1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 減圧弁
  4. 真空蒸気用減圧弁

流体制御機器

真空蒸気用減圧弁

真空蒸気用汎用減圧弁

二次圧力が大気圧付近の微圧から真空域にかかる減圧を行う場合に使用します。

使用圧力範囲 -0.08MPaG ~ 0.20MPaG
使用温度範囲 0℃ ~ 150℃

特長

真空域の蒸気圧力設定に対応した製品です。

被加熱物の品質向上

減圧弁の二次側設定圧力の精度は±0.01MPa以内です。
装置の蒸気流量(負荷)が変動しても、減圧弁の一次側の圧力が変動しても、衝撃吸収式球状(SAS)ピストンが一定圧力の蒸気を供給し、加熱源としての蒸気温度が維持されます。

使い易い

圧力調整の際には、カバーキャップが調整用スパナとして使用でき、圧力調整が容易です。

長寿命

制御機能として重要な箇所にとって錆は大敵です。
要部部品はステンレスで、錆を防止します。

用途

100℃以下の蒸気を供給するあらゆる蒸気加熱装置にご使用出来ます。

  • 濃縮釜
  • 反応釜
  • 熱交換器
  • プレス機
  • ドライヤー など

安定した二次側圧力を維持(衝撃吸収式球状ピストンを内蔵)

蒸気噴流の影響を受けにくい衝撃吸収式球状ピストンを採用し、圧力の制御精度を向上させました。

衝撃吸収式球状ピストン(安定した二次側圧力を維持)

「真空蒸気用減圧弁」に関連する情報

製品関連情報