1. ホーム
  2. 診断・メンテナンス
  3. 蒸気システム最適化プログラム(SSOP)

蒸気システム最適化プログラム(SSOP)

蒸気システムを視える化し、最適化し続ける仕組み。

蒸気システム最適化プログラム

これまでブラックボックスであった蒸気システムを「視える化」し、
蒸気システム全体を資産として捉えて
本来のパフォーマンスが発揮できるよう最適化する。
その状態を維持する継続可能なマネジメントの「仕組み」。
それが、蒸気システム最適化プログラム SSOP です。
SSOP は、蒸気システムのインフラを支える「BPSTM プログラム」と、
蒸気システム全体を最適化する「CES Survey」で構成されています。
SSOP を継続して活用することで
ドレン障害や蒸気ロスの削減につながり、
蒸気使用装置の安全性・信頼性・経済性を高め、
CO2 排出量の削減に貢献することが可能になります。

Steam is an Asset

プラント本来の力を発揮するためは、蒸気使用装置だけでなく、スチームトラップや配管などの関連設備も含めて、蒸気システム全体を資産として管理することが重要です。これを具体化するための核となるコンセプトが、「視える化」と「仕組み」です。

「視える化」でCondition Monitoring

スチームスペシャリスが定期的に現場診断することにより、現状を正確に把握し、何を成すべきかを明確にします。

「仕組み」でTimely Optimization

「視える化」で明確になった課題を、素早く的確に是正処置できる「仕組み」をお客様と共に構築し、最適な状態を維持・継続することを可能にします。

Phase3

Phase3

蒸気システム
全体を最適化

熱電バランス、スチームバランスの最適化を実現

蒸気システム
総合診断

詳細を見る

Phase2

Phase2

全ての蒸気使用装置
の最適化

各蒸気使用装置本来の機能や能力を最大限に発揮

Phase1

Phase1

全てのドレン排出
箇所の最適化

蒸気システム最適化のためのインフラ構築

ドレン排出箇所
最適化プログラム

蒸気使用量削減のポテンシャル

石油精製・石油化学プラント

4.6%

(蒸気発生量 640t/h のプラントを診断した結果)

その他一般的なプラント

12%

(蒸気発生量 4~40t/h のプラントを診断した結果)

お客様のプラントに「安心」を提供

CO2削減/安全・安定操業/コスト削減

SSOPに関するお問い合わせはこちら