液体配管の空気抜き | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【蒸気のトラブル】液体配管の空気抜き

蒸気のトラブル

液体配管の空気抜き

液体配管の残存空気によるトラブル

今回は蒸気のお話から少し離れて、液体配管について取り上げます。

液体配管は液体を送るための配管であり、管内が輸送液体で満たされている状態が理想ですが、送液前の「カラ」の配管内には空気が存在しています。液体配管中に空気を始めとする不凝縮ガスが残っていると、以下のような問題が起こる可能性があります。

配管やポンプの破損

液体用ポンプは気体を送ることができません。気体が入り込むとポンプが空転状態になり、吐出圧が急激に低下します。これが脈動の原因になります。振動や衝撃が発生し、液体を上手く送ることができないばかりか、配管やポンプの破損に繋がることもあります。

配管やポンプの破損

液体のタンクへの充填不良

タンクでは、残留不凝縮ガス層がクッションとなって反発し、所定の液量を充填できないことがあり、液面計も残留不凝縮ガスにより、実際とは異なるレベルを示すことがあります。

液体のタンクへの充填不良のイメージ

このような問題を防ぐには、液体用エアベント(自動空気抜き弁)で空気を上手く追い出しながら液体を送るようにします。「エアベント」とは空気抜きの意味で、広義には単なるベント配管も含みますが、ここでは空気抜き弁・自動排気弁として取り上げます。排気が終わるまでは開弁しており、排気が必要なくなると自動的に閉弁する液体用自動空気抜き弁です。

液体用エアベント(自動空気抜き弁)の効果的な設置場所

自動空気抜き弁といっても、弁の開閉は自動的に行われますが、強制的に不凝縮ガスを集めて排出してくれるわけではありません。効果を高めるには、設置する場所も重要です。

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。