1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 自動制御弁・調節計
  4. 空気式制御弁

流体制御機器

空気式制御弁

空気動アクチュエーター式の制御弁

蒸気・空気・水などさまざまな流体に使用できる汎用性の高い空気式の制御弁です。

使用圧力範囲 0.00MPaG ~ 1.00MPaG
使用温度範囲 0℃ ~ 200℃

特長

CV5

TLVのCV5は、空気式制御弁として、蒸気、温水、水、エア用途にご使用いただけます。

空気式制御弁CV5

アクチュエーターとポジショナーが一体構造/軽量コンパクト

アクチュエーターとポジショナーが一体構造のため:

  • ポジショナー部のノーレバー化とすっきりした外観を実現し、現場でのレバーの引っかかり事故を防止することができ、安全性が向上。
  • 高精度ポジショナーが迅速な位置決め、操作速度アップを実現。
  • バルブ本体部とアクチュエーターユニットは簡単に分離でき、90°スパンで方向転換可能。
  • 軽量、コンパクトのCV10と比較して約40%の軽量化を実現しました。徹底したシンプル設計により、更に省スペース、メンテナンス作業の軽減を実現します。
低騒音設計を実現

パラボル形弁体と低騒音型弁座の組合せにより、動作のノイズを軽減することができます。

簡単調整/ゼロ調整が工具不要

空気式制御弁に求められる初期調整が工具不要で簡単に調整できます(逆動作の時)。

CV10

TLVのCV10は、空気式制御弁として、蒸気、温水、水、エア用途にご使用いただけます。また、トップハンドル付、防爆ポジショナー付、延長本体付、空空ポジショナー付、3ポート電磁弁付、リミットスイッチ付、サニタリー仕様など、多くのオプションを取り揃えています。

空気式制御弁CV10

フィルターレギュレーターはオプションです。

ヨーク一体鍛造ボンネット

ボンネットとヨークが一体構造となっているため、接合部における弁軸のズレがありません。従って、弁・弁座の心ズレを起こし難く、長期にわたり優れたシール性を発揮します。

弁部は最適なCv値と弁特性の選択が可能

運転条件に合わせた最適なCv値の選択と、弁特性曲線(リニアまたはイコールパーセント)の選択ができ、弁部は簡単に交換できます。

優れた静音性

ポートガイド、Vポートプラグ*1の採用により、トリムの横ぶれが解消され、安定した摺動が得られます。またVポートプラグはエロージョンを起こしにくく、ノイズを軽減することができます。

  • *1Cv値30以上の場合
コンパクト設計

従来の同じ用途のものに比べ、軽量、コンパクト化に成功しました。したがって今までできなかった省スペースでの据付を可能にし、メンテナンス作業も大幅に軽減することができます。

用途

  • 蒸気や空気、水・温水の圧力、温度、流量の自動制御

正動作と逆動作

空気式制御弁のアクチュエーターに供給されるエアと主弁の開閉方向の関係を示す言葉で、CV10、CV5選定に対し必ずご指定いただく項目です。

正動作

(Air to Close、またはフェイルオープンともいいます)
エアをアクチュエーターに供給したとき、主弁は閉弁の方向に働きます。エアの供給が停止した場合バルブはスプリングの力で開弁します。

逆動作

(Air to Open、またはフェイルクローズともいいます)
エアをアクチュエーターに供給したとき、主弁は開弁の方向に働きます。エアの供給が停止した場合バルブはスプリングの力で閉弁します。

「空気式制御弁」に関連する情報

製品関連情報