ディスク・スチームトラップ (ThermoDyne) A3N | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 作動アニメーション
  4. 【スチームトラップ】ディスク・スチームトラップ (ThermoDyne) A3N

スチームトラップ

ディスク・スチームトラップ (ThermoDyne) A3N

装置に蒸気を送りはじめるとき、トラップ本体内は低温ですから、バイメタル環は縮閉してディスク弁を持ち上げています。多量の初期空気や冷水はすばやくトラップから排出されます。バイメタル環はディスク弁を強制開弁しているので、空気障害を起こすことはありません。始動はきわめて短時間に完了します。

ドレンの排出を終わって、蒸気がトラップに流入すると、バイメタル環は加熱されて膨張拡開して、いち早く弁座下に沈みディスク弁に対する開弁干渉を解除します。蒸気は自由なディスク弁の下面を高速度で流れ、このジェットはベルヌーイの定理により低圧域を生じ、更に蒸気のジェットは変圧室へ回り再圧縮による圧力上昇で高圧域を作り、この圧力がディスク弁を押しさげ弁座に圧接閉弁させます。

ドレンが流入すると温度降下を生じ、変圧室の蒸気を冷凝させて圧縮降下を生じさせ、ディスク弁下部噴出孔から押上げている入口圧力よりも低くなると、ディスク弁は開弁してドレンを排除します。排水完了すれば直ちに閉弁します。このように流入してくるドレンを間欠的に開閉弁し自動的に排出します。