蒸気設備のトラブル4(住宅街の騒音-ボイラーブロー編) | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【蒸気のトラブル】蒸気設備のトラブル4(住宅街の騒音-ボイラーブロー編)

蒸気のトラブル

蒸気設備のトラブル4(住宅街の騒音-ボイラーブロー編)

身近で見られる蒸気設備によるトラブル

身近で見られる蒸気設備によるトラブル。具体的な現象として、多くは湯気や騒音、結露などといった形で表れます。長い間悩まされたり、仕方ないと諦めてきた現象にも、簡単な対策を取ることで解決できるものがあります。以下では住宅街の騒音トラブルとその解決例をご紹介します。

早朝の住宅地でボイラーのブロー音の騒音クレームが増加

住宅地に立地する、ある食品工場では早朝に騒音がするというクレームが近隣住民から多く寄せられるようになりました。この騒音とはボイラーを立ち上げる時のボイラーのブローの音を指しているようでした。

早朝の住宅地でボイラーのブロー音の騒音クレームが増加

原因は立地環境の変化

早朝にボイラーを立ち上げてブローをすること自体はずっと以前から行っており、その音の大きさも当初から変わっていません。しかし、近年は工場近隣に住宅が増えたことで、早朝のブロー音を騒音と感じる住民が出てきて、当初は無かった騒音クレームが入るようになりました。

問題のポイント

工場稼働後に周辺が宅地開発されたことに起因

  • 近隣の居住者が増え、従来と同じ方法で同じことをしても騒音にクレームが入るようになった

工場稼働後に周辺が宅地開発されたことに起因

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。