自動凍結防止弁 NF6 | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 作動アニメーション
  4. 【ストレーナー・サイトグラス・その他】自動凍結防止弁 NF6

ストレーナー・サイトグラス・その他

自動凍結防止弁 NF6

スチームトラップ内部に蒸気圧力がかかっている状態では弁は閉じています。

蒸気の供給が停止され、スチームトラップ内部の圧力が低下して0.02MPaG程度になると、内蔵ばねの働きにより弁が開きます。

開いた弁口からスチームトラップ内部に残留していたドレンが排出されます。

蒸気の供給が再開され、スチームトラップ内部に蒸気圧力が掛かり、0.03MPaG程度になると内部圧力が内蔵コイルばねの力に打ち勝って弁が閉じます。以降、この圧力よりも高い圧力で運転されている間は閉弁状態が維持されています。