1. ホーム
  2. 製品情報
  3. エアベント
  4. 自動排気弁

流体制御機器

自動排気弁

各種液体配管内に発生する
エア・ガスを自動的に連続排気

自動排気弁シリーズは運転中の排気が可能な自動排気弁です。運転中に空気が溜まってしまう箇所に設置することで送水トラブルの原因となる空気を排除できます。
自動排気弁は排気能力が小さいため、通水始めに短時間で排気が必要な場合は初期急速排気弁を併用ください。
開弁状態で圧力差が無くなれば空気の吸い込みが可能となり、配管内が真空になるのを防いだり配管内の液の排水を容易にしたりします。

使用圧力範囲 0.01MPaG ~ 2.10MPaG
使用温度範囲 0℃ ~ 220℃

特長

VCシリーズ / VS1Cシリーズ
  • ノーヒンジ・ノーレバーのフリーフロートを採用したシンプル構造
  • 動く部品はフロートのみで、故障が少ない
  • 入口真空時には大気を吸い込み、真空破壊機能を発揮
  • 高いシール性を実現
    • 研磨フロートとゴム弁座(VC)
    • 高精度研磨フロートと3点支持機構(VS1C)
  • 低比重液体(比重0.8まで)にも使用可能(VS1C)
SA3シリーズ
  • 小型・軽量
  • 補助弁座の採用で運転しながらの保守が容易
  • 微圧(0.01MPa)から高いシール性を発揮

用途

  • 通常運転圧力下でガス体の自動排気を要求される用途
  • 水・温水・その他非危険流体(非毒性、非可燃性)の通常運転中の排気
    • 送水配管・冷暖房機器(SA3・VC)
    • 輸送配管・使用設備(VS1C)
  • 取付スペースの狭いところに最適
    • ファンコイル ・ ラジエーターなどの空調機器(SA3)

    ※初期エアを多量に排気する必要がある場合は、初期急速排気弁と併用してください。

フリーフロート・フロート3点支持機構

フリーフロート

故障の要因となるレバーやヒンジを使用しません。唯一、フロートだけが作動するので故障が少なく、シール面が広く使えるので、耐久性が飛躍的に向上しました(VCシリーズ)。

フロート3点支持機構

高精度研磨フロートを3点で受け止め、閉弁時に高いシール性を発揮します(VS1C)。

フロート3点支持機構

「自動排気弁」に関連する情報

製品関連情報