1. ホーム
  2. 製品情報
  3. ポータブル振動計
  4. ポータブル振動計(ハイエンド)
  5. OMNITREND®

メンテナンス機器

ポータブル振動計(ハイエンド)

VIBXPERT II(ビブエキスパート2)

振動データの管理と分析によって機械の
突発停止防止と的確な予防・計画保全を実現

運転中の回転機械の異常は振動として現れます。したがって振動をモニターしておくことで、設備の健全性を評価できるので不要な整備をなくすることができます。
また、振動の上昇を見つけることで、いち早く異常兆候を捉え、振動を分析することで原因の究明と準備がおこなえるので、突発停止の防止と計画的な保全が実施できます。

特長

  • 振動計、オンラインシステムの複数のデバイスからのデータを1つのソフトウエアで一括管理できます。
  • データサーバーにデータベースを配置し、複数のユーザーがアクセスし、モニターすることができます。
  • ウインドウズベースの設計のおかげで操作が簡単です。
  • データベースの作成は予め定義されている測定モードの中から、適切なものを選択するだけなので簡単です。またコピー&ペーストによって簡単に増やすことができます。
  • 閾値はISO基準あるいはユーザー独自の設定が出来ます。
  • 測定ルートは、測定箇所をドラッグ&ドロップするだけで簡単に作れます。
  • 各メーカーの軸受データベースや歯車装置の特定周波数を計算するためのソフトが振動データ分析をサポートします。
  • 周波数分析グラフ上に特定周波数のマーカーが表示され、異常個所の発見を容易にします。
  • 特定周波数に対して閾値を設定することができます。また特定周波数だけのトレンドグラフを描かせることも出来ます。
  • 画面の測定モードのアイコンをクリックするだけでトレンドグラフが素早く表示されます。
  • デバイスから測定データがアップロードされると、直ちに閾値と比較され、異常個所にはマーカーが現れます。

用途

振動、プロセスデータの管理と分析

データ管理分析ソフト「オムニトレンド」の導入で安定操業を実現

運転中の回転機械の異常は振動として現れます。従って日常的に振動をモニター しておけば、設備の健全性が分かり、不要な整備をなくすことができます。
また、振動のデータの上昇を見つけて、いち早く異常兆候を捉え、データを分析することで原因の究明と準備が行えるので、突発停止の防止と計画的な保全が実施できます。

ポータブル振動計とデータ管理分析ソフト(オムニトレンド)の導入で安定操業を実現

※:パッケージの種類によっては、データ管理分析ソフト「オムニトレンド」はオプションになります。

管理分析項目

 
ソフト 最新版への無料アップデート
データベース(振動管理台帳)作成 Windowsベースの操作(コピー/貼付け)
タスクウイザードのサポートで簡単作成
オフライン/オンラインの一元管理
変更の複数個所一括処理
ISO 10816-3に基づく閾値設定
しきい値(閾値(いきち))の設定変更
各社ベアリングのデータベース
歯車の特定周波数算出ソフト
異常測定時にFFTの自動追加設定
測定順路(ルート)設定 一般測定順路
測定箇所のグラフィック表示
ビブコードシステム
傾向(トレンド)管理グラフ 複数グラフ表示(最大6グラフ)
寿命予測(直線、二次、三次、指数曲線)
診断分析 特定周波数をグラフ上にマーキング
特定周波数の閾値設定と振動値トレンド表示
ウォーターフォール表示(FFTグラフの3D表示)
レポート 警報箇所リスト(注意、危険)
振動管理台帳への警報表示(黄色・赤フラグ)
修理記録の入力と表示
測定箇所毎のトレンドレポート
データの外部出力

※:緑色で示した項目はオプション、灰色で示した項目はデータ管理分析ができません。

製品関連情報