サーモスタティック・スチームトラップ Lシリーズ | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 作動アニメーション
  4. 【スチームトラップ】サーモスタティック・スチームトラップ Lシリーズ

スチームトラップ

サーモスタティック・スチームトラップ Lシリーズ

始動時は低温のためX-エレメントは開弁しています。そのため開弁した弁口から多量のエアや低温ドレンは速やかに排除され、スターティングアップ時間を短縮します。

トラップ内温度が上昇するとそれに従いX-エレメント内のサーモリキッドが膨張します。入口蒸気圧力の飽和温度近くまで開弁を続け、さらに温度が上がると弁口を閉じます。

ドレンが流入するとX-エレメントが冷却されて直ちに開弁し、ディスクタイプのような間欠作動でドレンを排出します。ただしドレンが非常に少ない場合、開度は小さく滴り排出的な作動をします。また、飽和温度近いエアも、その温度差に敏感に反応し、速やかに排出します。