1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 真空蒸気加熱・気化冷却システム
  4. 真空蒸気加熱システム

システム製品

真空蒸気加熱システム

100℃以下も蒸気で加熱できます

100℃以下でも飽和蒸気を使用して加熱をおこなうためのシステムです。
真空発生ユニットで系内を大気圧以下に減圧し、真空蒸気(100℃以下の飽和蒸気)を生成します。 飽和蒸気の優れた特性をいかした加熱ができるため、温度ムラの解消や昇温のスピードアップを図ることできます。品質向上や生産性向上に効果的です。

特長

  • 蒸気を負圧域まで減圧し、100°C以下の加熱源として使用
  • 温水循環ではできない、蒸気ならではの急速かつ均一な加熱を実現
  • ± 1°Cの安定した温度の熱源を供給
  • 温水循環に比べて熱源温度の素早い設定変更が可能
  • 真空発生ユニット動力が1/3(当社従来品との比較)と大幅な省エネを実現
  • パッケージタイプは配管・電気工事が容易で、省スペース化を実現
  • キャスター付で移動も容易 (VM3HP,VM4HP はオプション)
  • 水冷却機能付 (VM1HP にオプション)

用途

  • ジャケット撹拌槽の低温加熱
  • 各種熱交換器の低温加熱

基本仕様

供給蒸気温度範囲 30℃(注1)~110℃(150℃(注2))
最大供給可能蒸気量 4500kg/h
最大供給可能熱量 2600kW(2240Mcal/h)
供給蒸気温度精度 設定温度±1℃
  • (注1)VM1HPの供給蒸気温度範囲は40℃~となります。
  • (注2)オプション

システム構成

システム構成図

急速加熱機能で立ち上げ時間を短縮

VM2HUとVM3HPには蒸気温度を3段階に変化させて昇温時間を短縮できる急速加熱機能を装備

グラフ-急速加熱機能で立ち上げ時間を短縮

均一でムラのない潜熱加熱で、目標温度到達までの時間を短縮。さらに急速加熱機能を搭載し、立ち上がり時間もより早くなりました。

  • (1) 初期は90℃の蒸気で急速加熱
  • (2) 製品温度が「目標温度-5℃(75℃)」に到達
  • (3) 供給蒸気温度の設定を94℃→85℃に自動変更
  • (4) 被加熱物温度が「目標温度-1℃(79℃)」に到達
  • (5) 熱源蒸気温度の設定を85℃→82℃に自動変更

「真空蒸気加熱システム」に関連する情報

製品関連情報