1. ホーム
  2. 製品情報
  3. ドレン回収機器
  4. ドレン回収ポンプ

流体制御機器

ドレン回収ポンプ

電動機を用いて高温ドレンをボイラーに直接回収

高揚程、高耐温でボイラー、脱気器などへ直接回収するクローズド回収用途に適しており、段ボール、食品、化学工場などで広く使用され、ボイラー燃料費削減に貢献しています。
ドレン回収の有効性は省エネルギーだけにとどまらず、水資源の確保や、排水の総量規制対策などにもおよびます。
2015年4月より省エネ性を向上したトップランナーモーター(プレミアム効率電動機)を採用しています。

特長

省エネルギー

エゼクター方式の採用により低流入水頭でキャビテーションを起こさずに高温ドレンを回収できます。
高温ドレンをボイラーに回収するので、大きな熱量の再利用ができます。

取扱が簡単

押込水頭は1m以上あれば回収でき、設置スペースに困りません。
自動運転用の制御盤で、面倒なバルブ操作は不要です。
圧力容器は一切不要で、面倒な届け出もいりません。

長寿命

エゼクター方式の採用で、キャビテーションを防止し、ポンプの劣化を防ぎます。

用途

  • 蒸気使用装置からのドレンの回収とボイラー・ドレンタンク等への圧送

エゼクター方式ドレン回収ポンプの特長

高温ドレンでもキャビテーションを起こさない

シンプル構造

常温水を圧送する際には一般的に渦巻ポンプが使用されます。しかし水の温度が80℃を超えると、キャテーションが発生しやすくなります。キャビテーションが発生すると吐出能力の低下やインペラーの損傷等が生じます。キャビテーションは、インペラーの回転(遠心力)の結果、ポンプ内部で減圧域が生じポンプ内の水が沸騰する現象(減圧沸騰)です。特に蒸気凝縮ドレンは高温であるため、ポンプにはキャビテーション対策が必要です。ポンプに対策が施されない場合は3~5mの流入水頭が必要となり、ドレンタンク(またはドレンヘッダー)を高所に設置したり、ドレンタンクを蒸気圧力で加圧したりするなどの対策が必要になります。

エゼクター方式のドレン回収ポンプでは、エゼクターを利用してポンプに対する流入ドレンの押し込み圧力を生じさせます。エゼクターはノズルとディフューザーで構成され、ディフューザーには増圧効果があります。ポンプに対する押し込み圧力はこのディフューザーの増圧効果によってまかなわれますので、ドレン回収ポンプ全体としてはエゼクターへの流入水頭1mが確保されればキャビテーションを発生させずに運転することが可能です。なお、エゼクターの駆動水はポンプの吐出側から吸い込み側への循環ループを形成することで揚水の一部を利用します。

CP-Nの6つのポイント

CP-Nの6つのポイント

CP-N 作動原理

CP-N 作動原理

CP-N 作動原理

CP-N 作動原理

CP-N 作動原理

「ドレン回収ポンプ」に関連する情報

製品関連情報