HISTORY沿革

  • 1950

    1950.5 加古川市尾上町において藤原製作所創業
    1955.7 蒸気加熱・復水冷却式サーモダインスチームトラップ(A3型)を発売
    1958.9 藤原製作所を引き継ぎ株式会社藤原製作所に組織変更
  • 1960

    1965.9 加古川市野口町長砂に現工場建設移転
  • 1970

    1972.1 株式会社テイエルブイとして新発足
    1972.2 世界初の温調トラップ(LEX型)を発売
    1975.7 ボールバタフライバルブを発売
    1976.7 ドレン回収ポンプ(CP型)を発売
    1978.1 世界初の研磨フロート採用フリーフロート式スチームトラップ(JN型)を発売
  • 1980

    1980.1 世界初のフリーボールバケット式スチームトラップ(UFO型)を発売
    1983.6 テイエルブイインターナショナル株式会社(海外統括本部)発足
    1982.10 3点支持機構を採用したフリーフロート式スチームトラップ(SST型)を発売
    1985.1 メンテナンス機器販売事業を開始
    1985.8 TLV CORPORATION(アメリカ)発足
    1986.1 CES(Consulting ・ Engineering ・ Services)の概念を導入
    1986.12 セパレーター・トラップ内蔵型減圧弁(COSPECT型)を発売
    1987.4 スチームトラップ・コンピューター管理システム(TrapMan)発売
    1989.7 藤原勝司が会長に就任し、藤原良康が社長に就任
    1989.10 TLV EURO ENGINEERING GmbH(ドイツ)発足
  • 1990

    1991.1 真空蒸気加熱システム(VACUUMIZER)を発売
    1992.8 パワートラップ(GT・GPシリーズ)を発売
    1992.10 TLV EURO ENGINEERING UK LTD.(イギリス)発足
    1996.7 TLV PTE LTD(シンガポール)発足
    1998.9 TLV EURO ENGINEERING FRANCE SARL(フランス)発足
    1999.9 TLV PTY LIMITED(オーストラリア)発足
  • 2000

    2001.10 TLV SHANGHAI CO., LTD.(中国)発足
    2001.9 有限会社ティティエス(プラント診断サービス会社)発足
    2002.6 TLV ENGINEERING SDN. BHD.(マレーシア)発足
    2003.7 TLV INC. (韓国)発足
    2003.9 スチームセービングスプラン(SSP)がビジネス特許を取得
    2005.11 スケール除去機能内蔵温調トラップ(LEX3N-TZ)を発売
    2007.12 TLV ENGINEERING S.A.(アルゼンチン)発足
    2008.7 蒸気式温水製造ユニット(SteamAqua)を発売
    2009.1 TLV ENGINEERING, S.A. DE C.V.(メキシコ)発足
  • 2010

    2010.2 蒸気システム最適化プログラムSSOPの活動が省エネ大賞を受賞

    *新日本石油精製株式会社(現JXTGエネルギー株式会社)様と共同で「10万台のスチームトラップ
    からの蒸気漏洩削減」活動において平成21年度省エネ大賞(資源・エネルギー庁長官賞)を受賞。

    2015.2 石油精製・石油化学トップマネジメント・シンポジウム開催
    2016.2 モニタリングセンサー(iTrapSensor)を発売
    2018.12 TLV PRIVATE LIMITED(タイ)発足
    2019.5 TLV ENGINEERING FZCO(UAE)発足
  • 2020

    2020.1 蒸気システム総合診断CES Surveyによる省エネサービスが、省エネ大賞を受賞