スチームトラップが受ける外乱影響 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【蒸気のトラブル】スチームトラップが受ける外乱影響

蒸気のトラブル

スチームトラップが受ける外乱影響

外乱の要因とは?

スチームトラップが受ける外乱の要因には、降雨など外部の環境的変化があります。ここでは運転条件の変化も捉えて、スチームトラップの挙動変化について考えてみます。

主な条件変化とスチームトラップが受ける影響

外部環境(雰囲気)条件の変化

気温の低下や降雨、降雪、風速が増すことは、スチームトラップから奪い去る熱量を大きくします。

同じ時間内に奪われる熱量が大きくなると、温度低下が早くなります。そのため、温度低下に連動して開弁する機構を持つトラップでは、無駄な開弁が増える可能性があります。

保温なし

風雨等によって変圧室が冷却されると、閉弁力が維持できないため、本来開弁すべきではないタイミングでも開弁してしまいます。

主な条件変化とスチームトラップが受ける影響:外部環境(雰囲気)条件の変化

ドレン量5kg/hでのテストデータ

放熱に対しては保温をすれば良いのでは?と思われるかもしれません。しかしタイプによって保温の可否、保温の程度は異なり、 一律に保温する訳にはいきません。 スチームトラップの保温については、トラップの保温の中の説明をご参照ください。

運転条件の変化

スチームトラップは、スチームトラップ前後の圧力差=作動圧力差が大きいほどドレン排出能力が大きく、作動圧力差が小さくなると排出能力も小さくなります。

つまり、ドレン量が一定であっても、圧力が変化するとスチームトラップが排出できるドレン量が変わります。

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。