1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2018年のTLV・TTS保全と検査メールマガジン
  4. 2018/05/15 Vol.46

TLV・TTS保全と検査メールマガジン

2018/05/15 Vol.46

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□□□  TLV・TTSメールマガジン Vol.46
□ ~ 保全と検査に革新を ~ 2018年05月15日
株式会社テイエルブイ http://www.tlv.com/ 
有限会社ティティエス http://www.tts-inspection.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月は、振動測定や芯出しを簡単に行えるツールをご紹介します。
単なるツール紹介だけではなく、設備の振動測定例や芯出し適用例もご紹介。

例えば振動測定例では、ベアリング破損やボルトのゆるみ等の異常の兆候が
ファンのどこを測って何の値を見れば発見できるか、という表も掲載してい
ます。

回転機のメンテナンスに従事されている方は必見!
測定例、適用例とツールを合せてご覧ください。


▽ INDEX ▽
==================================================================

□■【振動管理】
  予防保全とCBM化で設備の安定稼働とメンテナンスコスト削減
 ~ 低速回転から対応!高機能ポータブル振動計 ~
  ↓●必見●振動測定はココを測ればOK!ファンの振動測定例

□■【芯出し】
  回転設備の芯出し作業を見直してメンテナンスコスト削減へ
 ~ 誰でも簡単!芯出し量、修正量を自動計算 レーザー式芯出し器 ~
  ↓具体的な効果のデータ掲載!業種別設備の芯出し適用例と効果

□■【芯出し】
  プーリーアライメント作業の改善で作業効率化と設備延命化!
 ~ 可視レーザーを用いたプーリーアライメント調整器 プラライン ~
  ↓●動画で解説●水糸(定規)とレーザー式でプーリー調整作業を比較

☆ 編集後記(仙台で省エネルギーセンター主催のセミナーに参加)

==================================================================


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□【振動管理】予防保全とCBM化で設備の安定稼働とメンテナンスコスト削減
┃~低速回転から対応!様々な生産設備で使える高機能ポータブル振動計~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽ 振動管理は難しい?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「設備の老朽化に伴う突発故障リスク回避と生産機会損失の防止」
「メンテナンスコストの削減」

これらを目的に振動管理を導入したり、振動管理の手法を見直したりして
設備管理のCBM(状態基準保全 Condition Based Maintenance)化を目指す
ユーザーが近年急激に増えています。

しかし、振動管理を実施する際には、次のような様々な問題も発生します。

 - 使用するツールの構造的問題や、測定ポイントの特性などから測定誤差
   が大きくデータの信頼性が低い

 - 使用するツールの都合で測定ポイントと測定順序が定められているため
   作業性が悪い

 - 手作業でテータを整理するため時間がかかり効率が悪い

 - データ分析に高度なスキルが必要でデータの活用が不十分、など

このような課題を解決しない限り、正確な設備状態を把握することはできず、
設備管理のCBMは難しいと感じてしまうユーザーも多いようです。


▽ ポイントさえ分かれば振動管理は簡単!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このようにハードルが高いと感じる振動管理も、
設備と管理の目的に合った振動計とツール、
適切で正確な測定箇所と測定方法さえ確保できれば、
決して難しくはありません。

オプションの低速回転用振動センサーと組み合わせて、低周波数まで分析する
ことも可能です。

ポータブルで使いやすく、機能性も高い振動計で以下のような振動測定を
行えば、測定精度の向上、測定時間の大幅短縮、振動原因や不具合箇所の特定
によって、予防保全とCBMを手軽に実現することができます。


---->>【必見】振動測定はココを測ればOK!ファンの振動測定例↓
https://www.tlv.com/ja/catalog/portable-vibrometer_case.html

---->>高機能ポータブル振動計 ビブエキスパートⅡの詳細はこちら↓
https://www.tlv.com/ja/catalog/vibxpert2.html

---->>誰でも誤差なく素早く測定!測定場所のID自動認識システム↓
https://www.tlv.com/ja/catalog/vibcode_system.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□【芯出し】回転設備の芯出し作業を見直してメンテナンスコスト削減へ
┃ ~ 誰でも簡単!芯出し量、修正量を自動計算 レーザー式芯出し器 ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽ 熟練技能者リアイヤ後の課題
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
従来、回転機械のメンテナンスにおける芯出し作業は、経験豊富な熟練技能者
によって行われてきました。熟練技能者は長年の経験や勘を活用し、回転設備
の安定稼働に貢献してこられました。しかし近年では、熟練技能者のリタイ
ヤ、技能伝承の遅れなどにより、芯出し作業の品質が低下してきています。

回転機設備が突発故障を起こして生産をストップさせないためには、習得に
時間を要する経験・勘による芯出しに代わって、誰でも簡単・正確・素早く
芯出しができるツールの導入が鍵となります。


▽ 誰でも「熟練技能者の芯出し」ができるツール
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
レーザーを使った芯出しシステムは、標準化された技術によって、
芯出し経験の浅い方でも熟練技能者と同様の作業品質が保てます。

更に、レーザーによる芯出しを行った現場では、芯出し精度の高さと作業効率
の良さから、実際に次のような効果が確認されています。

 - 工期の大幅短縮
 - 経年による芯ずれの防止
 - ベアリングなどの消耗部品、モーターの延命
 - 消費電力の削減

部品寿命については、芯出し不良による軸受け負荷の増大に関して、
理論値計算では軸受負荷が2倍になるとベアリング寿命は1/8まで低下する
というデータもあります。

芯出し作業を見直すだけで、部品寿命の延長等により「メンテナンスコスト
の削減」や「メンテナンスサイクルの延長」が実現できるかもしれません。
一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。


---->>具体的なデータ掲載!業種別設備の芯出し適用例と効果↓
https://www.tlv.com/ja/catalog/alignment_case.html

---->>誰でも高精度な芯出し!最新のタッチパネル式レーザー軸芯出し器↓
https://www.tlv.com/ja/catalog/rotalign-touch.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□【芯出し】プーリーアライメント作業の改善で作業効率化と設備延命化!
┃ ~ 可視レーザーを用いたプーリーアライメント調整器 プラライン ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽ プーリー調整はまだ水糸や金尺ですか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1つの工場に数多く存在するプーリーですが、調整不具合のあるプーリーは
ベルト摩耗、発熱によるベルト硬化を発生させ、損傷スピードを早めます。
そして、わずか1本のベルト損傷でも生産機会の損失に繋がります。

従来プーリー調整は、水糸や金尺を用いて作業されてきました。
しかし、従来の方法では作業工数がかかるだけでなく、どうしても調整精度を
高めることが困難でした。


▽ レーザー式なら一人で簡単・素早く・正確にプーリー調整
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
レーザープーリー芯出し器 プララインは可視レーザーを採用。

一人で簡単にプーリーの上下、左右またはオフセット方向のずれが調整でき
ます。回転機と比べて見落としがちな作業ですが、プーリー調整精度を高める
ことで、突発故障を防止し、設備の延命化に貢献します。


---->>水糸と比較した動画掲載!レーザープーリー調整器の詳細はこちら↓
https://www.tlv.com/ja/catalog/news36j.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきありがとうございます。

先月、仙台市で開催された一般財団法人省エネルギーセンター主催の
セミナー『設備保全業務改善のための省エネ講座』に、昨年に続いて
講師として参加しました。

「回転機械設備の管理とメンテナンス」と題し、丸一日かけて振動管理と
芯出し作業の技術的な内容を深く掘り下げてご説明。山形県や岩手県など
遠方からもご出席いただき、

「講義の内容を現場で活かしたい」
「とても分かりやすい内容でした」

などのお声も多く頂戴しました。参加者の皆様には改めてお礼申し上げます。

当社は兵庫県本社と東京CESセンターで開催しているセミナーに加えて、
https://www.tlv.com/ja/seminar/s-b2-r.html
全国各地で開催される省エネルギーセンター主催の省エネ講座にも
講師として参加しています。

講座を通じ、回転機械設備の管理とメンテナンスについての基礎技術は
もちろんのこと、最新技術やトレンドをお伝えできればと考えています。
講座の内容が、回転機設備のCBM化や生産設備の突発故障防止の一助に
なれば幸いです。

※セミナー等に関するお問い合わせはこちらからお寄せください。
https://www.tlv.com/ja/contactform/contactj_form.php?id=TTSJ


では、次号の『保全と検査』メールマガジンもどうぞお楽しみに。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━