iBPSSM.net | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 診断・メンテナンス
  3. iBPSSM.net

iBPSSM.net

無線モニタリングを活用した
蒸気使用設備の管理業務革新

iBPSSM.net

蒸気使用装置の最適な運転状態を
維持します

プラントは日々変化し、老朽化しています。
生産設備の安全稼働をサポートし、
省エネを推進するために
無線モニタリングセンサーを
活用した蒸気使用設備管理のコンサルティングサービスを
ご提供します。
このサービスは、プラントの突発停止を防ぎ、
その間に発生する暖気などの
無駄な蒸気を削減して
省エネ、CO2削減に貢献することが認められ、
2021年度省エネ大賞 経済産業大臣賞(ビジネスモデル分野)を受賞しました。

不良によるロス(想定)

iBPSSM.netのメリット

コンサルタントが、お客様の監理業務を支援:iBPSSM.net

コンサルタントが、お客様の監理業務を支援

お客様の課題を聞き、実際に現場をコンサルティングエンジニアが歩いて実態を把握し、装置の安全性・省エネ性を確実に高めるための保守を提案・実行支援します。

無線センサーでモニタリングし視える化、計画保全に貢献:iBPSSM.net

無線センサーでモニタリングし視える化、計画保全に貢献

センサーでスチームトラップの不良化傾向を捉えることで、蒸気制御に関連する様々な機器・バルブにトラブルが起こる前に補修する試みが進んでいます。

診断とデータ分析で繰り返し起こる不良の根本原因を特定:iBPSSM.net

診断とデータ分析で繰り返し起こる不良の根本原因を特定

特定のスチームトラップで繰返し不良が発生するときは、蓄積されたデータを分析し、得た仮説と現場での調査によって不良の根本原因を特定し、改善活動につなげます。

ステップ 提供サービス 一例
1
課題把握
蒸気使用設備の課題を現場で診断
管理業務の改善策を立案
  • プラントの突発停止リスクがある
  • 数百台に及ぶスチームトラップの日常点検
2
対象選定
蒸気使用設備の重要度を評価
モニタリング対象を選定
  • 高所狭所でスチームトラップの点検が困難
  • スポットでの確認ではカバーできない不良がある
3
仕様決定
センシング箇所、モニタリング周期など最適な仕様を決定
  • 懸念される課題を把握して仕様を決定
  • 既定時間で昇温できないタイミングがある
  • 供給される蒸気条件は十分か
  • ドレン混じりの蒸気が供給されないか
  • 制御に問題はないか
  • スチームトラップの稼働  など
4
導入/設置
モニタリングシステムを構築
表面温度・超音波センサーを設置
5
運用支援
モニタリング結果の運用支援
不良検知からのアクションを構築
  • クリーニング機能付きスチームトラップの導入
  • 工事内容の想定、蒸気停止に必要なバルブデータを整備
6
効果確認
蒸気使用設備の安定・安全稼働、省エネ推進を継続的にサポート
  • データ分析、現場診断による不良の原因特定
  • 予知保全(開発中)

iBPSSM.netに関するお問い合わせはこちら