1. ホーム
  2. 製品情報
  3. メンテナンス機器
  4. ポケット型チェッカー

メンテナンス機器

ポケット型チェッカー

日常点検はこれ1台!
トラップ・バルブの良否を自動判定
軸受部の振動測定にも

スチームトラップの詰り・漏れや、バルブの内部漏れの有無を自動で簡易判定します。
更に、温度と振動を同時に測定することができ、ポンプなど回転機の軸受の傷や潤滑不良で発生する衝撃波(ショックパルス)を振動加速度レベルで測定して、dB(デシベル)単位で表示します。
日常点検時に携帯する手軽なツールとして自主保全活動にお役立てください。

特長

日常点検をサポート

超音波・温度を同時計測します。
ポケットに入れて携帯しやすいコンパクト設計です。
着脱可能なイヤホン付きです。イヤホンを使用して聴診棒のような使い方が可能です。

正確な計測

帯域通過フィルター採用により、まぎらわしい外部ノイズをカットするので高精度な超音波計測ができます。

用途

  • 各種バルブ・スチームトラップの簡易点検
  • 軸受・ポンプなどの簡易診断

診断結果を自動判定

スチームトラップの作動状態や気体配管に取り付けられたバルブの内部漏れの有無を、自動で簡易判定します。閉弁の確認にも有効です。

スチームトラップ作動診断
Good 表面温度も十分にあり、超音波の検出もほとんどなく、正常と認められる。
Caution 詰り状態ではないが、正常か漏れかの判断がつきにくく、今後の注意が必要と判断される。
Leaking 強い超音波が検出され、漏れている可能性が高い。
Blocked 測定表面温度が40℃未満で、詰りの可能性が高い。
バルブ内部リーク診断
Good 超音波の検出が認められず、バルブの漏れは発生していない可能性が高い。
Caution 正常と漏れの判断がつきにくく、今後の注意が必要と判断される。
Leaking 強い超音波がバルブ本体で発生し、漏れている可能性が高い。
*:Blockedはスチームトラップ作動診断の時のみ判定します。

軸受部の磨耗系故障診断

軸受に傷が発生したり、潤滑不良状態に陥ると発生する衝撃波(ショックパルス)を計測する事によって、劣化状況を把握することができます。日々の傾向管理のためのデータ収集にお使いください。

軸受部の摩擦系故障診断

Pocket TrapMan(PT1) 製品体験デモンストレーション

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

「ポケット型チェッカー」に関連する情報

製品関連情報