1. ホーム
  2. 製品情報
  3. セパレーター
  4. エア用サイクロンセパレーター(トラップ内蔵)
  5. 選定のポイント

流体制御機器

エア用サイクロンセパレーター(トラップ内蔵)

DC3Aシリーズ/DC5A

サイクロンセパレーターの用途

  用途 目的
蒸気 主管 蒸気ラインにおけるウォーターハンマーの防止
装置入口 乾き蒸気の供給による、加熱効率の向上
生蒸気を使用する機器
(蒸し器、蒸絨機、ニーダー、アトマイズ等)
質の高い乾き蒸気の供給による品質の向上、
および生産性の向上
エア 主管 エアラインにおける錆等の発生防止
装置入口 水滴のないエアの供給により、錆等の発生を防止
エアを直接使用する機器 水滴のないエアの供給による品質の向上、
ウェットスポットの発生を防止

構造断面図

型式 断面図
DC
シリーズ
DC3S
DC3S-L
DC3S-H
DC5S
DC3A
DC3A-L
DC3A-H
DC5A
トラップ内蔵 セパレーター-断面図
DC7 セパレーター-DC-7断面図

サイクロンセパレーターの選定ステップ

<ステップ 1> 型式の絞り込み
  • 使用流体、使用圧力、温度、材質から、下記の選定表より該当する型式を絞り込んでください。
(1)
使用可能流体
(2)
使用圧力
MPaG
(3)
最高使用温度
(4)
トラップ
最大排水能力
kg/h
型式
PDF
本体標準材質
蒸気 ~1.0 220 940 DC3S 鋳鉄
~1.6 810
85 DC5S 青銅
~2.1 460 DC3S-L 炭素鋼
~2.5 300 (別途トラップ必要) DC7 ステンレス鋼
~4.6 425 850 DC3S-H 炭素鋼
エア ~1.0 100 385 DC3A 鋳鉄
70 DC5A 青銅
280 DC3A-L 炭素鋼
~2.5 300 (別途トラップ必要) DC7 ステンレス鋼
~4.6 150 370 DC3A-H 炭素鋼
<ステップ 2> 流量から呼径の確認
  • 呼径選定グラフより適正な呼径を選定してください。
  • 気水分離効率98%を確保するためには、流体の管内流速を30m/s以下でのご使用を推奨します。

※以下は該当する型式の製品仕様書(PDF)で確認し、適正型式を選定してください。

<ステップ 3> 材質・接続仕様の確認
  • ステップ1および2で選択された型式の標準材質および接続仕様について確認ください。該当しない場合はオプションを確認し、それでも該当しない場合は他の型式を確認ください。
<ステップ 4> 圧力損失値の確認
  • 使用する流体の管内流量と個別型式の“圧力損失グラフ”から圧力損失値を読み取ってください。
  • ステップ2で選定した呼径の圧力損失値が配管設計上で許容されない場合は、大きい呼径をご使用ください。

呼径選定グラフ

下記のグラフは管内流速を30m/sとした時の値です。圧力は使用圧力を示しています。使用圧力と使用流量の交点を求め、その交点より上側で交差するサイズラインが求める呼径です。

蒸気用 DC3S、DC3S-L、DC3S-H、DC5S、DC7

セパレーター-蒸気用呼径選定グラフ

※蒸気流速は、30m/s以下を推奨します。

呼径選定例

使用圧力1.0MPaG、使用流量400kg/hで使用する場合の呼径選定は?

右図の圧力1.0MPaGと流量400kg/hの交点(A)を求めます。その交点より上側で交差するサイズライン40(32)が上記条件を満足する呼径です。

流速30m/s以外の流量

下記計算式で求めてください。

右図30m/sの流量× 求めたい流速m/s
30m/s
エア用 DC3A、DC3A-L、DC3A-H、DC5A、DC7

セパレーター-エア用呼径選定グラフ

※エア流速は、30m/s以下を推奨します。
流量は、標準空気(20℃、大気圧)換算値です。

呼径選定例

エアは蒸気用と同方法で選定してください。

「エア用サイクロンセパレーター(トラップ内蔵)」に関連する情報

製品関連情報