1. ホーム
  2. 製品情報
  3. バルブ
  4. バイパスブローバルブ
  5. 選定のポイント

流体制御機器

バイパスブローバルブ

BD800

Cv値

バルブ種類 型式シリーズ Cv値
8 10 15 20 25 32 40 50 65 80 100 125 150
ベローズバルブ BE1 2.3 2.9 5.3 14 20
BE6H 5.4 9.0 13 21 32 49 86 135 207 333 442
バイパスブローバルブ BD800 3.5 3.5 3.5
ボール
バタフライ
バルブ
ねじ込み BBシリーズ
MBシリーズ
PBシリーズ
MAシリーズ
9.6 18 29 50 82 135
フランジ BBFシリーズ
MBFシリーズ
PBFシリーズ
MAFシリーズ
8.0 16 26 47 78 135
ボールバルブ BV1*
BV1L 1.2 3.0 5.0 11 15 24 40 65
  • *BV1はフルボアのためCv値は表示していません。

Cv値を利用したバルブ呼径の決定方法

例: 圧力損失10cm水頭 ∆P (=P1-P2) = 0.001 MPaにて2m3/hの水を流せるバルブは?

計算式 Cv=0.366Q√G1/∆P を用いて、Cv=0.366×2×√1/0.001=23 以上のCv値が必要です。
従って、BB1Nであれば呼径25が、BE6Hであれば呼径40が選定されます。

* Q : 最大流量(m3/h) (ただし、標準状態〔大気圧、15.6℃〕における最大流量とする)
G1 : 比重(水=1)
P1 : 流入側絶対圧力(MPa)
P2 : 流出側絶対圧力(MPa)

操作方法と製品型式

操作方法 型式
手動式
  • ベローズバルブ

    BE1・BE6H
  • バイパスブローバルブ

    BD800
  • ボールバルブ

    BV1・BV1L
  • ボールバタフライバルブ

    BB1N・BBF1N
電動式
  • ボールバタフライバルブ

    MB12A・MB12AF
    MB12B・MB12BF
  •  

    MA1A・MA1AF
    MA1B・MA1BF
空気動式
  • ボールバタフライバルブ
    (往復動型)

    PB11A・PB11AF
    PB11B・PB11BF
  • ボールバタフライバルブ
    (スプリングリターン型)

    PB12A・PB12AF
    PB12B・PB12BF

バルブの選定に必要な項目

選定にあたっては、下記の項目の確認が必要です
  • 1) 用途、使用条件の確認

    バルブタイプ、口径、操作方法等

  • 2) 呼径、接続方法、要求材質の確認

以上の項目から各ステップにて適正型式を選定してください。

バルブの選定ステップ

<ステップ 1> 型式の絞り込み
  • 使用する用途、使用条件から下記の選定表より該当する型式の製品仕様書(PDF)に進んでください。
  
(1)
バルブ
タイプ
(2)
口径
(3)
操作方法
(4)
使用
圧力
MPaG
(5)
最高
使用
温度
型式
PDF
本体
標準材質
ベローズバルブ
(グローブ)
レデュースポート 手動 ~ 5.0 425 BE1 炭素鋼
フルポート ~ 1.96 350 BE6H ダクタイル鋳鉄
バイパスブロー
バルブ
(グローブ)
レデュースポート 手動 ~ 6.5 425 BD800 ステンレス鋼
ボールバタフライ
バルブ
フルボア
(スピンドル貫通)
手動 ~ 1.0 185 BB1N
BBF1N
黄銅
青銅
ステンレス鋼
電動
~ 0.5 90 MA1A
MA1AF
黄銅
青銅
ステンレス鋼
160 MA1B
MA1BF
~ 1.0 90 MB12A
MB12AF
185 MB12B
MB12BF
空気動 往復動* 90 PB11A
PB11AF
185 PB11B
PB11BF
スプリング
リターン*
90 PB12A
PB12AF
185 PB12B
PB12BF
ボールバルブ レデュースボア 手動 ~ 1.0 100 BV1L ステンレス鋼
フルボア 185 BV1
  • *スプリングリターン型:ノーマルクローズとノーマルオープン(オプション)があり、異常時の遮断・開放が必要な用途に。
    往復動型:高速開閉が必要な用途に。

※以下は該当する型式の製品仕様書(PDF)で確認し、適正型式を選定してください。

<ステップ 2> 材質の確認
  • ステップ1で選択された型式の標準材質でいいか確認ください。該当しない場合はオプションを確認し、それでも該当しない場合は他の型式を確認ください。
<ステップ 3> 圧力・温度の確認
  • 選定した型式の最高使用圧力と最高使用温度を確認ください。接続がフランジの時、フランジ規格により使用できる圧力・温度が制限されますのでご注意ください。
<ステップ 4> 呼径、接続仕様等の確認
  • 選定した型式の呼径、接続仕様などが希望のものかを確認してください。

「バイパスブローバルブ」に関連する情報

製品関連情報