1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 周辺機器
  4. 廃蒸気熱交換器
  5. 使用例

流体制御機器

廃蒸気熱交換器

SRシリーズ

屋内設置のドレン回収タンク

屋内設置のドレン回収タンクの導入前と導入後

ドレンの回収先となっている大気開放タンクからフラッシュ蒸気が発生することがありますが、タンクに圧力を掛けられないため、従来の熱交換器では対応ができませんでした。

廃蒸気熱交換器は抵抗が極めて小さいため、大気開放のタンクから発生するフラッシュ蒸気にも使用することができます。熱回収と同時に湯気を解消しますので、ドレン回収タンクが屋内に設置されていても湯気による環境の悪化を防ぐことができます。

脱気器

脱気器の導入前と導入後

高圧蒸気を発生させる水管ボイラーでは、蒸気吹き込み式の脱気器を備えているケースがあります。生蒸気を吹き込むことでボイラー給水中の溶存気体を取り出して蒸気と共に大気へ排気します。しかし、この排気が白煙化して見栄えが悪く、生蒸気を使用しているため熱ロスになります。

熱回収や白煙消しを行うために通常の熱交換器を接続しても、脱気器に背圧がかかるため、脱気プロセスに支障を来してしまいます。

その点、廃蒸気熱交換器なら排気の抵抗にならないため、脱気器からの白煙を解消すると同時に、排気蒸気の熱をボイラー給水昇温に利用できます。

メカニカルポンプの排気

メカニカルポンプの排気の導入前と導入後

パワートラップなどのメカニカルポンプのドレンヘッダーには大気解放のベント口が設けられており、フラッシュ蒸気はベント管を通じて大気へ放出します。回収ドレンの圧力が高い場合はフラッシュ蒸気量も多くなり、ベント管からの白煙が目立ちます。このフラッシュ蒸気を処理するために、通常の熱交換器を接続することはできません。熱交換器の抵抗によってドレンヘッダーに圧力がかかってしまうからです。

廃蒸気熱交換器は排気の抵抗にならないため、ドレンヘッダーからの白煙を解消すると同時に、排気蒸気の熱をボイラー給水昇温に利用することができます。

「廃蒸気熱交換器」に関連する情報

製品関連情報