1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 自動制御弁・調節計
  4. 真空蒸気用制御弁

流体制御機器

真空蒸気用制御弁

減圧弁をベースにした真空蒸気用高精度制御弁

減圧弁をベースに独自のアルゴリズムを採用した真空域用の蒸気専用高精度制御弁です。

使用圧力範囲 -0.08MPaG ~ 0.20MPaG
使用温度範囲 0℃ ~ 150℃

特長

瞬時に設定圧力の蒸気を供給

圧力設定値の変更時、オーバーシュートやアンダーシュートをほとんど伴わず、しかも極めて短時間で新しい目標設定値へ移行します。PID制御のようなフィードバック制御では実現が不可能な、速応性とオーバーシュートなし/アンダーシュートなしを両立しています。
これは、サーボモーター使用のアクチュエーターと独自のアルゴリズムによるアクティブ制御および減圧弁本来の瞬発力が相まって成し得る動きです。

卓越した安定性

ボイラーの状態や周辺装置の運転状態の変化などで起こる一次圧力(元圧)変動や、装置側(蒸気消費側)の負荷変動による蒸気流量変化の影響をほとんど受けずに設定圧力を維持し続けます。
これは、パイロット式減圧弁をベースとしているため、圧力の変動は瞬時に反応して機械的に吸収(自己圧力調整機能(減圧弁))してしまうからです。
もちろん更に大きな変動が起きた場合はアクチュエーターによる修正が行われます。

用途

100℃以下の蒸気を供給するあらゆる蒸気加熱装置にご使用出来ます。

  • 濃縮釜
  • 反応釜
  • 熱交換器
  • プレス機
  • ドライヤー など

最高の精度を誇る蒸気専用制御弁

TLVの自動制御弁の中で、MC-VCOSRシリーズは専用調節計との組み合せで最高の精度を誇る真空蒸気専用の制御弁です。供給蒸気の圧力制御、生産物の温度制御などに使用します。

蒸気用制御弁MC-COS

アクティブアクチュエーター+アクティブコントローラー

アクティブコントローラーは、バルブ開度と設定圧力の情報を処理し、可変速サーボ機構搭載のアクティブアクチュエーターが狙った設定値まで高速動作でダイレクトに到達します。従来のPID動作によるフィードバック制御では得られないクイックレスポンスを実現しました。

アクティブバルブ採用で高精度制御/生産性・品質の向上

バルブは自己圧力調整機構内蔵のアクティブバルブ-COSPECTを採用、従来のダイヤフラム式制御弁では避けられなかった一次側圧力の変動や流量の変動の影響をバルブ自身が瞬時に吸収、常に二次側には安定した圧力の蒸気を供給します。

  • ノーオーバーシューティング
    設定圧力変更時にオーバーシュートなく瞬時に二次側圧力を制御、プロセスの生産性と品質を向上させます。従来のダイヤフラム式制御弁では、アクチュエーターに100%動作依存しバルブ開度のみを調整するため、二次側に変動が現れて初めてフィードバック制御します。従って、タイムラグによる制御値の乱れ(オーバーシュート)が生じます。
  • 安定した圧力の供給
    一次側圧力の変動や流量変動の影響を受けずに、常に安定した二次側圧力を保持しますので、均一加熱による生産物の品質が向上します。

「真空蒸気用制御弁」に関連する情報

製品関連情報