1. ホーム
  2. 製品情報
  3. エア・ドレン・ガストラップ
  4. フリーフロート・エアトラップ
  5. 選定のポイント

流体制御機器

フリーフロート・エアトラップ

JAシリーズ/JAHシリーズ/G8

エア・ドレン・ガストラップの特長と用途

TLVエア・ドレン・ガストラップは高精度研磨フロートを使用し、圧縮気体(エア・ガス)中に発生、または混入したドレン(水・油等)を自動的に排出します。
用途・目的により以下の種類があります。

通気用(インライン)トラップ (トラップ内蔵セパレーターのトラップ機能を利用)

主管ラインおよび装置の入口側の供給ライン内に取り付けて気体中のドレンを分離排出し、乾いたエアを通過させるもので、ドレンの強制分離とドレンの自動排除の機能を備えています。

管末用トラップ

主管ラインの立ち上り部のドレン溜まり部およびアフタークーラーやレシーバータンク等に発生、滞留するドレンを自動的に排出します。
使用する流体や用途、目的によって、以下のような製品があります。

  エアトラップ ドレントラップ ガストラップ
種類

各種用途に対応できる豊富な品揃え

<通気用>

エアトラップ_DC3A

DC3A
(トラップ内蔵セパレーター)

<管末用>

エアトラップ_JA、JAHシリーズ

JA、JAHシリーズ

<高粘度ドレン用>

エアトラップ_TATSU2

TATSU2

<管末用>

エアトラップ_G8

G8

高精度研磨フロートと3点支持機構

  • 極少ドレンでも高いシール性能を発揮
  • 小さな比重の液体でも使用可能(型式により最小0.5まで)

腐食性流体でも使用可能な材質の品揃え

ドレントラップ_SS1VG

SS1VG

ドレントラップ_JAH5RG、JAH7RG

JAH5RG、JAH7RG

ガストラップ_GAS1N他

GASシリーズ

用途
  • 高シール性、耐食性が要求される各種ガスシステムからのドレン排除
  • 圧縮エア配管の冷却器(アフタークーラー)やレシーバータンクなどの各種エアシステムからのドレン排除

高圧ガス保安法
認定対応品*

* 高圧ガス保安法認定品はオプションです。

トラップの選定に必要な項目

選定にあたっては、下記の項目の確認が必要です
  • 1) 用途(使用箇所)の確認

     主管、装置等

  • 2) 使用条件の確認 

     トラップ前後の圧力関係、温度、ドレン量と質、取り付け方向等

  • 3) トラップの呼径、接続方法、要求材質等

以上の項目から各ステップにて適正型式を選定してください。

エア・ドレン・ガストラップの選定ステップ

<ステップ 1> 型式の絞り込み
  • 使用する用途、取り付け方向、使用条件から下記の選定表より該当する型式の製品仕様書(PDF)に進んでください。
(1)
流体
(2)
用途
(3)
ドレンの質
適用法規
(4)
配管
方向
(5)
使用
圧力
MPaG
(6)
高シール設計
(7)
最大
排出
流量
kg/h
型式
PDF
本体
標準
材質
最高
使用
   温度*1
エア 通気用
強制分離用
通気インラインに直接取り付ける
セパレーター(トラップ内蔵型)”を
参照してください。
70~380 DCシリーズ セパレーター
(トラップ内蔵型)
”を
参照してください。
管末用
(アフタークーラー、
レシーバータンク等)
高粘度
ドレン
垂直
配管
0.2 ~ 1.0 7400 TATSU2 鋳鉄 80
~ 1.0 1340 G8 100
~ 1.6 230 JA3D 亜鉛合金
~ 2.1 高シール設計 130 SS1VG-R ステンレス鋼 150/220*1
385 SS1VG-M
水平
配管
~1.6 230 JA3D 亜鉛合金 100
275 JA3
JAF3
鋳鉄
ダクタイル鋳鉄
455 JA5
JAF5
1620 JA7
9410 JA7.2 鋳鉄 150
18710 JA7.5
25770 JA8
~4.0 9410 JAH7.2R 炭素鋼
18710 JAH7.5R
25770 JAH8R
~ 4.6 高シール
設計
270 JAH5RG-R 炭素鋼 150/425*1
560 JAH5RG-M
1380 JAH7RG-R
2000 JAH7RG-M
ガス
*2
管末
ガスプロセス用
(アフタークーラー、
レシーバータンク等)
垂直
配管
~ 2.1 130 SS1VG-R ステンレス鋼 150/220*1
385 SS1VG-M
水平
配管
~ 4.6 270 JAH5RG-R 炭素鋼 150/425*1
560 JAH5RG-M
1380 JAH7RG-R
2000 JAH7RG-M
高圧ガス
保安法認定*3
~ 4.5 250 GAS1N 炭素鋼
ステンレス鋼
100/150/
300/350*1
1380 GAS2N
7200 GAS3N
  • *1弁座材質により異なります。
  • *2危険流体(毒性、可燃性など)に使用される場合、流体に応じた法規制その他の対応、機器選定、取扱い、安全対策などは、お客様の責任において実施ください。
  • *3高圧ガス保安法認定品はオプションです。

※以下は該当する型式の製品仕様書PDF)で確認し、適正型式を選定してください。

<ステップ 2> 弁座種類(圧力)の選定 (SS1VGシリーズ、JAHRGシリーズ、GASシリーズ)
  • トラップが取り付けられる配管の最高圧力よりも高い圧力用弁座を選定してください。
<ステップ 3> 本体、弁座材質の選定 (SS1VGシリーズ、JAHRGシリーズ、GASシリーズ)
  • お客様の使用されるガス体で、適合する材質を選定してください。
    危険流体(毒性、可燃性など)に使用される場合、流体に応じた法規制その他の対応、機器選定、取扱い、安全対策などは、お客様の責任において実施ください。
    危険流体に起因する事象(爆発、中毒その他)による損害、事故に関して当社は責任を負いません。
<ステップ 4> 比重の確認(ドレン流体が水以外の場合)
  • ドレン流体の比重が異なる場合、最高作動圧力差および排出能力が異なりますので、各型式の製品仕様書(PDF)にて記載の“低比重時の最高作動圧力差”の表より確認してください。
<ステップ 5> 流量の確認
  • 選定された型式の排水能力を参照してください。
  • トラップの運転圧力(作動圧力差)において、ステップ2で選定された弁座の排出流量を読み取ってください。
  • 読み取った排出流量が、配管に発生するドレン量の1.5倍以上であることを確認してください。
<ステップ 6> 呼径、接続仕様等の確認
  • 選定した型式の呼径、接続仕様などが希望のものかを確認してください。

「フリーフロート・エアトラップ」に関連する情報

製品関連情報