1. ホーム
  2. 製品情報
  3. スチームトラップ
  4. 空調用ポンプ機能内蔵 スチームトラップ(PowerTrap)

流体制御機器

空調用ポンプ機能内蔵 スチームトラップ(PowerTrap)

ビルの空調に効果を発揮!

「ヒーターのパンク」、「ウォーターハンマー音」、「加熱ムラ」など。これらの症状は、装置内に滞留したドレンが原因かもしれません。この様な現象を「ストール現象」と言い、放置すれば設備の破損・腐食、生産物の品質不良などのトラブルを引き起こします。ストール現象下では、スチームトラップはドレンを排出できません。そのため、新たに真空ポンプなどの導入など、コストに直結する対策が必要でした。

差圧がなくてもドレンを排除する。この不可能とも思える課題を解決するためにスチームトラップはまた進化を遂げました。低位置での接続、出入口の直線性、簡単な配管・・・スチームトラップの利点と、優れたポンプアップ機能を併せ持つPowerTrap 「GT5C」が誕生しました。あなたの設備をストールの不安から開放します。

使用圧力範囲 0.00MPaG ~ 0.50MPaG
使用温度範囲 0℃ ~ 185℃

補修用部品はこちら

特長

  • ポンプ機能を搭載したスチームトラップ
  • 差圧が無い装置でもドレンを排除
  • 約1/3の時間で簡単設置(当社従来製品との比較)
  • 約1/2の小さな設置スペース(当社従来製品との比較)
  • 標準品としてステンレス製をラインアップ
  • 155mmという極めて低い流入水頭
  • 排気管不要、給気管はチューブ接続可能
  • 配管したまま分解メンテナンス可能
  • 外部から着脱可能な逆止弁を出入口に内蔵

用途

  • 連装式スチームエアヒーター
  • エアハンドリングユニット、エロフィンヒーター
  • 負荷変動の激しい小型熱交換器
  • ろう付け部破壊を起すヒーター
  • ウォーターハンマー音がする装置

ドレン滞留問題(ストール現象)とは

ヒーターがよくパンクする。ヒーター内部からウォーターハンマー音がする。均一加熱ができない ・・

このような現象が装置で起こっているなら、ストール現象が発生しているかもしれません。

ストール現象とは、熱交換器内の蒸気圧力が出口側の圧力(背圧)より低下し、ドレンがトラップから排出されず装置内に滞留した状態のことで、ウォーターハンマーによる装置の損傷・破壊や、腐食による孔明き、加熱ムラなど様々な問題を引き起こします。

ドレン滞留問題(ストール現象)とは

スチームトラップとメカニカルポンプの融合

PowerTrap 「GT5C」は、装置内圧力が高い場合には、スチームトラップとしてドレンを排出し、低い場合でも制御弁手前の蒸気を使ってドレンを圧送する、新しいスチームトラップです。しかもコンパクト化を実現し、従来のメカニカルポンプのような複雑な配管が不要です。

コンパクトボディーに技術を凝縮

ポンプ動作とトラップ動作によるストール解消(アニメーション)

オプション

保温カバー

ガラスマット・ガラスクロス製の専用保温カバーは火傷防止に加え、“マジックテープ”止めによる着脱のため、作業時間の短縮に貢献します。

型式 RK8
外観

※“マジックテープ”は(株)クラレの面ファスナーの登録商標です。

「空調用ポンプ機能内蔵 スチームトラップ(PowerTrap)」に関連する情報

製品関連情報