メカニカルトラップ | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 蒸気のお役立ち情報
  3. もっと知りたい蒸気のお話
  4. 【スチームトラップの基本】メカニカルトラップ

スチームトラップの基本

メカニカルトラップ

気温や雨などの外的変化にも作動が安定!

蒸気とドレンの比重差を利用して作動するスチームトラップで、作動原理に相変化や温度変化などを用いません。そのため、メカニカルトラップではドレンの有無とスチームトラップの開閉弁動作が連動することになります。このことはスチームトラップにとってかなり重要な意味を持ちます。

サーモスタティックタイプやサーモダイナミックタイプのトラップが外気温や降雨などドレンの有無以外の外的要因に左右され易いのに対して、メカニカルタイプはそれらの影響を受けにくいのです。つまり、ドレンの有無に連動して正確な作動を行うトラップであると言えます。

シンプルな構造!作動原理も明快です

浮力体としては、閉じた構造のフロート、開放構造のバケットがあり、それぞれの浮力体を用いたスチームトラップはフロートトラップ、バケットトラップと呼ばれています。バケットタイプは、コップのようなバケットが下に向かって開いている下向きバケットが主流です。両者は浮力を利用する点は共通ですが、構造も作動原理も異なります。

フロートタイプ

フロートの位置とトラップ内部のドレン液面の位置が一致する為フロートを液位検出および弁駆動に利用しています。

例えるならば、流れ方向は逆ですが、水洗トイレのタンク内に見られる「ボールタップ」の構造と同じです。フロート自体が弁体も兼ねるのがフリーフロートタイプです。

バケットタイプ(下向きバケット)

バケットの周囲が全てドレンで満たされた状態で、バケットの内側空間に蒸気が流入すれば浮力が生じてバケットが上昇し、バケットの内側空間にドレンが流入すれば浮力が無くなりバケットが降下します。この動きを弁の開閉に利用しています。

お湯をはった湯船に裏返しにした洗面器を浮かべた状態をイメージすると理解しやすいと思います。洗面器内が空気で満たされていると浮かびますが、空気を抜いて内部をお湯で満たせば洗面器は沈んでいきます。

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。