1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2016年のTLV・TTS保全と検査メールマガジン
  4. 2016/11/08 Vol.32

TLV・TTS保全と検査メールマガジン

2016/11/08 Vol.32

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□□□  TLV・TTSメールマガジン Vol.32
□ ~ 保全と検査に革新を ~ 2016年11月08日
株式会社テイエルブイ http://www.tlv.com/ 
有限会社ティティエス http://www.tts-inspection.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月は水力発電所で実施されている計測例をご紹介します。

水力発電所というとあまり馴染みがないようですが、各種フランジや、
減速機、発電機、タービンなどの周辺で、軸芯出し、ボア・平面度・レベル・
鉛直度等あらゆるデータが測定され、そこは正に最新の計測技術の宝庫です。
自社で行っている検査の参考に、発電所の計測の世界を是非ご覧ください。

連載記事では、日々多くのメンテナンス業務を行っている工事業者様の
軸芯出し事例をご紹介します。レーザー式の導入前と後で大きく変わったこと
とは?詳細は記事をご覧ください。


▽ INDEX ▽
==================================================================

□■【連  載】
  コストダウンに繋がるメンテナンス
 ~ 工事業者様にレーザー軸芯出し器が愛用される理由 ~
  ↓作業時間短縮・立ち合い確認不要・「レーザー」指名で他社と差別化!

□■【計測事例】
  最新のレーザーアライメント、ジオメトリカル計測技術が結集!
 ~ 水力発電のメンテナンスに活用される最新計測技術 ~
  ↓軸芯出し、ボア・平面度・レベル・鉛直度等あらゆるデータを測定

☆ 編集後記 (新メンバー紹介)

==================================================================


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□【連載】コストダウンに繋がるメンテナンス <その36>
┃  ~ 工事業者様にレーザー軸芯出し器が愛用される理由 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

工場設備で最も頻繁に整備されている設備にポンプがあります。
毎日どこかで計画的に、あるいは緊急でメカニカルシールやベアリングの
交換が行われ、芯出しされているポンプ。

この大量のポンプの整備を請け負っている工事業者様の、レーザー軸芯出し器
導入前と後を比較し、具体的にどれだけ作業効率が上がり、何時間の工数削減
が図れたかをご紹介します。

「計測すると同時に、自動的に修正量が分かるから作業時間短縮が可能」
「立会い確認も省略できて更に効率が良い」
「レーザー軸芯出し器の使用が他社との差別化になっている」

など、工事業者様の事例の詳細は以下をご覧ください。


---->>レーザー軸芯出し器導入前/後を比較!
    「工事業者様にレーザー軸芯出し器が愛用される理由」はこちら↓
http://www.tts-inspection.com/ja/maintenance/1006maintenance_20j.html


★★合わせて読みたい★★ 保守工数半減・整備工事件数1/3・残業ゼロ!
プラントオーナー様、工事業者様が連携して芯出し作業を見直した事例↓
http://www.tlv.com/ja/success_story/case_12.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□【計測事例】最新のレーザーアライメント、ジオメトリカル計測技術が結集
┃ ~ 水力発電のメンテナンスで活用される最新計測技術 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽ 水力発電の据え付け・メンテナンスで活躍する最新の計測技術
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
東日本大震災以降、水力発電・風力発電といった再生可能エネルギーに注目が
集まっています。

日本は山が多く、昔から水力発電システムが多く建設されています。
この水力発電機の建設やメンテナンスを行う様々な場面に、
レーザーアライメントや、平面度、レベル、ボア、鉛直度等を測定する
最新のジオメトリカル計測技術が活用されています。
以下に、実際に利用されている計測技術をご紹介します。


▽ 水力発電機の平面度・レベル測定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
水力発電機上部のスラストベアリングやインペラー、ウィケットゲートなど
各種パーツ組み込み時の平面度やレベル計測に、レーザー平面度計測器や
精密角度計が利用されています。

◆ レーザー平面度計測器 レバライン エキスパート
http://www.tts-inspection.com/ja/inspection/levalign01.html

【活用箇所】:スラストベアリングやインペラー、ウィケットゲート

◆ 精密角度計 インクリネオ
http://www.tlv.com/product_v2/product_070207.html

【活用箇所】:スラストベアリングやインペラー、ウィケットゲート


▽ 水力発電機の軸芯出し・ボア計測
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
タービンシャフトはベアリングで支えられています。ベアリング位置と
ケーシングのボア芯出しが適切に行われていないと、シャフトやインペラー
がケーシングに接触し、振動が発生する要因になります。

もちろん振動が大きいとベアリングにもダメージを与えます。

これを防ぐため、タービンのボア(内径)アライメントに、
レーザーボア芯出し器が利用されています。

また、水力発電機の横型タービン等では、蒸気タービンやガスタービン同様
レーザー軸芯出し器が活用されています。

◆ レーザーボア芯出し器 センターライン
http://www.tts-inspection.com/ja/inspection/turbine_room01.html

【活用箇所】:ベアリング、ケーシング通り芯

◆ レーザー軸芯出し器 ロータラインウルトラiS
http://www.tts-inspection.com/ja/inspection/kaitenki_alignment01.html

【活用箇所】:タービン・発電機間


▽ 水力発電機シャフトの鉛直性と振れ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
縦型タービンでは横型タービンのように重力によるシャフトのたわみを心配す
る必要がなく、鉛直性の確認ができていれば組み立てができます。
一方、当然ながら鉛直性の良し悪しはシャフトの振れ・振動に影響しますの
で、適切な鉛直性が保たれていることが重要です。
簡単かつ正確に鉛直性や振れの計測が可能な精密角度計が利用されています。

◆ 精密角度計 インクリネオ
http://www.tlv.com/product_v2/product_070207.html

【活用箇所】:タービンシャフト


このように、水力発電の据え付けやメンテナンスには、様々な計測技術が
利用されています。

また、これらの計測技術は、風力発電などの別の設備では異なった用途で
利用されており、1つの計測技術が工夫次第で様々な違った用途の測定に
活用できると言えます。

「こういう測定ができる計測器はないか?」など、現在お困りの設備が
ありましたら、お気軽にお問い合わせください。
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=TTSJ


---->>最新の計測技術が結集!軸芯出し、ボア・平面度・レベル・鉛直度等
    あらゆるデータを測定する、水力発電の計測例はこちら↓
http://www.tts-inspection.com/ja/inspection/levalign08.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきありがとうございます。

少し前に、ティティエス(TTS)に新メンバーが加わりました。
今月はまだ初々しいF君の自己紹介をお届けします。

 *** *** *** *** *** *** *** *** ****

はじめまして。私がTTSに入ってから3ヶ月が経ちました。
それまでは蒸気設備の診断業務をしていましたが、TTSではこれまでとは
また違う、エア・ガスリーク診断、PEC(パルス渦流探傷検査)を多く実施
しています。

私は現場に臨む際、お客様に満足いただける診断を心がけています。

「次回もFさんにぜひ来てもらいたい」

と言っていただいた時には、本当にこの仕事をやってきてよかったと強く
思いましたので、今後もより多くのお客様にそう感じていただけるよう
頑張っていきたいです。

まだまだ学ばないといけないことがたくさんあります。
少しでも早く「診断のプロ」になれるよう、日々努力していきます。

 *** *** *** *** *** *** *** *** ****


黒縁メガネがトレードマークのF君。
様々な現場で経験を重ね、「診断のプロ」としてお客様に頼られる
存在になるべく頑張ってほしいです。

では、次号の『保全と検査』メールマガジンもどうぞお楽しみに。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━