1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 逆止弁
  4. 煙逆流防止弁

流体制御機器

煙逆流防止弁

内部火災時の他火災区域への煙等の
流出防止対策として万全の備えを

内部火災対策として、排水管や通気管につながる目皿やファンネルを介して煙が他区域・他区画へ流出することを防ぐ上で威力を発揮するのが、煙逆流防止弁です。
ディスク弁・弁座ともにステンレス製のメタルシール構造で、火災時の高温環境においても高いシール性を維持し、煙の通過を防ぎます。
多くの原子力発電所でも新安全基準に適合させるために、内部火災対策、煙等流出防止装置として導入を進めています。

使用圧力範囲 0.00MPaG ~ 0.30MPaG
使用温度範囲 0℃ ~ 350℃

特長

  • 火災発生時、排水管を通じた煙の逆流を防止するのに威力を発揮する逆止弁。
  • 通常は閉弁状態にあり排水管を通して流れ込んでくる煙を遮断します。
  • 排水が必要な際は排水の水頭圧で開弁します。
  • シート面は高精度研磨を施しているため、金属シールでありながら優れたシール性能を発揮します。溢水による水の逆流にも対応します。
  • さびに強いステンレス製。

用途

  • 原子力発電所の火災防護対策
  • 床ファンネルからの煙等逆流防止対策
  • 目皿からの煙等逆流防止対策
  • 内部火災対策
  • 火災発生区域から排水用目皿を介した煙等の流出対策
  • 他の火災区域への煙等の流出防止
  • 煙等逆流防止装置として
  • 溢水による水の逆流防止装置として

「煙逆流防止弁」に関連する情報

製品関連情報