スチームコンプレッサー | 蒸気のことならテイエルブイ
  1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 蒸気圧縮機器
  4. スチームコンプレッサー

システム製品

スチームコンプレッサー

SCシリーズ

低圧蒸気を回収・昇圧して再利用

タービン排気などの低圧余剰蒸気、回収ドレンから発生する低圧フラッシュ蒸気や湯気は回収再利用されずに大気へ放散されているケースがしばしば見受けられます。エジェクター技術を用いてこれらの蒸気を回収再利用するのがスチームコンプレッサーです。省エネによる燃料費の削減やCO2排出量の低減に寄与します。
導入に際しては、ご要望に応じて現地調査及び付属機器の選定からシステム設計、試運転までトータルサポートが可能です。

特長

大気圧蒸気も吸入可能

高効率エゼクターとサイクロンセパレーター内蔵の制御弁で高効率運転を実現(SC1/SC2/SC7)。大気圧蒸気も吸入が可能です。
※制御弁としてCOSまたはCV-COSを採用した場合。

防爆域に対応可能

外部検出機構内蔵の制御弁を採用しており圧力制御に電気を必要としないため、防爆域での使用が容易(SC1/SC2/SC7)。
※制御弁にCOSを採用した場合。

幅広いラインアップ

最大吸入蒸気量100kg/hクラスの小容量タイプから3100kg/hクラスの大容量タイプまで6機種構成の幅広いラインアップです。

用途

  • 沸騰しているタンクの湯気解消
  • タンクからのフラッシュ蒸気の昇圧・再利用
  • 発電を主目的とした蒸気システムでの余剰蒸気を昇圧・再利用
  • 装置で使用後の使い道のない廃蒸気(低圧蒸気)を昇圧・再利用
  • 抄紙機、塗工機、汚泥乾燥機など回転式ドライヤー設備のドレン排除改善

スチームコンプレッサーの用途

蒸気プロセスの突発停止リスクを低減するために、ドレン回収システムの一部を大気圧力にしているケースでは、大気に放散している湯気、廃蒸気を低・中圧蒸気に昇圧、再生して再利用可能にするとともに、同時にドレンも加圧、圧送して再利用を可能にします。

仕様(取扱説明書)

  • ※取扱説明書のダウンロードはTLVサイト会員様のみご利用頂けます「無料会員登録」はこちら。
  • ※取扱説明書等資料は同製品型式での最新版を掲載しています。
型式 外観写真 概要 吸入蒸気量(*1)
[t/h]
製品
仕様書
※取扱
説明書
カタログ
SC1 大気に熱放散、放出されている蒸気の熱エネルギーを回収・昇圧して、低圧または中圧の蒸気として再利用できます。 0.05~0.55 製品仕様書

自力式制御弁仕様

空気式制御弁(CV-COS)仕様

空気式制御弁(CV10)仕様

カタログ
SC2 0.1~1.2
SC7 0.1~2.8
SC14 0.2~6.1
SC21 0.3~10.3
SC31 0.5~14.8
  • *1 : 実際の吸入蒸気量は各種条件により異なりますので、詳細はお問合せください。

製品関連情報