1. ホーム
  2. メールマガジン
  3. 2019年のTLV・TTS保全と検査メールマガジン
  4. 2019/08/06 Vol.59

TLV・TTS保全と検査メールマガジン

2019/08/06 Vol.59

2019年8月6日配信 Vol.59

TLV・TTSメールマガジン 保全と検査に革新を



今月はエア・ガスリーク診断、ソニックマンサーベイを導入されたお客様のインタビュー動画をご紹介します。
漏れによる具体的な年間損失額を見て、「絶対やった方がいい」と診断及び対策の実施を決められたとのこと。詳しくは本文をご覧ください。

そのほか、8月に大阪で開催されるエネルギーイノベーションジャパン2019への出展などをご案内しています。
 
 お客さまインタビュー:北日本造船様
 「エア・ガスリーク診断による改善事例」

北日本造船様エア・ガスリーク診断事例
『ガスが漏れる』イコール『お金が出ていく』。

ガスが漏れるということは、何もしなくてもお金がどんどん出ていくこと。
TTSのエア・ガスリーク診断、ソニックマンサーベイを導入された北日本造船様では、
ガス漏れによる年間損失額を見て、これは絶対やった方がいいと判断されたそうです。

従来は石鹸水でガス漏れを検査されていましたが、ソニックマンサーベイは超音波でごく少量の漏れも敏感に検知し、その場ですぐに手持ちのタブレットを使って漏れ箇所、漏れているガスの種類、漏れ流量などの診断結果が見られるため、「対策もしやすい」とのこと。

設備稼働中に診断が可能なため、ガスを止めるために他部署へ依頼する必要が無く、管理のご担当者にも「社内調整の手間がかからない」とご好評いただいています。

インタビューでは、導入を主導された方、これまで現場で診断をされていた方、生産の管理をされている方それぞれに、異なった視点からお話を伺っています。詳細は以下をご覧ください。
 
エア・ガスリーク診断事例(お客様インタビュー)はこちら >


「ガス漏れによる自社の年間損失額はいくら?」

エア・ガスリーク診断に興味がある、自社の年間損失額がいくらか知りたい、という方は以下からお気軽にお問い合わせください。
 
お問い合わせはこちら >


 エネルギーイノベーションジャパン2019(大阪)
 出展のご案内

 
エネルギーイノベーションジャパンTLV・TTSブース
(昨年の様子)
  2019年8月27月(火)~28日(水)に、マイドームおおさかで開催されるエネルギーイノベーションジャパン2019(主催:一般財団法人省エネルギーセンター/株式会社JTBコミュニケーションデザイン)に出展します。
 

TLV・TTSでは「蒸気のことならTLV~お悩み解決のアイデア、あります。~」をテーマに「蒸気のお悩み相談所」を開設して、蒸気やメンテナンスのお悩みを承ります。ブースには、スチームトラップや蒸気式温水製造ユニット、レーザー軸芯出し器、ポータブル振動計なども展示します。

また、28日の15時から同会場内で、「理想的な蒸気システムにぐっと近づく!~よくある課題と要因解説~」と題するセミナーも開催します。
ブースの詳細や、3,000円の展示会入場料が無料になる招待状のお申し込みは以下をご覧ください。

 
詳細はこちら >
 


 今月のオススメ!ロール平行度診断 パラライン
 
パララインによるロール平行度診断

 
  蛇行・シワ・表面傷・破れ・巻き取り不良・片伸びといったトラブルはロールの平行度不良が原因かもしれません。

パララインによるロール平行度診断は、圧倒的な測定精度でこれまで測定できなかった僅かなロールのズレも発見。診断時間もロール1本あたり1~5分と早く、ロール間の距離・障害物を問わず設備全体の平行度の状態を把握できます。