1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 開発エンジニアコラム
  4. 究極のスチームトラップを追い求めて。

不撓不屈の開発スピリットで、独自性を追求

開発エンジニアコラム

究極のスチームトラップを追い求めて。

高性能・長寿命、さらに機能美も追求する設計姿勢。

蒸気とドレンの熱力学的特性差で作動する「サーモダイナミック」、蒸気とドレンの温度差で作動する「サーモスタティック」、浮力で作動する「メカニカル」と、スチームトラップには大きく3つの分類があり、目的に合わせてお選びいただけるよう、それぞれに豊富なラインアップをご用意しています。TLVのスチームトラップは高性能・長寿命を目指していますが、例えばシール性を高めるためには構造上の工夫もあれば、加工上の工夫もあります。また、長寿命を実現するため、部品が接触する箇所では双方の摩耗具合を想定して材質を変えるなど、一つひとつの製品にさまざまなノウハウと独自技術を投入しています。

加えて、全ての製品に共通したこだわりが一つあります。それは機能美の追求と言いますか、「工業製品であっても、デザインにこだわる」ことです。ポイントは、可能な限り厚みがそぎ落とされ、全てのパーツが無駄なく配置されているか。設計をする際には、いつもそのことを考えていますね。もちろん、見た目の美しさにもこだわっています。L21S/L32Sの外観デザインは、プロのデザイナーに依頼したものなんですよ。

  • L21S/L32S

トップメーカーとしての自負と責任を持ち、さらなる上を目指す。

独自の技術と情熱を注いで作ったスチームトラップが認められ、今では国内で高いシェアを誇るまでになりました。それに甘んじるのではなく、更に品質を追求したいという思いは常に持っていますし、まだ改良のテーマはあります。

例えばスチームトラップに採用されているフリーフロートですが、もっともっと真球に近づけたいですね。目指さなければいけないのはより完璧なものです。また、これからも省エネ、長寿命の製品を開発し続けますが、ものを売っているだけではダメだと思います。

スチームトラップの管理、継続的なメンテナンス・サポート体制も含めて差別化を図らなければいけません。トップメーカーとしての誇りを胸に、これからも新しい展開をしていきたいと思います。

※当コラムに記載している内容は、取材時点の情報です。