテクニック社と、その技術を日本に長年導入してきた
TLV、TTSの知見を結集。

アライメントをはじめとする各種測定、プラント設備診断に関する豊富な
ソリューションを展示しご紹介します。是非当社ブースへお越しください。


◆ 会 場: 東京ビッグサイト(東京国際展示場)東2ホール
      [ブースNo. 2D-18]

◆ 期 間: 2016年7月20日(水)~7月22日(金)

◆ 時 間: 10:00~17:00

◆ 入場料: 3,000円(税込)
      ※但し、公式サイトから来場者事前登録を行うと無料です

-------------------------------------------------------------------
展示内容の詳細及び、来場者事前登録はこちら↓
http://www.tlv.com/news/newsj/news2016_06_01.html
-------------------------------------------------------------------


◆ 展示内容(予定):

TTSがご提供する診断サービスをはじめ、それを支える技術をご紹介します。

 ◇ Shaft Alignment レーザー軸芯出し器
 http://www.tlv.com/ja/catalog/news23j.html

 ◇ Geometrical Alignment レーザー平面度(平坦度)計測器
 http://www.tlv.com/ja/catalog/levalign_expert.html

 ◇ SonicMan Survey 圧縮エア・ガスのリーク診断
 http://www.tts-inspection.com/ja/inspection/sonic_man01.html

 ◇ PEC(Pulsed Eddy Current) パルス渦流を用いた金属腐食検査
 http://www.tts-inspection.com/ja/inspection/pec01.html

 ◇ Guided Wave (Long Range UT) Inspection
   配管の腐食・減肉のスクリーニング検査
 http://www.tts-inspection.com/ja/inspection/haikan_sindan01.html

 ◇ EDDYTHERM Portable 電磁誘導によるベアリングヒーター
 http://www.tlv.com/ja/catalog/eddy_therm.html


------>>プラントメンテナンスショー2016展示内容の詳細はこちら↓
     来場者事前登録も行えます
http://www.tlv.com/news/newsj/news2016_06_01.html


※メンテナンス・レジリエンスTOKYO2016「プラントメンテナンスショー」
 公式サイトはこちら↓
http://www.jma.or.jp/mente/outline/plant.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□【連載】コストダウンに繋がるメンテナンス <その34>
┃  ~ 高圧ガスを貯蔵する球形タンクの脚柱検査 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

化学プラントには円筒形、角形、球形などさまざまな形状のタンクが設置され
ています。特に高圧ガスを取り扱うプラントで数多く見られるのが球形タンク
です。

近年、高圧ガス設備の耐震設計基準の見直し等もあり、この球形タンクの
脚柱検査のご要望が増えています。

実際に球形タンク脚柱の一部を検査したところ、腐食による減肉が発見され、
全ての脚柱の検査が必要になったというケースも多く、そのようなお客様から
のパルス渦流探傷検査 PEC(Pulsed Eddy Current)によるタンク脚柱検査の
ご依頼が急増しています。

PECによる脚柱検査には、次のような特長があります。

 - 足場の施工は最小限でOK
 - 耐火材の解体等も不要
 - 運転中に検査可能

このため、付帯工事費用を最小限に抑えられ、タンクの開放検査時期を
待つことなく運転中に検査を実施して、いつでも脚柱の健全性を評価する
ことが可能です。

以下のページでは、PECで球形タンク脚柱の検査をするメリットに加えて、

「なぜ球形タンク脚柱は腐食してしまうのか」
「腐食しやすい箇所はどこか」
「球形タンク脚柱が腐食するとどんな問題が起きるか」
「従来の脚柱検査の問題点とは何か」

などについて、イラストを用いて詳しくご説明しています。

---->>PECによる球形タンク脚柱検査の依頼が急増している理由はこちら↓
http://www.tts-inspection.com/ja/maintenance/1305maintenance_25j.html


☆合わせて読みたい!!●石油化学工場様 PEC事例●
タンク10基、94本の脚柱検査を総費用1/4、工期1/5で実現した事例はこちら!
http://www.tts-inspection.com/ja/inspection/pec07.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ トピックス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆レーザー軸芯出し器(ROTALIGN ULTRA iS)の基本操作を動画で解説した
 簡単操作ガイドを公開しました。
http://www.tlv.com/ja/catalog/news23j.html#cont05


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきありがとうございます。

2つ目の記事で、パルス渦流探傷検査 PEC(Pulsed Eddy Current)による
球形タンク脚柱検査をご紹介しました。

これまでPECにより、球形タンク脚柱の金属腐食検査を行った実績は、
延べ500本以上に上ります。

PECのサービスを開始した当初と比べると、現在は多くのノウハウを蓄積して
検査効率も向上しているのに加え、実績に基づき複数の検査メニューをご用意
し、お客様の予算等条件に合わせたご提案ができるようになりました。

また、更に性能を強化した新型PECによる検査も間もなくリリース予定です。
リリースの際には、改めてメールマガジン上でも紹介させていただきますので
ご期待ください。


では、次号の『保全と検査』メールマガジンもどうぞお楽しみに。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━