1. ホーム
  2. 製品情報
  3. スチームトラップ
  4. バイパスブロートラップ

流体制御機器

バイパスブロートラップ

バイパスバルブとスチームトラップを一体化

大量のドレンを短期間で排出させたい時に使用されるバイパスバルブは、必ずスチームトラップとセットで並列に設置されます。これらを一体化できたら配管も簡略化されて便利なはずとのニーズにお答えしたのが、バイパスブロートラップです。

使用圧力範囲 0.01MPaG ~ 2.10MPaG
使用温度範囲 0℃ ~ 220℃

補修用部品はこちら

特長

省スペース化

バイパス弁内蔵のため、別途バイパスラインを作る必要がなく、トラップ設置に場所を取りません。

配管コストの低減

バイパスバルブや配管が不要になり、コストを削減できます。

省エネルギー

フリーフロート構造です。弁口は水封され、さらにフロート3点支持により、蒸気の漏洩を防ぎます。

長寿命

あらゆる面でシールすることが可能な高精度なフロートを採用しているため長寿命です。

配管したままメンテナンス可能

トラップ部は4つのボルトで蓋が外れるため簡単に分解清掃ができ、配管したままでもメンテナンスが可能です。

オールステンレス製もご用意

J3S-X-BV/J3S-X-MB/J3S-X-PBおよびJ3S-X-RVは本体と内部部品が全てステンレス製です。ドレン回収配管系統のステンレス化に対応します。

スチームロッキング対策

J3S-X-RVは、0-100%の開度表示プレートに従い手動調節弁の開度を調節することで、誰でも確実に設備の条件に応じたスチームロッキング対策が可能です。

用途

  • 立上げ時に大量のドレンが発生しやすい蒸気輸送配管・一般装置・暖房・空調・タンクヒーティングなど

配管の簡略化を実現

バイパスバルブとスチームトラップを一体化。配管の簡略化を実現しました。

バイパスブロートラップで配管の簡略化を実現

蒸気専用高シールボールバルブをバイパス弁に採用

口径10mmのボールバルブにより一気にブロー。ストレーナー内のゴミ・スケールはバイパス弁開弁時に2次側へブローされます。
ワンタッチで操作でき、開閉状態も一目で分かるので締め忘れがありません(BT3N)。

3点支持方式のフリーフロート・トラップを採用

耐久性が高いフリーフロートがドレンを連続排出するため設備に最適。極少ドレンの場合でも3点支持方式が確実にシールします。またバイメタルは運転中のエアの自動排出を行います。

バイパスブロートラップは3点支持方式のフリーフロート・トラップを採用

ブローを自動化し、設備の生産性向上と省力化を実現

電動または空気動のバイパス弁を内蔵したモデルは、運転初期のブローや運転条件変更に伴うブローなどを自動化することができます。

電動バイパスブロートラップ MBT3Nと空気動バイパスブロートラップ PBT3N

プロセスでのあらゆる条件を満足させる、高精度なフリーフロート

ドレンの連続排出

ドレン流入量に応じてフリーフロートが上下し、弁開度を自動調節、ドレンを連続排出します。そのため、装置内にドレンを滞留させません。

ドレンの連続排出

蒸気ロスを低減

トラップ内の液面を一定以上に保ちながら、弁口からドレンを連続排出します。また、ドレンが流入しない場合でも、高精度フリーフロートが弁口を確実にシールします。そのため、作動時の蒸気ロスは極小です。

蒸気ロスを低減

ドレン回収にも最適

フリーフロートタイプは入口圧と背圧が向い合う方向で作用しているため、90%の背圧がかかっても正常に作動します。そのため、クローズド回収などドレン回収用途に最適です。それに対してディスクタイプは同じ方向に作用するため、許容背圧は50%しかありません。

X-エレメントとは

X-エレメントはサーモリキッド(感温液)とその力を伝えるダイヤフラム、弁で構成され、蒸気雰囲気中では閉弁し、ドレンや空気などの不凝縮気体が周囲にあれば開弁する機能をもつエレメントです。バイメタルでは排除できなかった高温の不凝縮気体も排除できます。この機能はサーモリキッドの特性によるものです。

X-エレメント断面図

サーモリキッドも水と同じようにある圧力下で、ある温度以下では液体であり、ある温度以上になると気体となって膨張します。気体になる温度は、水が蒸気になる温度よりも6℃(エアベント用は22℃)程低い温度であるため、周囲が蒸気雰囲気の時にはサーモリキッドは気化しており、膨張したサーモリキッドの入った部屋がダイヤフラムを押し、ダイヤフラムと一体化した弁と弁口の間にあった隙間を閉じます。

逆にX-エレメントの周囲が低温である場合(ドレンや空気のある状態)は、サーモリキッドが液状の状態であり、弁は押されず、弁と弁口の隙間からドレンや空気が排出されます。

X-エレメント飽和曲線

通常の作動の場合

X-エレメント:通常の作動の場合

フェイルオープン機構(ダイヤフラムが破損した場合)

X-エレメントはダイヤフラムが破損した時、開弁状態(フェイルオープン)になるように設計されています。

スチームトラップは、故障した時、開弁状態を維持する場合(吹き放し)と閉弁状態を維持する場合(フン詰まり)があります。閉弁状態となれば、装置の運転を止めて故障トラップを交換出来ない連続プロセスにおいてはドレンが滞留し、装置に加熱不良を引き起こします。逆に開弁状態となれば蒸気が引き続き供給され、装置で生産し続けることができます。この機構はダイヤフラムが破損した時、蒸気やドレンが流入してエレメントが膨張し、弁が弁口と接触し閉弁状態になったとしても、破損時には弁中央部にある小穴を通って、弁口からドレンなどが流れるようにしたものです。

X-エレメント:フェイルオープン機構(ダイヤフラムが破損した場合)

一次側圧力が維持される限り、弁は押し上げられて全開状態“フェイルオープン”をキープします。

X-エレメント:フェイルオープン機構(ダイヤフラムが破損した場合)

「バイパスブロートラップ」に関連する情報

製品関連情報